【最新】TREKの2017モデル展示会レポート

8月8日から8月10まで京都国際会館で開催されたTREK WORLD 2017。会場内には新しいスポーツバイクモデルが展示され、またTREKが傘下に置くサイクルアイテムブランド、BONTRAGERの魅力的な商品が展示されていました。

image06

この記事ではみなさんにTREKの魅力を伝えるため、会場の様子、Madone、Emonda、Domane、クロスバイクFXシリーズ、ZEKTOR、PROJECT ONEサービス、BONTRAGERのアイテムを紹介します。またMadone9.2を試乗した感想も最後にお伝えします。

こちらも合わせてどうぞ!

会場の様子

2017年モデルの展示会場へ入ると、過去40年の歴史の中で製造された名車が飾られていました。

image08

入り口目の前にはTREKが思考する未来のスポーツバイクコンセプトモデルが。

image17

チェーンはゴム製にディスクブレーキを搭載。シートチューブを廃止してスポークも独特なデザインを採用したスタイリッシュな自転車です。

image00

こちらはMADONE。

image04
image09

MADONEは空気抵抗を可能な限り減らすべく開発されたエアロタイプのロードバイクです。フレームと一体となったブレーキやハンドルの角度によって稼働するヘッドなど、細部にこだわりが感じられます。

image13

シートチューブとトップチューブが合わさる部分にはTREK独自の技術、ISO SPEEDが搭載されています。振動を吸収し、なめらかな走り心地を実現させました。

image25

こちらはEMONDAのブース。車体を軽くすることを重点に設計されたモデルです。

image18

国際基準よりも厳しいTREK独自の安全・耐性テストをクリアしてきた車体ですのでとても頑丈。長い期間使用することができるほか、フレームは硬すぎず足や腰への負担が少なくなるよう配慮されています。車体のスペックだけを追い求めるのではなく、ライダーへの負担が考えらた製品です。

image07
image22

振動吸収性能に特化したDOMANEブース。ISO SPEEDが搭載されているためロングライドや凸凹道でも快適なライディングを行うことができるでしょう。次の日に疲れを残したくないのであれば、是非とも選択したいモデルですね。

image02

会場中央にはTREKロードバイク3大モデルがライトアップされていました。

image24

TREKが力を入れているクロスバイクのFXシリーズ。

image20
image12

通勤や通学、週末のフィットネスまで様々な用途へ対応可能な汎用性の高さがポイント。税抜49,000円からなので、手に入れやすい値段なのも嬉しいですね。

FXブースの裏側には2017年から新たにラインナップに加わったZEKTORが展示されていました。よりアグレッシブなクロスバイクを求める方向けに開発された新商品で、天候を選ばずに走行することができるパーツ選びがされています。

image14

もちろん男性用のサイズ展開のみでなく、女性の身体へフィットするサイズ設計のスポーツサイクルも用意されています。

image01

また、TREKはユーザーの身体のサイズを計測してからフレーム設計及びカラーデザインを行えるPROJECT ONEサービスを行っています。

image26
image03
image28

世界に一つ、自分だけのオリジナル自転車を造ることができるのはとっても嬉しいですよね。

image30

会場後方にはTREK傘下のサイクルアイテムブランドBONTRAGERのブースが。

image21

ディープリムから超軽量ホイールまで様々なタイプが展示されています。

image10

こちらはライト類。サイクリストの存在を他者へ知らせるため、日中であってもライトの点灯を推奨している同社。安全意識が非常に高いことが伺えます。

フロントライト、リアライトともに昼間においても非常に視認性が高いため、存在を認識してもらうには有効です。

image11

ヘルメットはMIPSと呼ばれる新技術を多くのモデルへ採用。全体を一体構造として設計するのではなく、内部に稼働余裕を持たせることによって衝撃が加わった際の緩和を実現しました。

TREKオフィシャル動画より。

image15

人間工学に基づいたサドル類も展示されています。

image16

サイクルジャージも袖を通したくなるものばかりですね。

image27

会場外ではDOMANEとMADONEモデルの試乗が可能。

その中からMADONE 9.2を試乗してみましたが、振動吸収性の高さに驚きました。同じエアロモデルのS-WORKS VENGEほどの瞬発性、加速性はないものの、一度スピードに乗ってしまえば速度を維持するのが楽。高巡行域に達してもまだまだ速度を上げたくなるような、走ることがより楽しくなるロードバイクでした。なおかつ車体が硬すぎないため、足や腰に負担が掛かりにくいのは助かりますね。

最後に

TREKとBONTRAGERの厳格な安全基準に基づいた2017年モデルラインナップは、これからの自転車業界に新たな風を吹き込んでいくように感じました。商品のスペックだけを追うのではなく、ユーザー目線で本当に良い自転車はなんなのかを模索するその姿勢に、今後も注目です。

TREK公式サイト

最後の最後に

上記では紹介しきれなかったTREK WORLD 2017のその他の写真をご紹介します。雰囲気をお楽しみください。

プレゼンテーション
プレゼンテーション
TREK WORLD入り口
TREK WORLD入り口

s_DSC_7185

s_DSC_7186

s_DSC_7217

s_DSC_7224

s_DSC_7225

s_DSC_7226

女性向けももちろんあります
女性向けももちろんあります

s_DSC_7256

s_DSC_7258

s_DSC_7264

軽食が出ました。おいしかったです
軽食が出ました。おいしかったです
試乗(その1)
試乗(その1)
試乗(その2)
試乗(その2)
試乗(その3)
試乗(その3)
試乗(その4)
試乗(その4)
試乗(その5)
試乗(その5)
試乗(その6)
試乗(その6)
チョコGET!
チョコGET!

s_DSC_7314

s_DSC_7316

s_DSC_7319

s_DSC_7321

夜はディナーパーティ
夜はディナーパーティ
おいしかったです
おいしかったです

WRITTEN BYonzk

毎日往復50kmを通学する学生サイクリスト。ホームセンターに売られていたノーブランドのクロスバイクをドロップハンドルへ改造した事からロードバイクに目覚め、現在はSCULTURA 400を所有。冬にはスキーを嗜む。

他の記事も読む

関連記事