静岡県民が教える本当に行きたい静岡のおすすめ観光スポット17選

いきなりですが、皆さんは静岡というとどのようなイメージがあるでしょうか。

真っ先に出てくるのが富士山、次に出てくるのは伊豆の温泉地でしょうか。もちろんこれらの場所も素敵なのですが、静岡にはそれら以外にも地元の人がこよなく愛する場所やお店が存在します。

今春まで静岡に住んでおり、現在東京在住の私が上京して地元を離れて改めて感じた地元の魅力的な場所やお店について紹介していきます。

元静岡県民が教える、ぜひ行って欲しい静岡の観光スポット

観光地

1.沼津港深海水族館

沼津市にある深海をテーマにした水族館。世界で唯一となるシーラカンスの冷凍標本が展示されている。近年はキモかわいいと評判の深海生物ダイオウグソクムシの展示でも話題になっている。

ダイオウグソクムシ #深海魚 #水族館 #深海水族館 #ダイオウグソクムシ

Yukoさん(@mikuyuko43)が投稿した写真 –


ダイオウグソクムシ

営業時間:10:00-18:00
定休日:年中無休(臨時休業を除く)
入場料:大人(高校生以上)1,600円 こども(小・中学生)800円 幼児(4才以上)400円 ※65歳以上の方、100円引き(証明書をご提示ください)
住所:〒410-0845 静岡県沼津市千本港町83番地
LINK:公式HP

2.うなぎパイファクトリー


静岡土産で有名なものとして夜のお菓子のキャッチフレーズで有名なうなぎパイがあげられるであろう。製造しているのは浜松市にある菓子メーカー、春華堂。

要予約の工場見学ファクトリーツアーでは実際にうなぎパイが製造されている現場を見学できるだけでなく、お土産までもらえてしまうというぜひ立ち寄りたいスポットです。

ファクトリーツアー:10:00~16:00 毎時00分スタート (所要時間約40分)
定休日:不定休
入場料:無料
住所:〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町748-51
LINK:公式HP

3.韮山(にらやま)反射炉

伊豆の国市にある反射炉跡で2015年7月に韮山反射炉を含む「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録され話題になった反射炉。歴史的背景を含め、ガイドから話を伺うこともできる。

定休日:無休(12月29日-1月3日を除く)
入場料:一般300円、生徒・児童50円
住所:静岡県伊豆の国市中字鳴滝入268
LINK:公式サイト

4.恋人岬

カップルで観光するなら訪れてみたいのが伊豆市にある恋人岬。3回鐘を鳴らすと愛が実ると噂されており、連日多くのカップルが訪れる。

営業時間:9:00-17:00
定休日:無休
入場料:一般300円、生徒・児童50円
住所:〒410-3304 静岡県伊豆市小下田3135-7
LINK:公式サイト

5.伊豆サイクルスポーツセンター


伊豆市にある自転車のテーマパーク。ここでしか乗ることのできない変わった形の自転車に乗ることができる。

また珍しいストライダー専用のパーク(ストライダーレンタル料 520円/1時間)もあるので小さいお子さんを連れていくのも良いだろう。

営業時間:9:00-17:00
定休日:木曜日(その他シーズンごと定休日変動)
入場料:中学生以上820円、4歳以上620円
住所:〒410-2402 静岡県伊豆市大野1826番地
LINK:公式HP

6.熱川バナナワニ園

ワニ園、植物園、果樹園から構成される世界のワニを見ることができる施設。少し地味に思えるかもしれないが、実は国内唯一のニシレッサーパンダがいて連日人気となっている。

@umeco1210が投稿した写真

営業時間:8:30-17:00
定休日:木曜日(その他シーズンごと定休日変動)
入場料:一般1,500円、高校生1,500円、こども750円
住所:〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
LINK:公式HP

食事処

1.漁協直営どんぶりハウス

masumiさん(@tamasumin)が投稿した写真


その名の通り漁協直営の新鮮な生しらすが食べられるお店。直売所もあり、茹でしらすやちりめんなどを購入できる。

新鮮な生しらすは甘みがあって美味しいのでぜひご賞味を!

営業時間:直売所9:00~17:00 (土日祝のみ9:00~15:00)、どんぶりハウス/11:00~14:00
定休日:無休
住所:〒421-0122 静岡市駿河区用宗2-18-1

2.炭火焼きレストランさわやか 池田店

県外から来たら一度は食べたいと言われる静岡のローカルハンバーグチェーンさわやか。店舗名とは裏腹に肉汁があふれ出る、げんこつハンバーグが大人気。

県内に複数店舗があるので、静岡に立ち寄った際は一度近くのさわやかを探してみると良いでしょう。

営業時間:月曜~金曜・日曜11:00~24:00、土曜11:00~翌1:00
定休日:12/31
住所:〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田634−1
LINK:公式HP

3.マルナカ


静岡県中部の一部にのみ存在する朝からラーメンを食べる文化通称「朝ラー」。実はこの地方お茶の産地でありお茶の取引が終わる午前6時ごろにお腹が空くということで生まれた文化。

かつおだしがきいていて朝にもぴったりな、さっぱりとしたラーメンなのが特徴。このお店マルナカは中でも地元の人に愛されており、朝8時半の開店前に列ができるほどである。

営業時間:8:30~13:30
定休日:日曜日、第2土曜日、第4土曜日、祝日、その他臨時休業有り
住所:〒426-0071 静岡県藤枝市志太3-1-24

4.金とき 池田店


静岡で美味しいお肉を食べるのなら金ときは外せない。昭和44年創業の地元で愛される変わらないトンテキやハンバーグは絶品。

営業時間:11:00~14:30 / 17:00~21:00
定休日:無休
住所:静岡県静岡市駿河区聖一色86-4
LINK:公式HP

5.うなぎ処京丸

美味しいうなぎが食べられると評判のうなぎ処京丸。美味しさの理由はうなぎ問屋直営店だから。

高くなったと言われるうなぎを美味しくリーズナブルにいただくことができます。

営業時間:11:00~15:00, 17:00分~21:00
定休日:毎月第3火曜日
住所:〒410-0844 静岡県沼津市春日町33−7
LINK:公式HP

スイーツ・カフェ

1.ななや

藤枝市に本店があるお茶屋丸七製茶が手掛ける抹茶スイーツ専門店。抹茶の濃さごとに7段階から選べる抹茶ジェラートがTVの取材などで話題になっている。

現在青山や浅草にも出店しているが、ぜひお茶所静岡でも味わってもらいたい。

営業時間:11:00-19:00
定休日:水曜日
住所:静岡県 静岡市葵区 両替町 2-3-1 浜村ビル1階
LINK:公式HP

2.キルフェボン

銀座や青山など都内に複数店舗出店しているキルフェボンも実は静岡が本店。都内の店舗とは一味違う雰囲気で美味しいタルト生地を使ったケーキをご賞味あれ。

営業時間:11:00〜20:00 (SHOP/CAFE)
定休日:水曜日
住所:〒420-0032 静岡県静岡市葵区両替町2-4-15
LINK:公式HP

3.ハグコーヒ-

静岡でお洒落で美味しいコーヒーを飲みたいならHUG COFFEE。

営業時間:12:00〜24:00
住所:静岡市葵区両替町1-3-9 わかさビル1F
LINK:公式HP

4.いでぼくミルクハウス

ai kusakaさん(@aipoon0329)が投稿した写真

名前の通り牧場にあるジェラートショップ。搾りたてのミルクを使ったジェラートは濃厚という言葉では言い表せない程濃く美味しい。

営業時間:平日/10:00~17:00 土日祝/10:00~18:00
定休日:月曜日
住所:静岡県富士宮市北山4404-2
LINK:公式HP

買い物スポット

1.御殿場プレミアムアウトレット

車で静岡に行く際に立ち寄るなら御殿場アウトレット。買い物に疲れたら、アウトレットから見る富士山もご堪能あれ。

営業時間:10:00~20:00
定休日:なし
住所:〒412-0023 静岡県御殿場市深沢1312
LINK:公式HP

2.焼津さかなセンター

最後に紹介するのは港町焼津の新鮮な魚が手に入る焼津さかなセンター。センター内では美味しいお寿司や丼ぶりメニューを食べることができる。

こぼれるまぐろ丼を見て食欲がそそられたら、ぜひお越しください。

営業時間:9:00~17:00
定休日:1/1
住所:〒425-0091 静岡県焼津市八楠4丁目13−7
LINK:公式HP

最後に

いかがだったでしょうか。太平洋に面している静岡では美味しいお魚が食べられるのはもちろんのこと、一見すると不思議とも思えるワニや深海生物まで見ることができます。

人柄も温かい県ですので、静岡にお越しいただいた際は各店舗を巡り地元の人に愛されるスポットを堪能してみてください。

Top pictures by Pixabay

U-die

WRITTEN BYU-die

ヘヴィメタルとピストバイクをこよなく愛するカワリモノ。 クロスバイクを購入したことで自転車の楽しさに触れ、その後シングルスピード、ピストバイクと乗り換えている。現在の愛車は自らフレームから組んだアメリカのブランド、State BicycleのContender。 ちなみに好きなメタルバンドはParkway Drive。

他の記事も読む

関連記事