2019/7/31更新:
念願のスポーツバイクを買ったものの、サイクルジャージを着ることに抵抗が…そんな方も少なくないのではないでしょうか。

  • 初心者にはまだ早いのでは
  • ピチピチしていて少し恥ずかしい
  • 自転車用のスポーツウェアと言っても何が他のウェアと違うのかがわからない
  • 沢山種類があるのでどれを選べば良いのかわからない

などの様々な理由があると思います。

そんなサイクルジャージに関しての疑問や不安を解決。さらに機能的でおしゃれなおすすめのジャージを紹介します。

目次

サイクルジャージの特徴


サイクルジャージのポイント

サイクルジャージのポイント illust:佐倉イサミ



背中にポケットがある


他のスポーツウェアと比べた時に大きく異なる所と言えば、背中にある大きなポケット。

貴重品を入れるには十分なサイズ感なので、ぺダリングやポジションを妨げず、快適にサイクリングを楽しむ事が出来ます。

そして背中が少し長めに作られているのも特徴。スポーツ自転車は乗る際に前傾姿勢になるので、サイクルジャージですと背中が見えてしまう心配もありません。

空気抵抗が少なく速乾性がある


サイクルジャージ特有の「ピチピチ感」にも実はちゃんと理由があります。それは前傾姿勢をはじめとして無理なく体のポジションが移動できるように作られていること。

また普通のウェアで走った際に、服にバタつきを感じた事はありませんか?空気抵抗があると想像以上に体力が削られ、スピードも落ちます。密着性のあるサイクルジャージは、それを解消してくれます。ある程度の距離を走ると、ウェアによる疲労感の違いが良くわかります。

速乾性もあるので、汗を気にせずストレスフリーで走ることが出来るのは嬉しいですよね。

レーシングパンツ(レーパン)はパッド付き


サドルに座ってペダルをこぐと、少なからずお尻に負担をかけてしまいます。それが長距離、長時間になると違和感や痛みを発生する場合も。

そこで「レーシングパンツ(レーパン)」と言われるパッド入りの下半身ジャージを履くのがおすすめ。

レーパンを着用することで、違和感や痛みを緩和し驚くほど快適に走れるようになります。履くと履かないとではお尻の痛さが大きく異なるのです!しかし「恥ずかしい・・・」と思っている方は、一番このレーパンをネックに思っているのではないでしょうか。

男性で「どうしてもレーパンには抵抗が!」という方はパッド付きインナーパンツもあるので、自転車で走るのに適したズボンにインナーパンツを履くのも有りだと思います。

女性向けのウェアですと、スカートやショートパンツもあるので体のラインを気にせず履く事が出来ます。

履いているとお尻へのダメージが違いますよ。

サイクルジャージの選び方


ショップで実物を見よう


メーカーによって着心地やフィット感が異なるので、初めて買うサイクルジャージはお店へ足を運んで実物に触れて選ぶ事をおすすめします。

ネット通販など、安価な製品の場合、耐久性や素材の質が低い事があります。

私の失敗談なのですが、「お店で見るサイクルジャージはどれも高いからインターネットで買えば良いじゃん!」と3,000円程度の格安ウェアを買った所、Tシャツ?と疑ってしまう程のしまりの無いサイズ感な上に、すぐファスナー部分が壊れました。

試着しよう


サイズは、空気抵抗の事を考えて…とあえて小さいサイズのものを選ぶと、走行中にお腹や背中が出るので要注意です。腰周りがキツい…と思ったらもうワンサイズ上のものを選ぶのがベスト。試着が可能なショップであれば、羽織ってサイズ感を確認する事をおすすめします

季節ごとに素材を使い分ける


春夏用は、吸汗・速乾性が良いポリエステル製100%のものがおすすめ。UVカット加工がされた物も多くあるので、暑い日でも快適に走る事が出来ます。

秋冬ですと裏起毛のウェアが沢山出ているので、冬でも軽装で走ることが出来ます。体温を逃がさず蓄熱するタイプのアンダーウェアもあり、その上に春夏用ジャージを着て走る方も多く見かけます。

価格はだいたい5,000円〜20,000円弱と様々ですが、季節の変わり目などでサイクルウェアのセールを行っているショップも多くあるので気軽に立ち寄ってみると、ラッキーな買い物が出来るかもしれません。

ぜひ、実際に触れて性能面を体感してみてください。

おすすめサイクルジャージ19選


1.半袖ジャージ ボーダー ブラック – カペルミュール



カペルミュールは街乗りにあったおしゃれなデザインのサイクルジャージが豊富なブランド。

「普段でも着られるウェアをコンセプトにしている」とあって、ニット風の生地がカジュアル感を演出。袖や腰回りはルーズフィットになっているので、「ピチピチ感」が苦手な方にもおすすめです。
優しいピンクのボーダーが日本人の肌色ともマッチして印象アップにも◎。
UPF(紫外線防止指数)20のUVカットと吸汗・速乾性のある高機能素材を使用しているため、夏場もオシャレに、かつ快適にサイクリングを楽しむ事が出来ます。

[カペルミュール] サイクリング 半袖ジャージ ボーダー ブラック


2. サイクリングエンデューロジャージ – le coq sportif



鶏のロゴマークで有名な「ルコック」はトリコロールカラーを基本としたパキっとした配色のかっこいいデザインが際立つブランド。

こちらのアイテムは体にフィットする立体設計を、ノーマルフィットに落とし込んだロングライド向けジャージ。前傾姿勢をとった時にフィットするようパターンが切られています。
ブラック、ティアリーレッド、ホワイトと3色の展開で、それぞれ違った印象の仕上がり。飽きのこないスタイリッシュなデザインです。

[ルコックスポルティフ] エンデューロジャージ


3. Evolve ジャージ – シマノ



スポーツバイクのコンポーネント部品で有名なブランドSHIMANOのサイクルジャージは機能性抜群。

Evolveジャージは素早く汗を吸収するメッシュ素材と二層構造になっているのが大きな特徴。胸、脇の下、後ろ身頃にはベンチレーションとなる小さな穴が開けられ、しっかりと汗を逃がしてくれるジャージです。
背面には同系色の反射素材が大きくあしらわれ、夜間走行時でも視認性がアップ。
全体的には無地でシンプルなデザインなので、通勤や街乗りにもおすすめです。

SHIMANO(シマノ)EVOLVE ジャージ ネイビー M


4. MIRROR COOL ジャージ – シマノ



続いてもSHIMANOのサイクルジャージのご紹介です。キシリトールを配合したMIRROR COOLファブリックは太陽からの熱を反射し、-3℃の涼しさをキープ!
高温多湿な日本の夏のライドにはうってつけです。
前傾姿勢をとった時の伸縮が大きい肩の部分には、多方向に伸びる素材が使用されていて快適にフィット。
カラーはパープル、ホワイト、ネイビーがあり、グラデーションでシンプルながらも他にない配色が楽しめます。

SHIMANO(シマノ)MIRROR COOL ジャージ パープル M


5.BREVET LIGHTWEIGHT JERSEY – Rapha


BREVET LIGHTWEIGHT JERSEY

BREVET LIGHTWEIGHT JERSEY


(出典:Rapha

高性能かつシンプルなデザインが、おしゃれなサイクリストたちに人気のRAPHA。こちらは暑さの中長距離を走るために作られたブルベジャージ。
軽量で耐久性があり、吸汗速乾性も抜群です。腕と胸には反射素材が使われ視認性も高くなっています。
カラーは6色と多く、どれもシックで高級感があります。今年はアースカラーのジャージも流行りそうですね。



6. イグナイト ジャージ – パールイズミ


イグナイト ジャージ
日本を代表するサイクルウエアブランド、パールイズミ。デザインイメージを一新し、シンプルで洗練されたラインナップに注目です。
中でもイグナイトジャージのピーコックカラーは南国の海のような爽やかなブルーが印象的。

ストレッチ性と吸汗速乾性に優れた素材を採用し、バタつきも少なくすっきりと身体にフィットします。バックポケットに再帰反射がついているので、夜間走行をする方にもおすすめです。

PEARL IZUMI(パールイズミ) 321-B イグナイト ジャージ [8 ピーコック]





7. NALINI CENTENARIO SHORT SLEEVE JERSEY – Nalini



プロチームにもジャージを供給しているイタリアンブランドのナリーニ。自転車がカムフラ柄のように散りばめられた遊び心あるデザインもありますよ。吸汗速乾性に優れた軽量ドライ素材なので暑い夏にピッタリです。

NALINI ナリーニ CENTENARIO 2.0 short sleeve cycling jerseyショートスリーブサイクリングジャージ Mサイズ


8. EQUIPE RS AERO SS JERSEY – ASSOS


EQUIPE RS AERO SS JERSEY


(出典:ASSOS

スイスのハイエンドサイクルアパレルブランド・アソス。ロゴを模した左袖のモノグラムが印象的。エントリーレベルのレーシングジャージ、と銘打ってはいるものの、その内容はタイムトライアル用のクロノスーツの要素を落とし込んだ、アソスが誇るテクノロジーの塊です。ワンランク上の着心地を求める方に。



9. オベロン ポケットジャージ – reric



日本人が作った日本人のためのサイクルウェア、が原点のレリックは、人間工学を基本にしたデザインとサイクリスト集団ならではのユーザー視点でのモノづくりで、富士ヒルクライムの公式ジャージなども手掛けています。

カジュアルさとスポーティーさのバランスのとれたオベロンポケットジャージは、胸元の大きなポケットが印象的。
シックな配色とシンプルなデザインで、シーンを選びません。8,000円代とお値段もお手頃です。

レリック オベロン ポケットジャージ カーキ M





10. サイクルジャージスプリット (geometric pattern) – narifuri


サイクルジャージスプリット (geometric pattern) - narifuri

サイクルジャージスプリット (geometric pattern) – narifuri


(出典:narifuri

どこかレトロな配色の大胆な幾何学模様がおしゃれなジャージは、街乗りスタイルが得意なnarifuriらしいデザイン。
ファスナーが斜めにつけられていて、首回りへの圧迫が少ないようになっています。
肌に当たる部分は表面が凸凹加工されていて、肌への接地面積を少なくすることで快適性を向上させている優れモノです。


11. S/S JERSEY TRE VALLI- バイシクルライン


24時間TVのドラマで嵐の相葉雅紀さんが着用したことで注目を集めるバイシクルラインは、イタリア生まれのブランド。
研究開発から商品のパッキングに至るまで製造工程の全てを自社で管理し、品質と信頼性の高いブランドです。

ご紹介するジャージはまさに相葉さんが着用していたもの。タイトフィットでいわゆる「ピチピチ」ジャージですが、さり気ないボーダーのデザインがバランスをとってかっこよく見せてくれます。長めの袖は見た目にも美しく、エアロ効果も。
色はブラック、バーガンディー、ダークブルーの三色でお値段もお手頃です。

BICYCLELINE(バイシクルライン)S/S JERSEY TRE VALLI バーガンディ M




12. 2019コラボレーション_TEAM JERSEY – CHARI&CO × le coq sportif


chari&co と le coq sportif のコラボレーションジャージ&ビブパンツのセット。定価 ¥36,720 → セール価格 ¥25,704

シティライクなラインナップが得意なCHARI&COと、老舗の技術力を持ったle coq sportifのコラボアイテムは、力強いグラフィックのクールなジャージ。
ニューヨークで修行を積んだアーティスト Rei Nakanishi がグラフィックを手がけ、ニューヨークのタフさとそこから来るパワーを表現しています。

キャップやグローブ、カジュアルスタイルのアイテムまでシリーズ展開があり、全身コーディネートも楽しめます。
FRAME.shopで見る

13. Blok 半袖ジャージ (GEO) – dhb




dhbは自転車通販サイト、Wiggleがプロデュースするオリジナルブランド。中でもBlokシリーズは大胆な柄とビビットな配色が特長的。
定価はなんと¥6500。セール時期には更にお安くなります。
ただし安いだけじゃなくて機能性も抜群。高機能ストレッチ生地により、動きやすさを損なうことなくぴったりとしたフィット感をを実現しています。

Blok 半袖ジャージ (GEO)


14. ESSENTIAL ROAD LIGHT JERSEY – POC



スウェーデンの新鋭ブランドPOCは北欧ブランドらしいシンプルさと視認性を追求したデザインが人気です。ライダーに一日を通じた快適な着心地、高い機能性、安全性を供給しています。

POC Essential Road Light Jersey


15.EVOLUTION ZAP JERSEY – SUGOi



その名は日本語の「すごい」からとったというカナダのブランド。
セミフィットでシンプルながらもスポーティーな印象のある仕上がりで、同色のビブショーツと合わせるとより洗練された印象に。
SUGOiオリジナルの高可視反射素材をバックポケット全体に採用しているので、夜間でも広範囲の視認性アップが計られています。

EVOLUTION ZAP JERSEY


16. VERVE GLOW JERSEY – CRAFT



高機能ウェアでおなじみのCRAFTからは、クールなストライプジャージ。シンプルながらインパクトのあるデザインで、同シリーズのビブと合わせてもかっこよくキマります。
胸元と腰には反射素材が入っていて、視認性もバッチリ。
一番紫外線を浴びる肩と背中部分に、衣服の紫外線保護指数 (UPF)としては最高峰の50+を確保、真夏のライダーの体を守ってくれます。

CRAFT(クラフト)VERVE GLOW JERSEY ブラック/ブライトレッド S


17.ステムデザイン ストライプサイクルジャージ – STEM DESIGN


ステムデザイン ストライプサイクルジャージ
マリンテイストなボーダーデザインが得意なSTEM DESIGN。ルーズフィットで体のラインを隠してくれるので、カジュアルにも着やすくなっています。
アクティブファブリックは毛管作用を発揮し、肌から水分を吸い上げて逃がしてくれ、ベタベタと肌に張り付く不快感を軽減。

ステムデザイン ストライプサイクルジャージ フルジップ レーサージャージ ブラック S


18. GIARA–SPORTFUL


GIARA–SPORTFUL

GIARA–SPORTFUL


世界トップレベルのUCIプロサイクリングチームにもジャージを提供するSPORTFULですが、レーシーなだけがサイクルジャージではないとばかりに別アプローチの商品もあります。GIARAは近年人気の出てきたグラベルロードやツーリングにもマッチする落ちついたデザインと着心地の良い速乾素材を組み合わせた大人のジャージです。

GIARA–SPORTFUL


19.Nationals Pro Jersey – MAAP


Nationals Pro Jersey


(出典:MAAP

Raphaに続きおしゃれなサイクルジャージとした昨今注目を集めるMAAP。2014年に創業したばかりのオーストラリアのブランドです。
ポップな配色と大胆なパターンでサイクリストの心をがっつり掴んでいます。

Nationals Proシリーズは軽量で通気性がよく、シルエットを美しく見せてくれる高機能な生地を使用。
靴下やキャップなどとトータルコーディネートも楽しめます。



それでもだめなら作ってしまおう! – オーダージャージ


21枚のサイクルジャージをご紹介しましたが「なんかピンとこないなぁ」と思っている方は、オーダーメイドしてみるのはいかがでしょう?メーカーによって条件は様々ですが、比較的小ロットでも作製してくれるので、仲間とお揃いのオリジナルジャージを仕立てるのも素敵だと思います。

1.WAVE ONE(ウェーブワン)


WAVE ONE(ウェーブワン)

WAVE ONE(ウェーブワン)



カペルミュールの製造元でもあるWAVE ONE。ジャージだけでなく、シューカバーやドッグ用ジャージ(!)まで60種類以上のアイテムのオーダーが可能です。デザインの相談が無料だったり、国内生産、試着サンプル無料貸し出しなど、初めてでも安心の充実したサービスが魅力です。

最低ロット:5着から
価格目安:半袖ジャージ 11,500円/枚から
納期:約50日

WAVE ONE公式サイト

2.Champion System(チャンピオンシステム)


Champion System(チャンピオンシステム)

Champion System(チャンピオンシステム)



商品価格に、デザイン料・版代・送料が含まれる良心的な設定です。
5枚以上、10枚未満だと半そでジャージで10,000円、10枚以上で7,200円と格安になるため、チームなど大勢で注文する場合は有利になりそうですね。

最低ロット:5着から
価格目安:半袖ジャージ 7,200円/枚から
納期期間:40日

Champion System公式サイト

3.VALLET(バレット)


VALLET(バレット)

VALLET(バレット)



最低ロットが3枚のため、オーダージャージの敷居をぐっと下げてくれたVALLET。
同じデザインの中からレディースやキッズモデルも選択可能です。また、オプションが豊富でファスナー付ポケットや防臭加工など、自分だけの一枚を作ることができますね。

最低ロット:3着から
価格目安:半袖ジャージ 12,800円/枚から
納期期間:30日

VALLET公式サイト

おわりに


お気に入りのサイクルジャージを着ると気分が高まって自転車ライフをより充実したものにしてくれます。ご紹介したジャージはどのブランドも機能的で品質が高く、サイクリング中のサポートに一役買ってくれることでしょう。
サイクルジャージはその性格上、タイトなフィッティングになりがちなうえ、海外製品は予想外に大きい場合もあります。たくさんの商品を手にとって比べてみてくださいね。
お気に入りの一枚に巡り合えることを祈っています。

1st edition by Isami Sakura, 2nd edition by Chee

関連記事





人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!