カンパニョーロのホイール 「ZONDA」のディスクブレーキバージョン「ZONDA DB」が発売

カンパニョーロのホイール 「ZONDA」のディスクブレーキバージョン「ZONDA DB」が発売


ロードバイクに装着されるディスク・ブレーキのために開発された初めてのホィールは、今まで市場で見つけることのできなかった、カンパニョーロ®のトラディショナルなリム・ブレーキ用ホィールが持つトップレベルのパフォーマンス、信頼性、安全性、統合性を獲得し、鮮烈なデビューを果たしました。

リム・ブレーキ市場において、ゾンダTMはライバル製品を性能面ではるかに上回り、大きな評価を受けてきました。ゾンダTM ディスク・ブレーキ、リム・ブレーキ・バージョンより反応性に優れ、競合ホィールより25gも軽量することに成功しました。

技術的にも個々の部品の完成度は大きく向上しています。パフォーマンスのレベルを上げながら軽量化されたホィールは、ライダーの期待を大きく上回り、市場におけるディスク・ブレーキ・ホィールのトップに君臨するでしょう。

製品写真・特徴

フロントホイール

リアホイール



新しいアシンメトリック・プロファイル(26-28mm)

切削されたリム

独自の切削を施し、リム周辺部の重量を軽減しながらホィールの反応性を向上
RDBTM – リムダイナミックバランス
コンセプトはとてもシンプルで、洗練されています。接合部分の重量をその反対側に同等の重量を配することでバランスを取っています。
MoMagTM
リムのタイヤ面にスポ-クがなく、軽量化を図りながら高い剛性を確保

スポーク
ブレーキの強いパワーを受け止めるために、フロント・ホィールにもG3TMテクノロジーを採用
フロント・スポーク
2/1.6/2mm径のステンレス・スチール製スポークを左側(ブレーキ側)に14本、右側に7本配置
リア・スポーク
2/1.6/2mm径のステンレス・スチール製スポークを左側(ブレーキ側)に7本、右側(ドライブ側)に14本配置
ニップル
ブラック・アノダイズド・セルフロック・ニップルをリムの外側に配置し、容易なメンテナンスが可能に


カップ&コーン式ベアリング

ベアリング調整が容易で、あそびの発生を抑えることができます。長期にわたってパフォーマンスを維持し、ボールとレースの理想的なコンタクト・アングルをキープすることができます。
マイクロ・セッティング・テクノロジーを採用した新しい調整ロック
正確な調整が可能で、あそびの発生を抑えます。
ローター取り付けのための2種類のインターフェース:6ボルト & ASFTM
市場におけるすべてのローターに適合します。
メガG3システムを採用した21本のステンレス・スチール・スポーク
フロントのブレーキ・サイドとリアのドライブ・サイドを強化し、高い剛性と反応性を発揮します。ルックスもクールなレーススタイルを体現

■リムタイプ:17C クリンチャー
■スポーク:ステンレス、ストレートプル、21本-G3TMパターン、アルミニップル
■ハブ:アルミボディ、アルミオーバーサイズフランジ、プラズマ電解酸化処理フリーボディ
■指定タイヤ幅:25~50mm
■重量:1,675g(ペア)
■対応ローター:6ボルト、もしくはASFTM(センターロック)
■エンド方式:QR、もしくはHH12 100mm/HH12 135-142mm
■対応カセット:HGシマノ10/11S

税抜価格:
6ボルト・QR:77,500円、6ボルト・HH12:73,500円
ASF・QR:78,500円、ASF・HH12:74,500円

LINK:カワシマサイクルサプライ

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事