列車など交通機関で自転車を手荷物として運び、目的地周辺まで行ってサイクリングできる輪行。あの絶景ポイントも、有名な観光名所だってサイクリングできちゃう輪行は「自転車に翼が生える」とも言われます。
そんな輪行の必需品といえば輪行袋。今回は輪行袋の選び方やおすすめ商品、実際の使い方を画像&動画でわかりやすくご紹介します。

輪行とは


輪行とは、自転車を目的地まで手荷物として運ぶ方法のひとつです。もともとは競輪選手が競技場まで移動するために、自転車を列車内に持ち込めるようにしたことが始まりでした。

一般のサイクリストにも輪行が広がった現在では、飛行機や列車、バスなどの交通機関で自転車を一緒に運び、離れた場所でサイクリングを楽しみたいときに利用します。

サイクリングの世界がひろがる輪行


自転車で自宅から走れる距離には限りがありますが、輪行を利用すれば距離もグッと延び、サイクリングの世界が広がります。

車に積んで手軽に移動する方法もありますが、駐車場や渋滞の心配が。それに、サイクリングでたっぷり体を動かしたあとの帰りの運転はなかなかツライ……。
列車での輪行なら、基本ダイヤ通りだから渋滞の心配は無用。現地でビールをゴクゴクッ、ぷはーっ!からの帰宅も可能です。

輪行で現地集合、離れた仲間たちともサイクリングできる

▲輪行で現地集合にすれば、離れた仲間たちともサイクリングできる



輪行には「輪行袋」が必要


輪行をするには、利用する交通機関の定めた「利用規定」に沿って自転車をパッキングする必要があります。そのパッキングするためのアイテムに輪行袋というものがあります。

一番メジャーな列車での輪行を例に、輪行袋の使い方を簡単に説明しましょう。

  1. 自宅から最寄りの駅まで、自転車に乗って向かう
  2. 駅前で輪行袋にパッキングをして、列車に乗る
  3. 目的の駅に到着、改札を出たら輪行袋から自転車を取り出す
  4. 目的地へ向けてサイクリングのはじまり

輪行袋を使用することで、目的地までのアクセスの長さを短縮することができ、日帰りで行けなかったところも行けるようになります。

輪行すれば、離れている目的地へもサイクリングできる

▲輪行すれば、離れている目的地へも自転車で向かうことができる



輪行のパッキングは規定を厳守!


輪行で自転車を持ち運ぶためには、利用する交通機関の定めた規定を守らなければいけません。マナーではなくルールなので、遵守するようにしましょう

鉄道では


例えばJR東日本では、車内に持ち込める荷物規定に関して以下のように定めています。

携帯できる荷物で、タテ・ヨコ・高さの合計が250センチ(長さは2メートルまで)以内で、重さが30キロ以内のものを2個まで持ち込むことができます。
サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は、解体し専用の袋に収納したものまたは、折りたたみ式自転車においては折りたたんで専用の袋に収納したもの。


JR東日本 手回り品、一部抜粋

以上を確認すると、「専用の袋」という記載がありますので、自転車には輪行バッグが必須ということがわかります。ごく稀にビニール袋やごみ袋を繋ぎ合わせて、即席で輪行袋を作っている人を見かけますが、これは違反となります。

また、輪行袋に自転車を詰めていても、袋が開いて中が見えていたり、袋にしっかりと入りきっていない場合も、当然ながら列車に持ち込むことはできません。
列車の時間がないことを理由に中途半端に輪行バッグに詰めるのはやめましょう。

列車内では輪行袋に入れて、車両の前後などのスペースへ。

▲列車内では輪行袋に入れて、車両の前後などのスペースへ。



バスでは


夜行バスや長距離バス、観光地の路線バスなど、バス会社や路線によっては輪行できないケースがあります。必ず事前に利用路線が輪行に対応しているかどうかを確認しましょう。

また、利用できる路線でもバスのトランクの容量によって預かり台数に制限があったり、前輪を外すだけの輪行袋だと利用できない場合もあります。利用規定の確認も必須です。

夜行バス「ブルーライナー」の輪行規定

▲夜行バス「ブルーライナー」の輪行規定


出典:高速バス・夜行バス ブルーライナー公式サイト

乗鞍高原行きのアルピコのバス。朝一番のバスで空いており、この時はバスの座席に持ち込んでよいと言われた。普段はバスのトランクに自分で入れる。

▲乗鞍高原行きのアルピコのバス。朝一番のバスで空いており、この時はバスの座席に持ち込んでよいと言われた。普段はバスのトランクに自分で入れる。



飛行機では



飛行機輪行についても航空各社の規定があります。

鉄道やバスに比べ、預けてから積み下ろしまでに多くの人手が介在するため、万一の破損を避けるためにも、輪行「袋」ではなく、段ボールケースや専用ケースなど、より厳重な梱包方法が必要になります。
また、CO2ボンベの持ち込み制限やリチウムイオン電池の預入禁止など、飛行機独特の持ち込み規定もあります。



▲飛行機輪行用のソフトケース「シーコン エアロコンフォートプラス 輪行バック」
シーコン エアロコンフォートプラス 輪行バックをAmazonで見る



飛行機輪行の輪行ケースについてはこちらをどうぞ
→「海外輪行40回以上のスペシャリストお悩み相談(1)航空会社からオススメの輪行ケースまで

輪行のマナー


輪行に関する規定を守っていても、もう一つ大事なのが列車内や駅構内でのマナーです。満員電車の中で段ボールなどの大きな荷物を持った人に遭遇して、迷惑に思ったことはありませんか?

輪行も同じで、ほかの乗客にしてみれば大きな荷物として認識されてしまいます。ですから混みあった車内では輪行袋を極力持ち込まないことが大事です。車内マナーを考えながら輪行を楽しまなければいけません。

何台もの輪行バッグでホームを独占するのもいけません。最悪、他の乗客に接触してけがをさせてしまう可能性もあります。

先頭車両の一番前に置いた輪行袋

▲先頭車両の一番前に置いた輪行袋。ほかの乗客の邪魔にならないように、利用する車両や時間帯にも配慮したい。



列車の時間、置き場所、人の分散がポイント


快適に輪行するためには、以下の3つをおさえておきましょう。

  1. 列車の時間
  2. 置き場所
  3. 人の分散

1、列車の時間


混み合う時間帯に輪行することは避けましょう。

朝や夕方のラッシュ時や、日曜・祝日の夕方の帰省の時間帯などは、時間を外して輪行した方が無難です。

周りの人は輪行袋の中身が高価な自転車だとは思いません。ただの大きな荷物の1つです。不用意に自転車にぶつかったりされないためにも混雑する時間帯は避けましょう。

2、置き場所


輪行で1番大事なのは、自転車が安全確実に置けることです。列車が混雑して端にも置けず、人ですし詰め状態…なんて嫌ですよね。

確実に置き場所を確保するには、私は以下のようなことをしてます。

  • 始発駅や空いている路線、乗換駅を狙う
  • 先頭車両か後方車両のどちらかに持ち込む
  • 指定席が予約できる場合はできるだけ予約する(車両前後の席狙い)
  • よく知らない路線は、駅係員に人が少ない乗車位置を確認しておく

また輪行袋の置き場所は、人の迷惑にならないよう通路へは置かないようにしましょう。

最近はベビーカーや車椅子用の優先スペースを備えた車両も増えてきています。置くときはベビーカーや車椅子の方を優先に、空いていたら置かせてもらうという姿勢で利用したいものです。

3、分散


3人以上で輪行するときは、前と後ろに分かれて乗車したり、さらに人数が多いときはグループごとに乗車する列車を変えるような工夫も必要です。

ルールとマナーを守った上で輪行を楽しみましょう。

初めて輪行する人へ、ワンポイントアドバイス


ここで監修メカニックから、初めて輪行するときに忘れがちな輪行の注意ポイントをご紹介。

時間に余裕を持ちましょう


初心者ほど慣れないパッキングには時間が掛ります。電車の発車時刻ギリギリにパッキングしていると焦りますし、ミスの原因にもなります。
また自転車というのは、たとえカーボンフレームのロードバイクといえども、パッキングして肩で担ぐと意外と重いものです。
乗り換えでホームからホームの移動など、東京駅や上野駅などの大型駅だと結構疲れます。私などは山手線から新幹線の乗り換えで、移動中に休憩したことがあります(笑)
そういった時間も想定して輪行しましょう。

車輪の位置に注意


車輪は、自分の体に当たるほうに後輪を持ってこないように持つことをおすすめします。
スプロケット(後輪のギヤ)がちょうど腰のあたりに当たると痛いのです。かといって、スプロケットをフレーム側に向けるとキズの恐れがあります。

パッキング方法で選ぶ、3種類の輪行袋


列車やバスなど一般的な国内移動で利用できる輪行袋は、ナイロン素材でできているものが多く、自転車が1台収納できる大きさです。

収納方法は、前輪のみ外して輪行袋に入れる方法と、前後輪ともに外す方法の2通りがあります。

さらに前後輪ともに外す方法には、よりコンパクトになる「たて型」と小柄な方でも担ぎやすい「よこ型」があります。

▲前後輪を外してたてに置いた状態


置き場所のコンパクト性を重視するなら、
 たて型 > よこ型 > 前輪のみ外すタイプ

素早く楽に袋に入れることを重視するなら、
 前輪のみ外すタイプ > よこ型 > たて型

となります。

それぞれの詳しい特徴も次のセクションで説明していくので、自分に最適な輪行袋を選ぶようにしてください。
また輪行のスタイルでも適したタイプは違います。たとえばスタート・ゴールが一緒のときは、大きい輪行袋でも荷物を駅に預けられますが、ゴール地点が違う駅の場合は荷物を持っていかなければなりません。この場合はコンパクトで持ち運びやすい輪行袋が適していると言えます。

前輪のみ外すタイプ


前輪のみ外すタイプは初めての人や自転車の構造に詳しくない人でも扱いやすいことが特徴です。前輪を外し、ハンドルを横に90度くらい回せば、あとは袋に入れるだけなので、慣れると一番楽な輪行袋です。

ただし、袋に入れたときのサイズが一番大きくなってしまいます。前輪を外すだけ=自転車の全長より若干短くなる程度なので、物によってはサドル等を外さないと鉄道各社の縦横高さの合計250cmの規定を超えてしまう場合があります。車で運ぶときやフェリーでの移動などに使いましょう。

5年前程前の前輪のみ外すタイプ。現在はサドルなど自転車の一部が出るのはNGなので列車での使用は避けましょう。

▲現在ではNGとなる例。5年ほど前の前輪のみ外す輪行袋、現在はサドルなど自転車の一部が出ると使えない。



前後輪外す「たて型」


「たて型」は、頻繁に輪行をする人や自転車の構造に詳しい人におすすめです。リアにエンド金具が必要になりますが、何よりも前後輪を外すことでコンパクトになります。

たて型輪行袋には、リア側に「エンド金具」が必要になる

▲たて型輪行袋には、リア側に「エンド金具」が必要になる



車両の一番前などの置き場所が塞がっていたりしても、車両ドアの脇にぎりぎり置くこともできます。また、輪行バッグを畳んだ時の大きさも小さくできるので、走っているときも荷物になりにくいです。

車両ドアの脇にも何とか置けるサイズ

▲車両ドアの脇にも何とか置けるサイズ


畳んでもコンパクトなので、ボトルケージに入れたり、サドルの下に取り付けて移動ができる

▲畳んでもコンパクトなので、ボトルケージに入れたり、サドルの下に取り付けて移動ができる



前後輪外す「よこ型」


「よこ型」は、前後輪外してフレームをひっくり返すので、たて型のようにエンド金具を必要としません。たて型よりも多少置き場所はとりますが、高さが低いので、小柄な人でも持ち運びやすいという特徴があります。

よこ型は小柄な女性でも下に自転車を着くことなく持ち運ぶことができる

▲よこ型は小柄な女性でも下に自転車を着くことなく持ち運ぶことができる
画像出典:Amazon



タイプ別おすすめ輪行袋15選


それでは3種類の輪行袋についておすすめをご紹介していきます。

前輪のみ外すタイプ


外すのは前輪のみなので、手早く輪行袋に入れられます。

コンパクトリンコウバッグ クイックキャリー M




前輪を外してフレームに固定し、筒状の輪行袋を自転車に被せる手順で素早く収納できます。内側のポケットが収納ケースとして使用できるポケッタブルデザインを採用し、使用しないときはコンパクトに。対応ホイールサイズは、700C、26インチ、27.5インチです。

価格(税抜):¥5,050
カラー:グラファイト
サイズ:85×170cm
重量:305g
付属品:ショルダーベルト、シンチバンド×3

コンパクトリンコウバッグ クイックキャリー M

リンプロジェクト (rinproject) 輪行バッグ 前輪取外タイプ




前輪を取り外して収納するタイプの輪行袋で、カラフルな5色のパネルが組み合わされています。折り畳むとコンパクトになり、トップチューブやハンドルバーにぶら下げられるサイズになります。車両固定用のストラップも長短各3本が付属しています。

価格(税抜):¥8,000
カラー:レッド
サイズ:152cm(146㎝)×85cm
重量:600g
付属品:ショルダーベルト1本、固定用ストラップ6本(長3本、短3本)

リンプロジェクト (rinproject) [no.1009] 輪行バッグ レッド 前輪取外タイプ 輪行袋をAmazonで購入する

TIOGA(タイオガ) 29er




車体の大きな29インチMTBが収納できる「29erコクーン」。前輪を外してフレームに固定し、ハンドルをひねって輪行袋に収納するたけです。厚手の210デニールナイロンを採用しているため、耐久性もあります。

価格(税込):¥6,048
カラー:ブラック
サイズ:L1700×H980mm
重量:475g
付属品:固定用ストラップ4本、ショルダーストラップ、収納ポーチ

TIOGA(タイオガ) 29er コクーン BAR02900をAmazonで購入する

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 [超速FIVE]




オーストリッチの輪行袋で、前輪を外すだけのタイプです。
ロードバイクやMTBだけでなく、前後キャリアを装着状態でも収納できるのでランドナーにも対応できます。エンド金具は別売りです。

価格(税抜):¥8,200
カラー:ネイビーブルー
サイズ:1380x800x220mm
重量:600g
付属品:ショルダーベルト、中締ベルト、前輪カバー

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 [超速FIVE] ネイビーブルーをAmazonで購入する

たて型タイプ


場所をとらない「たて型」タイプ。前後輪を外してフレームと固定するタイプと、輪行袋に付属のホイールカバーに収納するタイプがあります。

サドルとリア側を立てて縦に自立させるために、「エンド金具」が必要になります。

R250 縦型軽量輪行袋




エンド金具やフレームカバー、スプロケットカバーなど、通常は別売りになるものがすべてパッケージされた縦型輪行袋です。輪行袋内部には、サドルとエンドを置く位置が一目で分かるようイラストで入っています。輪行マニュアルが付属しているのも安心です。

価格(税込):5,950円
カラー:ブルー、ブラック
サイズ:1100mm×950mm×250mm
重量:370g(本体・外袋・ストラップ・エンド金具・フレームカバー・スプロケットカバーすべて含む)
付属品:エンド金具、フレームカバー、スプロケットカバー、輪行マニュアル、ストラップ

R250(アールニーゴーマル) 縦型軽量輪行袋 ブルー フレームカバー・スプロケットカバー・輪行マニュアル付属 R25-M-RRB-100BL ブルー をAmazonで見る

OSTRICH(オーストリッチ) L-100 グリーンカモフラ-ジュ MIX 輪行袋 軽量型




オーストリッチの軽量輪行袋「L-100」の「カモフラージュ」カラー版。色はグリーンとブルーのカモフラの2種類があります。写真は輪行袋上部のみグリーンカモフラ柄で下部はブラックのMIXタイプ。他にも輪行袋全部がカモフラ柄のALLもあります。エンド金具が別途必要になります。

価格(税抜):Mix 6,800円、ALL 7,800円
カラー:グリーンカモフラージュ、ブルーカモフラージュ
サイズ:1100mm×950mm×250mm
重量:235g(付属品含まず)
付属品:ショルダーベルト、ワンタッチバックル中締ベルト


▲ブルーカモフラ-ジュ ALL
オーストリッチ L-100 グリーンカモフラ-ジュ MIX 輪行袋 軽量型 ワンタッチバックルをAmazonで購入する
オーストリッチ L-100 ブルーカモフラ-ジュ MIX 輪行袋 軽量型 ワンタッチバックルをAmazonで購入する

OSTRICH(オーストリッチ) SL-100 輪行袋




レオナ W リップ 66ナイロンを使用したオーストリッチ史上、最軽量の輪行袋です。ボトルケージや大きめのサドルバックにも入るサイズになります。エンド金具が別途必要になります。

価格(税抜):¥8,200
カラー:ブラック
サイズ:1100mm×950mm×250mm
重量:200g(付属品含まず)
付属品:ショルダーベルト、中締ベルト

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 [SL-100] をAmazonで購入する

OSTRICH(オーストリッチ) ロード520




ホイールを入れられる専用のポケットが付いているので、フレームとホイールをストラップで固定する必要がありません。ホイールはポケットに入れるのでフレームに傷がつくのを防ぐことができます。重量はありますが、その分生地が厚く丈夫です。長距離の輪行や大切な自転車を傷つけたくないときに。

価格(税抜):¥9,720
カラー:ブラック、ロイヤルブルー
サイズ:1070mm×830mm×200mm
重量:820g(付属品含まず)
付属品:エンド金具(リア用)、ショルダーベルト、中締ベルト、フレームカバー小

OSTRICH(オーストリッチ) ロード520輪行袋をAmazonで購入する

TIOGA (タイオガ) フレックス ポッド




前後輪を外して固定した自転車に輪行袋をかぶせ、自転車を立ててジッパーを引き上げる3ステップで収納できる輪行袋です。素材は軽量な70 デニール ナイロン (撥水加工)と伸縮性のあるストレッチナイロンを使用し、スムーズに収納できるようになっています。リアエンドホルダー、フォークホルダーは別売りです。

価格(税抜):¥5,200
カラー:ブラック / ダーク グレー、ブラック / レッド、ブラック / グリーン
サイズ:L900 x H1,300mm
重量:270g
付属品:固定用ストラップ 3本、ブレーキレバー固定用ストラップ 2本、ショルダー ストラップ、収納ポーチ

画像出典:TIOGA

画像出典:TIOGA


TIOGA【タイオガ】 Flex Pod【フレックスポッド】 輪行袋をAmazonで購入する

リンプロジェクト no. 1011 前後輪行バッグ




3色のカラフルな色使いが目を惹くリンプロジェクトの前後輪を外すタイプの輪行バッグです。素材は丈夫な210デニールのナイロンを使用し、収納袋にはリフレクターを装備しています。エンド金具は別途必要になります。

価格(税抜):¥6,000
カラー:ブラック、レッド、ブルー、グリーン、ピンク
サイズ:横115cm×縦84cm×厚22cm
重量:535g
付属品:ショルダーベルト、固定用ストラップ4本(長3本、短1本)、収納袋(リフレクター付き)

リンプロジェクト (rinproject) [no.1011] 前後輪行バッグ ピンク 前後輪取外タイプ 輪行袋をAmazonで購入する

よこ型タイプ


前後輪を外し、サドルとハンドルが下になるよう自転車を逆さまにするため、エンド金具を必要としません。置き場所はとりますが、持ち上げた時の高さが低く運びやすいです。

grunge(グランジ) キャリー ライト 輪行袋





女性サイクリストが考案したという「グランジ キャリー」の軽量バージョンです。フレームを逆さまにして、前後のホイールを外して入れるだけです。輪行袋に余分なスペースをなくしてフレームとホイールを固定する作りなので、フレームサイズ520mm以下のロードレーサー専用です。肩紐は長さの調整が可能です。ホイールバッグは付属しないので、傷が心配な方は、別売りのグランジ純正ホイールバッグのご使用をおすすめします。

価格(税抜):¥7,800
カラー:ライトブルー
サイズ:700x1000x200mm
重量:400g
付属品:なし

grunge(グランジ) キャリー ライト 輪行袋 ライトブルーをAmazonで購入する

grunge(グランジ) オーキャリー 輪行袋





「大きいキャリーを」という要望に応え、「オーストリッチ」とコラボしてできた男性や大きい人向けのキャリーです。前後のホイールを外して、本体と一体化したホイールカバーに入れ、フレームを逆さまにして入れるだけです。別売りのエンド金具を使用すれば、縦型輪行袋としても使用可能で、設置スペースを小さくすることもできます。

価格(税抜):¥9,800
カラー:ブラック
サイズ:1180x870x180mm
重量:505g
付属品:固定ストラップ、ショルダーストラップ×2本

キャリーと同じように横型に使用可能

▲キャリーと同じように横型に使用可能


別売りのエンド金具を使用すれば、場所をとらない縦型としても使用可能

▲別売りのエンド金具を使用すれば、場所をとらない縦型としても使用可能


画像出典:Amazon
B-Weaver(ビーウェバー) B-W オーキャリー(OxCarry) BK ブラックをAmazonで購入する

mont-bell コンパクトリンコウバッグ





自転車を逆さまにして前後輪を外し、付属のシンチバンドでフレームに固定した後、筒状のシートを固定した自転車にかぶせて、袋の裾を絞るだけのシンプル構造です。内側のポケットが収納ケースとして使用できます。26~29インチに対応。

価格(税抜):¥4,850
カラー:グラファイト
サイズ:100×140cm
重量:297g
付属品:ショルダーベルト、シンチバンド×3

mont-bell コンパクトリンコウバッグ をAmazonで見る

POCKET IN




標準的なサイズのロードバイク(560mm)まで収納可能な輪行袋です。軽量が重視された設計で、約200gという超軽量仕様に仕上がりました。収納サイズも小さく、持ち歩きに便利です。

価格(税抜):¥6,000
カラー:ブラック
サイズ:1350mm×950mm(最大)
重量:200g
付属品:肩掛けベルト×1、固定用結束バンド×3

Pocket in(ポケットイン) 超軽量輪行袋 PI-1 撥水加工ナイロン 輪行袋(ロードバイク用) R062をAmazonで購入する

マルト(MARUTO) 輪行袋 ツアーバッグSMART





前後輪を外しフレームに固定するときは、付属のゴム製のフックを掛けて簡単・スピーディに作業できます。カバーを上からかける方式なので、地面に広げる必要はありません。また、ショルダーベルトの取り出し口にはギヤカバーがあり、手が汚れないような工夫がされています。

価格(税込):¥7,128
カラー:ブラック
サイズ:幅1000x高さ1300mm
重量:235g(収納袋、付属品含まず)
付属品:ショルダーベルト、車輪固定フックx3本、チェーンカバー、取り扱い説明書


マルト(MARUTO) 輪行袋・日本製 ツアーバッグSMART ブラックをAmazonで購入する

輪行袋にプラスしたいおすすめアイテム


輪行に必要なのは輪行袋だけではありません。輪行袋に付属していないけど必要になるものから、あるとちょっと便利なものまでご紹介します。

7つの便利アイテム


OSTRICH(オーストリッチ) フレームカバーC 4枚セット




オーストリッチ フレームカバーC 4枚セット
フレームとホイールを固定する際の傷を防止するためにフレームに巻きます。

価格(税抜):¥1,500
カラー:ブラック、グレー、ロイヤルブルー
サイズ:220×200mm

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行アクセサリー [フレームカバーC] 4枚セット ブラックをAmazonで購入する

OSTRICH(オーストリッチ) エンド金具 [リア用] エンド幅130mm ロード向け





たて型輪行する際に必要なリア用のエンド金具です。輪行袋とはほとんどの場合別売りになっています。130mm、135mm、142mmのエンド幅があるので、自分のロードバイクのエンド幅にあったものを選びましょう。

価格(税抜):¥1,680
サイズ:エンド幅:130mm、ディレイラー固定位置高さ95mm/110mm

OSTRICH(オーストリッチ) エンド金具 [リア用] エンド幅130mm ロード向け 110mm対応をAmazonで購入する

TIOGA(タイオガ) リアエンドホルダー2




ディスクロードなどに使用されるスルーアクスルに対応したリアエンドホルダーです。φ5mmクイックレリーズ用アダプターとφ12mmスルーアクスル用アダプターが付属し、各アダプターのねじ込み量を調節することで、リアエンド幅130mm/135mm/142mmに対応できます。

価格(税込):¥2,808
付属品:クイックレリーズ用アダプター2個、スルーアクスル用アダプター2個、チェーンテンショナー

タイオガ リアエンドホルダー2 タイオガ リアエンドホルダー2をAmazonで購入する

OSTRICH(オーストリッチ) ディスクブレーキローターカバー



OSTRICH(オーストリッチ) ディスクブレーキローターカバー
輪行時にディスクブレーキローターをカバーし、保護します。

価格(税込):¥1,296
対応ディスク径:6・8インチ

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行アクセサリー [ディスクブレーキローターカバー]をAmazonで購入する

マルト(MARUTO) スプロケット&ディスクブレーキローターカバー RS-S570 シルバー



マルト(MARUTO) スプロケット&ディスクブレーキローターカバー RS-S570 シルバー
裏地にパイル地を使用したカバーです。ロード、MTBのスプロケット(最大34T)や、ブレーキローター(最大203mm)に対応。ギアやローターをカバーすることで損傷を防ぎ、ローターの汚れを防ぎます。

価格(税込):¥616
サイズ:(径)165mm

マルト(MARUTO) スプロケット&ディスクブレーキローターカバー RS-S570 シルバーをAmazonで購入する

マルト(MARUTO) チェーンカバー RS-C750 シルバー




輪行中にチェーンを覆い、タイヤやリム、輪行袋をチェーン油の汚れから守ります。

価格(税込):¥812
サイズ:高さ235×長さ680mm(最大時)

マルト(MARUTO) チェーンカバー RS-C750 シルバーをAmazonで購入する

BBB スルーグリップ BTL-123 ディスクブレーキ用パッドスペーサー




ディスクブレーキバイクのホイールを外した際に、ブレーキパッドを広げておくためのピストンパッドと、ホイールを外した際のチェーンを受け止めるホルダーです。
ピストンパッドに取り付けられたOリングをひっかけて使用できるので、ほとんどすべてのブレーキシステムでズレずに適切に保持しておくことができます。

価格(税込):¥1,512

BBB スルーグリップ BTL-123 ディスクブレーキ用パッドスペーサーをAmazonで購入する

輪行袋の使い方(動画&画像つき)


では実際にどのように輪行袋を使うのか、動画で確認したい方はこちらをご覧ください。



画像つきの記事はこちらから
→「けんたさんが輪行マイスターに聞く!「完璧な輪行のやり方」そのポイント

写真つき解説!「たて型」輪行袋の使い方


同じ「たて型」輪行袋でもホイールを中仕切りに収めるオーストリッチのロード520輪行袋の場合は、以下のような手順になり、ホイールとフレームを固定する必要がありません。

  1. 車体を上下逆さまにする
    車体を上下逆さまにする
    車体を逆さまにする前に、ハンドル部分に取り付けているライトやサイクルコンピューターは取り外しておきましょう。

  2. 前後輪を外し、エンド金具を装着する
    フロントのエンド金具は任意で必ずしも必要ではありませんが、万全を期したいときには装着したほうが安心です。
    前後輪を外し、エンド金具を装着する。
    リアのエンド金具はチェーンが暴れないように、チェーンを引っかけて取り付けます。
    リアのエンド金具はチェーンが暴れないように、チェーンを引っかけて取り付けます。また、ロード520輪行袋は、購入時に前後のエンド金具が付属してきます。

  3. チェーンカバーを取り付ける
    チェーンカバーを取り付ける

  4. サドルとリアエンド金具が真下に来るように車体を立てる
    サドルとリアエンド金具が真下に来るように車体を立てる
    前後輪の金具とチェーンカバーの装着が終わったら、サドルとリアエンド金具が真下に来るように、車体を90度に立てます。こうすると車体が安定します。その際、ハンドルは右に切っておきます。

  5. 輪行袋のファスナーを全開にして、収納する位置を確認する
    輪行袋のファスナーを全開にして、収納する位置を確認する。
    オーストリッチの輪行バッグはサドルとリアエンド部分を置く場所がわかりやすく記されています。

  6. サドル位置、リアエンド位置に合わせ、サイドのポケットに前後輪を収納する
    サドル位置、リアエンド位置に合わせ、サイドのポケットに前後輪を収納する
    サドル位置、リアエンド位置が表示されているところに、先程立てた車体を乗せます。そのご両サイドにホイールを収納する大きなポケットがあるので、両輪を入れていきます。

    ロード520輪行袋は中の自転車を守るためにホイールとフレームを別に収納できます。これにより輪行袋内で部品同士が傷つくことを防ぐ効果があります。

  7. ストラップをBB部分とハンドルに巻き付ける
    ストラップをBB部分とハンドルに巻き付ける
    付属するストラップをBB周りに引っ掛けて、もう一方をハンドルに巻き付けます。

  8. 完成

完成

ディスクブレーキロードバイクの輪行3か条


最近はディスクブレーキのロードバイクが増えてきました。輪行手順はほとんど同じですが、ディスクブレーキならではの注意点をご紹介します。

  1. エンド工具はスルーアクスル専用
    スルーアクスルはメーカーやモデルによっても異なるので、対応できるものを選びましょう。

  2. ブレーキローターの取扱いに注意
    ブレーキローターがゆがんだりしないよう、輪行作業中はホイールが倒れないようにするなどホイールの取扱いには注意しましょう。また、カバーなどで保護しておきましょう。
  3. ブレーキパッドにはスペーサーを挟む
    油圧ディスクブレーキの場合、構造上ブレーキローターがない状態でブレーキレバーが握られると、パッドが出てしまい戻らなくなるので、スペーサーを挟み込んでおきましょう。

おわりに


自転車の楽しみ方はたくさんあります。輪行もそのひとつ。最近サイクリングで行く場所がパターン化してきた……自宅から行けるスポットは制覇したかも……そんな人は輪行で新たな境地を切り開いてみては。
サイクルショップでは定期的に輪行講習が開催されています。動画やサイトの説明だけで不安な場合は、利用してみるとよいでしょう。

Second Edition by Neko Chigura

監修:サイクルアシスト オオバ 大場忠徳

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!