おしゃれなカフェや空間に行くことが好き。美味しいモノが好き。
歩くのも好きで都内を30分以上歩くこともしばしば。
こんにちは。都内勤務の20代女子、AYAです。これまでスポーツ自転車未経験だった私が、TREKのクロスバイクFX3に乗って、東京のおすすめスポットを紹介します。

溜池山王・四谷・神楽坂周辺エリアに引き続き、今回は、若者のカルチャー発信地、恵比寿・代官山・渋谷エリアを探索します。

恵比寿西口からSTART



本日は、恵比寿駅西口からスタートです。


恵比寿駅西口から、恵比寿西1丁目の交差点へ進みます。
交差点に来たら、少し坂になっている左手の道を進んで下さいね。
するとすぐに、最初のおすすめスポット。CROSSROAD BAKERYに到着です。

多彩なパンが揃うベカーリー、CROSSROAD BAKERY



8時から23時まで楽しめてしまうベーカリーカフェレストラン、CROSSROAD BAKERY。
お店に入って、すぐに目に入る豊富なパンの数々。甘い系・ハード系・食事系、いろいろ揃っています。どれも本当に美味しそうで、どれにしようどれにしようって、すぐに決められない。笑 決めれず困っちゃうーと思って、笑顔が素敵な女性の店長さんに、お勧めを聞いて、選んだのはこの3つ。



クロスロードのイメージキャラクターになっている、おおぶりのMr.BRIOCHE。
なにこれ、めっちゃかわいい…。(笑)大人も惹きつけられちゃう可愛さです。疲れた時の癒し…(笑)。このブリオッシュくん、ふわっとしたブリオッシュ生地の中には、ミルクバタークリームが、想像以上にぎっしりで、思わず顔がほころびます。

左にあるのは、お店の看板商品クロスロードブレッド。石臼挽き国産小麦100%、16時間以上の低温長時間発酵。もっちりとした食感だから、何をつけあわせても存在感があります。食事系に合わせてもよし、はちみつをつけておやつにするもよし、オールマイティーにいけます。

シナモンロールも、人気パンの1つ。重すぎず軽すぎずのしっかり目の生地が、やっぱりこだわりのベーカリーは違うな、と思うはず。カロリーも気にせずペロリと食べちゃって、朝ごはんから幸せ元気いっぱいになりました。


イートインで食べたのは、ニューイングランドクラムチャウダー。このパンも、舌がそのもっちり感を覚えるほどモチモチ具合。クラムチャウダーもとっても濃厚で、大満足です。
熱々のクラムチャウダーが、冷え切った体をポカポカと温めてくれました。アメリカンなフードで、気持ちだけは、アメリカに旅行中です。(笑)

クロスロードの素敵な女性店長さんも、自転車があれば、どこにでも行けてしまうタイプなんだそう。明るくフランクに話しかけて下さり、おかげで私の心も温まって、よりハッピーな気分に。スタッフさんの温かい雰囲気もある素敵なベーカリーカフェレストランです。


関連ランキング:パン | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅




MR.FRIENDLY Cafe


お店を背に、左へ進路をとり、まっすぐ進むと坂道に。これまで坂道に来ると、坂道か…と気持ち後ろ向きになっていましたが、TREKに乗り始めて坂道への苦手意識は、克服されております。(笑)これぐらいの坂道は、もうめげないです(笑)
坂道でも安定して進めるって嬉しいですよね。TREKの乗りやすさに、いつも嬉しさを感じています。

坂道を登り切ると、カラフルでポップなお店が目に入ります。
こちら、ぜひ立ち寄って欲しいオススメのスポット、MR.FRIENDLY Café(ミスターフレンドリーカフェ)です。



写真中央いるオレンジのキャラクターが、MR.FRIENDLY。
このMR.FRIENDLYには、世界中のひとびとにハッピーを届けたい。人間も、動物も、樹木や植物も、すべての自然が仲良しでいたい。というコンセプトがあるんです。
なんて気持ちが優しくなるコンセプトなんでしょうか。


私のオススメは、栄養素たっぷりの「こだわりの卵」(例えば、ビタミンEは、普通の卵の約20倍)を使用した、このホットケーキ。
ミニサイズのMR.FRIENDLYがとってもキュート。誰が見ても、これは笑顔になっちゃいますね。テイクアウトもOKで、代官山土産にぴったりです。
私も、このミニサイズMR.FRIENDLYの可愛さを誰かに伝えたいと思って、テイクアウトに。友達にプレゼントしたら、「かわいいし、癒されるー」と言って、とても喜んでくれました。

日本で初めてオーガニック認証を受けた牛の生乳を使ったチョコドリンクも頂きました。優しいテイストで、気持ちがほっと落ち着きますよ。

MR.FRIENDLYグッズも沢山置いてあるので、こちらもぜひチェックしてくださいね。



関連ランキング:カフェ | 代官山駅恵比寿駅中目黒駅




さて、お店を出て、坂下って、西の方角へ。その途中、グルメやファッションが楽しめる、代官山ログロードもありますよ。

おしゃれの代名詞、代官山


また坂を登っていくと、この代官山エリアの中心に到着です。


この中心エリアには、中庭の緑が気持ちいい複合施設TENOHA代官山があり、おしゃれなアパレルショップも沢山あり、ハイセンスなおしゃれな人たち闊歩していてと、散策しているだけで、おしゃれ気分になります。


代官山で一番のデートスポット、代官山T-SITE。
ふらっと通り抜けようと思ったら、なにやら外にはライトアップ用の白いモニュメントが点在していてびっくり。(きっと夜になったらロマンチックモードなんだろうな…。)


さて、旧山手通りを走っていくと、西郷山公園に到着です。

長閑な西郷山公園



おしゃれな代官山で遊ぶのはいつも通り最高だけど、いつものパターンに少し飽きたら、人混みを避けて、コーヒーなどを片手に、西郷山公園でおしゃべりというのはどうでしょうか。冬のシーズンは、ファッションエリアから少し離れているので、人も少なく、長閑な雰囲気です。春のシーズンは、桜が咲いてるので、大勢の人で賑わう公園でもあります。

Monkey Cafe D.K.Y


西郷山公園から、猿楽町の方に行くと、突如現れる変わった形をしたデザイナーズビル。
なんと12角形。こちら、東急プラザ表参道原宿を手がけた、世界でも注目されている建築家、中村拓志氏の設計なのです。この道に辿りついた人達は、この建物なんだろうって興味を持ってしまうだろうな、と思うほどの素敵なインパクト。

そしてこの1階には、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧にコーヒーを淹れてくれるMONKEY CAFE D.K.Y(モンキーカフェ)があります。



建物の中は、フロアが螺旋上に段々になっていて、空間全体に、遊び心があり、とっても面白いんです。よいインスピレーションを与えてくれそうな洗練されたデザイン空間。

何を飲もうかなと、ここでも迷っていると、
スタッフさんが、メニューにある各コーヒーの違いについて丁寧に説明してくれました。
そして、私が選んだのは、マンスリーで代わるシングルオリジンのペーパードリップコーヒー。この時はルワンダ産のコーヒーで、酸味があるけど、後味は、一口目と違って甘みがあり、
嗅覚も反応する美味しさ。豆の違いを詳しく語れるほどのコーヒーマニアではないけれど、久しぶりにドリップの良さ、コーヒーの奥深さを改めて感じられました。
ちなみに、ギャラリースペースもあるので、アートやイベントも楽しめるというのも、モンキーカフェの魅力の1つ。一息落ち着いきたい時や気分を変えたい時は、ここは本当にオススメです。


関連ランキング:コーヒー専門店 | 代官山駅渋谷駅恵比寿駅




スミスアンティーク


さて、渋谷方面に向かって、TREKを進めていると、おしゃれなショーウィンドウが目立つお店を発見。
インポート物が好きな私は思わず自転車を降りて、お店にイン。

こちら、ヨーロッパの古着が豊富なスミスアンティークです。

正直これまでヴィンテージは苦手だったけど、ここに置いてある服は、どれも着てみたくなるものばかり。まるでヨーロッパに来たのでないかというぐらいの世界観もあって、ヴィンテージに対するオールドというイメージが、ばっさりなくなりました。と思うほど、洋服のデザインがおしゃれで、なんといっても、質がよい。
どれも欲しいです、とお店の人にも思わず声を漏らしてしまうほど、はまってしまいました。


一流のブランド物も綺麗な状態で揃っているし、立ち寄って見て欲しい価値のあるお店です。


渋谷方面に自転車を走らせていると、Birdという看板を発見。
こんな小道にも何かお店があるのかな?と、興味が膨らみまして進んでみると、


おしゃれな雰囲気漂う建物を発見。2階にはカフェがある模様。
しかも、自転車置き場も見つけて、気持ちはルンルン。
という具合で発見したのが、Bird代官山です。


中に入ると、まさかの飛び石と、地面が芝生の光景が。
絵本のような鮮やかで暖かい空間が広がっていて、びっくり。本棚には、本が沢山。想像力が育めそうな空間です。いいカフェ見つけた、と私の心は、ウキウキワクワク。


ランチメニューからチョイスしたのは、いろいろキノコのクリームソースとグリルドチキンのパニーニ。パンは、天然酵母とあって食感に重みがあり、また大ぶりのチキンがクリームソースと美味しく絡まって、大満足。さすがサンドイッチ専門店です。

無農薬レモンの”bitter”レモネードも注文しました。
中に入っているレモンは無農薬。皮まで食べれるというので、食べてみると…うん、美味しい。苦味が全くなくて、さすが無農薬の力。こうして、食べる人のことをきちんと考えてくれるカフェって本当にありがたいですね。スパイスが効いたホットの無農薬レモンの”bitter”レモネードは、寒い冬にぴったりでした。
今日は、このBird代官山を見つけられて、本当にラッキーだったなと嬉しい気分で、お店を後にしました。


関連ランキング:カフェ | 代官山駅恵比寿駅渋谷駅




並木橋方面へ


実は、この辺りのエリアは、代官山駅からも渋谷駅からも徒歩だと少し距離があり、これまであまり踏み入れてなかったエリアだったのですが、今回、自転車で気楽に色々と回ってみると、行動範囲がいつも以上に広がって、新しい発見も沢山あるし、正直、徒歩散策はもう億劫だなと思うようになってきました…。(笑)

そんな風に思いながら、並木橋交差点に到着。あたりはもう真っ暗です。


並木橋交差点を左に曲がって、明治通りを、渋谷駅方面に進んでいきますよ。


渋谷ヒカリエへ


私が次に目指したのは、渋谷ヒカリエ。渋谷ヒカリエにも、オススメのスポットがあるんです。このオススメスポットは、洋服屋さんでも、シアターでも、レストランでもありません。
さてさて、一体何をするでしょうか。まずは、自転車を停めに、渋谷ヒカリエの駐輪場に向か
います。


この道を右に曲がって、道なりに進み、坂を登ぼると、駐輪場を発見できます。なかなか発見できないので、一瞬不安になるかもしれませんが、坂のてっぺんあたりにあるので、ご安心を。


辿り着くと、なぜか明るいBGMが流れていました。え、なにここ、快適じゃん。と、なると思います(笑)最初の2時間は無料というのも嬉しい限りです。しかも、雨に濡れない駐輪場が、渋谷駅のこんなすぐ近くにあるって、本当に便利。

渋谷ヒカリエでは、すぐにエレベーターに乗って…。さてさて何階に向かうでしょうか。
答えは11階。この階に何があるかというと。。。??

はい、この夜景です。


渋谷駅とスクランブル交差点を見渡せるこのスポット。
スクランブル交差点を、こんな高層階から、ゆっくり眺めらられるスポットは、そうないのかなと思っておりますが、いかがでしょうか。
11階には、大きなガラス窓があるので、こうやって渋谷全体を見渡すことができるのです。
いつも人、人、人のbusyな渋谷を新しい視点から眺めてみるというのも面白いかなって。

このスポット、海外からの観光客も知っているようで(?)、中国語を喋るグループと、フランス語を喋るグループの方々が、それぞれ、ここで一生懸命写真を撮っていらっしゃいました。
(なんでみんな、このスポット知ってるんだろう。。。)

ちょっと遠回りして、代々木公園へ


ヒカリエを出た後は、一旦、宮益坂上に。人が多いところを、避けながら、
渋谷をぶらぶらと散策です。


インテリアショップや、スペインのアパレルブランドの旗艦店 、おしゃれなカフェなどが並ぶ美竹通りを抜けて、宮下公園の交差点へ。そのまま、勤労福祉会館前の交差点まで、まっすぐ直進です。途中は、大きな坂になっております。渋谷って、名前の通り、駅周辺が谷底で、そこから登り坂になっているんですよね。気づけば、宮益坂、道玄坂、スペイン坂…たくさんの坂があります。



勤労福祉会館前に来たら、突如、青の世界が。
ロマンチックで、うっとり立ち止まってしまったほど、本当に綺麗です。
渋谷公園通りから、代々木公園のケヤキ並木に続く、青の洞窟のイルミネーションイベント。
2017年の1月9日まで開催されているようです。年末年始のデートスポットにいかがでしょうか。


ザリガニカフェへ


代々木公園は、大勢の人で賑わっていたので、人混みが苦手な私は写真だけ撮って、すぐにその場を離れてしまいました。笑

渋谷区役所前の交差点から、井の頭通りの方面へ。
さっきの雰囲気とはうってかわって、人がいる気配なく。一気にシーンとしたムード。ほっとします。(笑)
気分も寂しさから解放され(?)、気持ち明るくスイスイと自転車を漕いでいきます。渋谷区役所前の交差点から進んで、一つ目の道を左折。


私のオススメカフェ、 Zarigani Cafeです。
夜は、温かみあるキャンドルの明かりに包まれ、ムードある雰囲気。この時のBGMは、アリシアキーズのR&Bで、余計にしっとりと大人の空間を楽しめました。私は、お花のデコレーションが可愛いいカウンター席をチョイス。


そして、頼んだのは、アップルパイ。お食事系メニューもオススメなのですが、ここに来たら、アップルパイが、私の定番。Zarigani cafeで、ネット検索しても、アップルが絶品という評価が多いです。サクッとしたパイの上に、アイスクリームがボンと乗っていて、ボリューミーに見えますが、あまったるい甘さではないので、例えお腹いっぱいでも、1人で食べきれてしまうかも。

パイの中には、りんごがぎっしり。ソースも、何種類から選べるので、来る毎にソースを変えてみるっていうのもいいかもしれませんね。
空間は、カップルにはぴったりなロマンチックな雰囲気が漂っておりますが、カウンター席もあるので、お一人様でも居心地よく、まったりと過ごせますよ。


関連ランキング:カフェ | 神泉駅渋谷駅代々木公園駅




松濤エリアへ


お店を出て、井の頭通りを突っ切って、そのまま直進。すると、松濤エリアに到着です。
さて、到着するとわかるかと思いますが、目と鼻の先に、若者が集まる渋谷があるのに、ここはびっくりするほど、落ち着いた雰囲気。それもそのはず、松濤エリアは、日本を代表する企業の社長宅などがある、都内でも屈指の高級住宅街。大きな豪邸が、いっぱいです。

若者のエネルギー溢れる世界と、日本を動かす大人が住むどっしりとした世界の2面をもつ渋谷って、面白い街だと思いませんか。
デザインの凝った豪邸をいくつも発見できるので、松濤エリア散策も、個人的には楽しいかと思います。久しぶりに、ここに来て、今後のビジネスキャリアとかどうしようかな、って、私は思ってしまった次第です。(笑)


おわりに


松濤エリアから、松濤郵便局前を通り、東急百貨店本店に到着。ここが本日の終着点です。


最後に、本日もお疲れ様でした、と言ってくれるような、大きなモミのツリーが出迎えてくれました。

恵比寿・代官山・渋谷は、デートでもう行き尽くしたよという方、仕事でよく来るよという方などに対して、今回のコースの中に、新しい発見があったらいいなと思っておりますが、いかがでしたでしょうか。
普段このエリアは、暇があれば出かける出没スポットなのですが、そんな私でも、今回グルグルと散策してみて、新しい発見が沢山ありました。本当に遊び尽きないエリアですね(笑)
もっともっとディープな東京通になりたいなとも思いました。


自転車提供:TREK