ロードバイクで和田峠と大垂水峠ヒルクライムにチャレンジ!

唐突な質問ですが、みなさんはロードバイクでどちらに行かれることが多いですか?
家の近くのサイクリングロードに行ってみたり、おいしいものを食べに遠出をしてみたり、車の少ない一般道を走ってトレーニングしてみたり。

みなさんも思い思いのコースがあると思いますが、ロードバイク乗りの方がしばしば行かれる代表的な場所ご存知でしょうか。

それが峠(とうげ)です。

ちなみに峠とは・・・

山道を登りつめてそこから下りになる場所。山脈越えの道が通る最も標高が高い地点。

(wikipedia)

峠に行くとは、つまり山登り(ヒルクライム)をしに行くということです。
ロードバイクを始めて数ヶ月も経つと峠にハマりだす方も出てきますね。

今回は、東京都・神奈川県の県境付近にある和田峠、大垂水峠に行ってきましたので、簡単にですがそのときの様子をご報告させていただきます!

一緒に行く人を募集してみる


一緒に行く人がいた方が楽しいよなーということで、「みんなでサイクリング」というウェブサイトで参加者を募集してみました。

【参考】
みんなでサイクリング


今回は3名の方からご応募いただき、私を含め4名で向かうことに!
ワイワイしながら自転車に乗れるので、なんだかとても楽しみな気分!笑

当日は参加者の方のお住まいを考慮して、南武線の矢野口駅付近のコンビニエンスストアに集合。そこから、多摩川サイクリングロード〜国道20号線(甲州街道)〜和田峠〜大垂水峠という順序で進みました。
距離は往復で約90kmと、ちょっと長めのコースです。

和田峠へ向かって出発〜!

ご参加いただいた3名のうち、お二方は一緒にライドに行くのは今回が初めて。
簡単に自己紹介など済ませたのですが、とても話しやすい柔らかい雰囲気の方でした!
なんというか、自転車乗りの方は気さくな方が多い気がします。

当日は午後から降水確率が上がっていたため、さっそく最初の目的地の和田峠に向かって出発〜!


荒川サイクリングロード、国道20号線(甲州街道)を抜けると、周りの景色は徐々に山の雰囲気に。
写真の奥にはこれから向かう山も見えてきました。

勾配のある道も増え、山に来たんだなーと実感。


和田峠の入り口に到着〜。ここに来るだけでもまあまあ疲れました。
飲み物を買いつつ小休憩。


「ここから先は個人のペースで登りましょう」と話をして、峠で再び集合することに。

いざ、和田峠の登坂に出発〜!


登坂に入ってすぐの道の様子。目の前には大きな山が。
「今からあれに登るのか・・・自転車で。。」


写真では伝わりずらいのですが、和田峠までの道のりには、延々と急な上り坂が続いています。

20段(前2段×後10段)あるギアを一番軽くして必死にダンシング(立ち漕ぎ)しても、すごーく大変。。キ、キツイ。。

登り始めは意気込んでいたものの、この頃になると「頂上はまだか」ということばかり考えてしまいます苦笑


そんな中、軽快にリズムを刻んで坂を登っていくサイクリストの方が。
もう尊敬です。リスペクトです。輝いて見えます。
(この写真もなんとなく輝いています)


登り始めて約30分、ようやくゴールが!
着いたー!というか終わったー!笑


和田峠に到着〜!
登りきった達成感と疲労感があいまって、峠の小屋で買ったサイダーのおいしいこと!笑

その後ベンチに座って小休憩。ちょっと待って仲間とも無事合流できました。

ちなみに、私達の他にも何人かサイクリストの方がおられました。
その方々と「暑いですねー」といった雑談を少々。
なんだか戦友に会ったような気分になっており、すぐに打ち解けられました笑


ひと休みした後、和田峠を下って相模湖へ。
ちょうどお昼時だったので湖の周辺でお昼ご飯を食べることに。

午後に大垂水峠を登る予定だったので、炭水化物を多めに取ってエネルギー補給。
(食べ合わせが微妙なのはご愛嬌)

午後は大垂水峠!


お昼ご飯を食べ終え、午後は大垂水峠へ!

大垂水峠もキツい上り坂なのですが、和田峠と比べると多少傾斜はゆるやか。
ハアハア言いながら登っているものの、和田峠を登れたという自信もあり、多少余裕をもってペダルを回せました。

自転車から降りてふと脇を見てみると、眼下に家が小さく見えます。
「こんなところまで登ってきたんだなー(自転車で)」とあらためて実感。

大垂水峠に無事到着〜!

登りきったときは何とも言えない充実感でいっぱいでした!

出発の際に心配していた雨もパラパラと降っただけで、大きな問題もありませんでした。
あとは峠を(スピードを出しすぎないように)下って帰って、今日のお勤めは終了です!


帰りは、行きと同じで多摩川サイクリングロードを通って帰りました。
参加者の方のお住まいはバラバラなので、帰り道の途中でめいめい解散。


同じ道を帰ってきた参加者の方と別れる際には虹も見え、ちょっと感動しました。
ぜひまた行きましょうーと話をして、最後の参加者の方とお別れ。
本日はお疲れさまでしたー!

今回はちょっと頑張って峠に行ってきました。
普段は全然行かないのに、登ったときの達成感がクセになりそうで、少し峠が好きになってしまいました笑

もしよろしければ、みなさんも峠にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
登った後の充実感は何とも言えないものがありますし、峠で飲むサイダーの味も格別だと思います^^

Nino

WRITTEN BYNino

「みんなでサイクリング」管理者。IT/web関連の会社を経て、個人でweb媒体の立ち上げを行う。趣味は週末のサイクリング。荒サイが好きでよく走るものの脚はまだまだ貧脚。徐々にサイクリング仲間が増えつつあり、とてもうれしい今日この頃。愛車はGIANT。

他の記事も読む

関連記事