【ミラーレスカメラ】CANON キャノンEOS M2ダブルレンズキットを購入してみた

こんにちは、FRAME編集部です。

自転車で出かけた際、思わず写真を撮りたくなる風景に遭遇したことありますよね。

スマートフォンしか持っていないから、と撮って見たものの後でどうにもあの瞬間が綺麗に保存されていないという体験をしたことありませんか?

今回は実際にCANONのミラーレスデジタル一眼レフカメラを購入された方の記事を紹介します。

以降はつむりの悠々自適ライフの許可を得て編集・転載した内容です。

今回はカメラ機材ネタ。しかもレンズやアクセサリーではなく、カメラ本体。

フィルム一眼レフ、デジタル一眼レフ、コンパクトデジタルカメラと運用してきた私だけどこの度、ついにミラーレス機を導入することに!

選ばれたのはキヤノンEOS M2でした。

正直、ミラーレス機は敬遠していた。

というのもその仕組み上、ミラーレス機は電子ファインダーということで撮影する際に見るのは実像ではなく電子化された「画像(映像)」である。

対して一眼レフカメラは「実像」を見ながら撮影することができる。

レンズから入ってきた光はカメラ内のミラーおよびプリズムを経由してファインダーに実像を届けてくれる。

これにより
・映像化する必要がないためタイムラグがない
・光の線を見極めることが容易
・電池の消耗がない
といったメリットがあるけれど、そもそもミラーレス機が登場するまでは、これらはメリットではなく、ごくごく当たり前のことだった。

このメリットが、ミラーレス機で言う所のデメリットだ。

けれど、ちゃんとメリットもある。それは一眼レフカメラになかったものだ。

結局は弱点を強化すると、何かを失わざるをえない。足りない部分に目を向けるとキリがない。だからこうして二つのジャンルに分かれた。

だから、どっちも所有すれば、いいじゃない!(結論)

はい。口実です。

あと安かったんです。本当に、びっくりするくらい安かったんです。

本当は買う予定なかったんです。気づいたら家に届いてました。

ダブルレンズキット。もうね、めちゃくちゃお買い得だったよね。

箱を開けて驚いたのが、そのコンパクトさ。

まさかここまで小さいとは・・・・。ちょっと手持ちの機材と比較してみた。

左 iPhone6S 中央 CANON EOS M2 右 OLYMPUS XZ-1
当たり前かもしれないけれど、コンデジよりも小さい。

そりゃあ、レンズがないのだから当然かもしれないけれど、そういうことも実際に手に取ってみたいとなかなかどうして気づけなかったりする。ちなみにiPhone大きすぎますね。スマートフォンのスマートさがないです。

薄さも凄い。レンズ無し状態なら、ポケットにも入る。質感はまあまあ。あまり拘らないから評価することもない。

ダブルレンズキットということで付属レンズは2本。
・EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM
・EF-M22mm F2 STM

うん、スナップにはもってこいの構成。本格的な何かを撮らない限りは十分すぎるスペックかしらね。

しかし標準ズームとあえて単焦点をセットするとは、キヤノンも面白いことをする。初心者向けと思いきや、玄人が喜びそうな美味しい部分もしっかり押さえている。

あとWi-Fi対応なのも素晴らしい。

撮ったその場でiPhoneと繋いで写真を確認することができたり、転送することもできる。旅をしながら作品をSNSに投稿・・・といったことも今後は可能に。

文字が白ではなくグレーなのが渋い。

どちらもSTMレンズということで、動画撮影にも良さそう。

バッテリー問題はあるけれど、そこは予備を運用するとかで解決すれば、面白いかもしれない。(というわけで早速予備バッテリーは注文してしまった。サードパーティで)

レンズを装着するとこんな感じ。

やっぱり本体が軽い分、レンズの重みが強調される。トップヘビーになるのはいたしかたないが、撮影時にはやはり気を使わないとブレにつながるとは思う。

一眼レフ以上に正確なシャッターフォームが求められそう。

操作性はキヤノンユーザーなら何も問題ない。直感的でわかりやすい。

そしてダブルレンズキットにした最大の理由はこのマウントアダプターが付いてくるから。

つまりこれを使えば従来のEFレンズをそのまま使用することができる!!

一眼レフで運用しているレンズをそのまま使えるということでカメラシステムを変更することなく、旨味を残すことができる。機材趣味の世界では互換性というのは大変重要な問題なだけあって、こう言ったアイテムは有り難い限り。

というわけでこんなスタイルも。

もはや本体付きレンズ。

ミラーレス機にしたから写真が上手くなるわけではない。それは何を買っても同じこと。

写真は直感と足で作り出すものだ。

けれど機材が変われば行動が変わる。行動が変われば写真も変わる。そういった意味で、いろんなスタイルに応用することができるミラーレス機、試しに使って見る価値はありそう。

多分、エクストリームライド系のツーリングだったり、やはり荷物を軽くしたいキャノンボール、あるいは海外旅に行く際には活躍してくれるかもしれない。

コンデジの立ち位置がかなり怪しくなってくるかも。その辺りはしばらく運用してからの判断になるだろう。

梅田ブルク7で3回目のガールズ&パンツァーを観てきた。ついでにM2で撮った写真をつらつらと。


(LINK:Amazon商品ページ

・転載元記事
【ミラーレス機】CANON キヤノンEOS M2 ダブルレンズキット 導入してみた
つむりの悠々自適ライフ)

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事