サイクリング仲間を探せるサービス「みんなでサイクリング」を運営しているNINOです。一緒にサイクリングに行ける仲間を募集してサイクリングに出かけています。

はじめに


私はよく荒川サイクリングロード(通称荒サイ)を走っているのですが、荒サイの近くには気軽に立ち寄れるグルメスポットが多く存在しています。ガッツリご飯を食べられるお店やちょっと休憩できるカフェなど、サイクリストにとって嬉しいスポットが色々あります。

普段はヒルクライムやロングライドに行くことが多いのですが、今回は趣向を変えて荒サイ沿いのグルメライドに行ってきました。


当日のコースはこんな感じです(上のマップの青線)。右下にある埼玉県の彩湖を出発し、榎本牧場、シロクマパン、ラーメン店の四つ葉を順番に巡ります。水平距離は約100km、獲得標高は約500mの、比較的平坦の多いコースとなっています。

彩湖に集合



当日は朝9時に彩湖北側のトイレ前に集合。この場所は、彩湖周辺をロードバイクで走る方の休憩場所としてよく利用されており、この日も大勢のロードバイク乗りがいました。

参加者は私を含めて計4名で、そのうち2名は一緒にライドに行くのは今回が初めて。集合時間より早めに着いてしまったので、同じく早く到着された方とおしゃべりをしながら出発時間を待ちます。

ちなみに、1名の方はシクロクロスバイクというオフロードでも乗れる自転車で来られていました。普段はコーヒーカップやガスボンベを積んで山道を走られているそうで、峠で飲む一杯のコーヒーがたまらないとのこと。そんなことを聞いたら私もシクロクロスバイクが欲しくなってしまいます(笑)。

まずは榎本牧場へ




秋ヶ瀬公園を通りつつ荒サイを走り、まずは榎本牧場を目指します。このあたりは緑が多く、いつ来ても気持ちのいいところです。


ちなみに、荒サイの途中には周囲を林に囲まれた区間があります。とても癒やされるスポットで、毎回通るのが楽しみです。たまにタヌキにも遭遇します。

榎本牧場〜シロクマパン



ウォーミングアップがてらゆっくり走り、1時間ほどで最初の目的地の榎本牧場に到着。


お目当てのジェラートをパクリ。この日は気温も低かったのですが、寒くてもアイスはおいしいですね。夏の暑い日だったら2つは余裕でいけます。

【お店の情報はこちら】榎本牧場 フォルトゥーナ
https://tabelog.com/saitama/A1104/A110401/11000086/



あまり長く休んでいると汗で体が冷えてしまいます。ジェラートを食べ終えたら、次の目的地のシロクマパンを目指して出発です。



榎本牧場を出発した後は、荒サイを抜けて一般道を走ります。この辺りは、ヒルクライムのメッカともいえる秩父と荒川を結ぶコースになっており、サイクリストの方と頻繁にすれ違います。交通量は比較的多いので、車には要注意です。

ちなみに、シロクマパンの道の途中には、物見山という水平距離約1〜2km、斜度7〜8%程度の小さなヒルクライムポイントがあります。平らな道をずっと走っていると次第に飽きてしまいますが、物見山がちょっとしたアクセントになっています。


シロクマパンが近くなる頃には、周りの景色はすっかり山の感じがしてきます。この近くにサイクリストに人気のパン屋さんがあるとは・・。自転車に乗らない人の感覚からするとちょっと不思議な感じがするかもしれません。

シロクマパン〜中華そば 四つ葉



道なりに進んでいくと、お目当てのシロクマパンを発見。バイクラックにはロードバイクが何台も掛けられており、人気のほどがうかがえます。座って食べられるベンチがあるので、早速パンを買ってベンチでいただきます。



人気No.1のごぼうパンをパクリ。他のパン屋さんではあまり見かけないパンですが、マヨネーズが和えてありとても美味。ごぼうパン以外にも色々な種類のパンが売っており、何回も足を運んで他のパンも食べてみたくなってしまいます。

【お店の情報はこちら】パン工房 シロクマ
https://tabelog.com/saitama/A1105/A110605/11004444/



シロクマパンで一息ついた後、当初の予定ではこの後中華そば四つ葉へ向かう予定でした。ただ、この辺りに詳しい参加者の方によると、上谷の大クスという埼玉県内で最も大きな木がこの近くにあるとのこと。パンを食べたばかりでお腹も空いていなかったので、さっそく行ってみることに。



上谷の大クスへに向かうには、シロクマパンから一般道を少し走った後、山の中の道を走っていきます。山というだけあって徐々に傾斜がきつくなっていき、終盤には斜度が15%になる箇所も。食後の運動にしてはなかなかハードです。



坂道を登っていくと、目的のクスの木が登場。思わず見上げてしまうほどの大きさです。バイクラックも置いてあり、シロクマパンからちょっと足を伸ばしてみるにはちょうどいい休憩スポットです。

奥にはベンチもあり、座ってひと休憩みすることもできます。こんなところでコーヒーを沸かして飲んだらおいしいんでしょうねぇ。あーシクロクロスバイクがほしいです(笑)



ひと通り写真撮影大会を終えたところで、当初の目的地の中華そば四つ葉へ。コースとしてはもと来た道を引き返します。途中の物見山でヒーヒー言いながらも一般道をひた走ります。


こちら、クロスバイクにフラットペダルで参加されていた方なのですが、物見山を登ったあともこの表情。スタートしてから60〜70kmほど走っているのですが全然余裕ですね。上谷の大クスから40kmほど走り、最後の目的地の中華そば四つ葉に到着です。


普段は行列ができているのですが、お昼過ぎの時間帯ということもあり並んでいる人はいませんでした。自転車はお店の駐車場に立てかけておき、椅子に座って名前が呼ばれるのを待ちます。


この日は煮干そばを注文。醤油ベースの透き通ったスープに煮干のいい香りがします。寒くなってきたときに温かいラーメンは格別ですね。あっという間に完食です。荒サイからもほど近い場所にあるので、またふらっと立ち寄ろうかなと思いました。

【お店の情報はこちら】中華そば 四つ葉
https://tabelog.com/saitama/A1105/A110502/11034264/




その後は、出発地点の彩湖に戻ってきてこの日のライドはお開きに。距離もそこまで長くなかったので明るいうちに帰路につけました。それほどハードなライドでもなかったので、ぜひまた行きましょうと挨拶をして、本日はお疲れ様でした。

おわりに


今回のライドは、距離も100km程度でアップダウンも多くなく、適度なライドでした。道中は食べてばかりだったので、摂取カロリーは多めかも(笑)。ロングライドやヒルクライムももちろん楽しいですが、おいしいものを食べに行くのも自転車の魅力の一つですね。

お気に入りのお店がありましたら、この近くを走られる際は一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!