富士スバルラインを使い自転車で富士山五合目へ - 富士五湖めぐり自転車の旅

こんにちは、FRAME編集部です。

今回は富士スバルラインを用いて、富士山五合目まで自転車で登った記事をご紹介します。

富士山と言えば登山ですが、こんな風に自転車で触れることもできますね。

以降は還暦から始めたロードバイクの許可を得て編集・転載した内容です。

朝から富士スバルラインに上りその後に富士五湖内、前日に山中湖は走りましたので残りの4湖走り今晩宿泊の地朝霧高原まで走ります。

流石天下の富士山30kmの上りが続きました。上りも大変ですが、下りもブレーキを閉める手が痛くなり大変。

今日も快晴、宿泊先のホテルの前の通りから見る富士山。朝早いと空気が澄み切って入るので今まで一番に綺麗に見えました。

今日は朝6時出発朝食がない為に富士急ハイランド近くのコンビニで朝食。長い~上りに入ります。富士スバルラインの料金所、自転車は200円、富士山が待っているように綺麗に見えます。

最初はこんな感じ、朝早いため(7時)車が少なく

一合目の看板。小さい標識は1km事に有り、その内次に上る1Kmの平均斜度も表示されています。自転車で上る者に配慮しています。

突然前を上る2人から大きな声とが有り指差す方向を見ると日本カモシカが! 早速写真を撮ります。

道路から5-6m離れた所から此方を見ています、余り警戒をしていない様子です。

二合目の看板まで上って来ました。まだ先が長い。

途中の展望台で早い皆さんが遅い私を待っています。

遠くには南アルプスの雪を頂く山々が見えます。

。三合目1780m

美しい富士山も木立の中に見え隠れしています。

四合目。2045mまで上って来ました、後少しの頑張り。

五合目に到着。観光バスやマイカーで登った観光客でいっぱい。特に外国の観光客が多い世界遺産に成って多くなったらしい…

早速見なさで記念写真。皆さん良い顔されていますね。

富士山の形をしたパンケーキ。焼き立てで美味しいらしい。これから長い~下りが始まります

途中雪が沢山残っていました。

昼食は富士急河口湖駅頂きます。

河口湖の湖畔を走り西湖に到着面積は富士五湖では4番目の大きさで、最大水深は2番目の深さ。午後は気温が上り暑い

木陰に入るととても涼しい、少し休憩。

精進湖。富士五湖の内で一番小さい。

本栖湖。最大水深は富士五湖で最も深く、面積は3番目の大きさである。千円紙幣E号券、五千円紙幣D号券の裏面に描かれる逆さ富士のモデルとして有名である場所で記念写真、今日は午後から雲が出て富士山の頂上は隠れています。

横の看板から拝借、晴れて富士山が見えるとこの様に綺麗に見えます。

朝霧高原道の駅で休憩、今晩の宿泊先ももう少し。

今晩の宿泊先の朝霧高原ミルクランド。

ミルクランド内に有る富士朝霧高原ロッジ泊まります。

室内様子。二階にはツインの寝室を2部屋、今回は5人の為一人は一階のソファー。

夕食はバーベキュー富士山を見ながら食べます。

バーベキュー食べながら見える富士山最高でした!

・転載元記事
富士スバルラインで五合目~富士五湖めぐり自転車の旅還暦から始めたロードバイク

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事