白いロードバイク、かっこいいけど扱いづらい…?

こんにちは、FRAME編集部です。

真っ白フレームのロードバイクっておしゃれでかっこいいですよね!

今回はそんな白いフレームのロードバイクを買った方のお悩みの記事を紹介します。
ロードバイク購入の際の参考にしてみてください。

以降はロードバイクってこんなに楽しい!の許可を得て編集・転載した内容です。

自分が好きで買った今の白フレームのロードバイクなのですが、
白ゆえのお悩みがあるので簡単にご紹介したいと思います。

①傷、汚れがすごく目立つ。
車でも同じですが、フレームが白いと傷、汚れがすごく目立ちます。
特に、雨上がりに走ったときは目も当てられません。

あとオイルがつくと、しっかり拭き取らないと伸びてしまい余計に汚く見えます。こればかりは白いフレームを買った宿命ですね(笑)

メンテする癖がつくので逆にいいのかもしれませんが・・・。

②コーディネートが難しい。
これは単に自分にセンスがないだけなのですが・・・。

以前、色を足したくてバーテープを明るめの色に変えてみたのですがこれは大失敗でした(笑)
あまりにもひどいので2~3週間で交換しました。

変えるとしても濃い目の青、もしくはツールボトル・ホイールのワンポイントカラーに合わせた赤が丁度いい気がしてます。

カラータイヤとかも密かに憧れているのですが、白黒フレームに合うカラータイヤが思い浮かびません。
つけたとしても自転車から浮きそう&くどくなりそうで、なかなか踏み出せません。

こんな感じなので新しいパーツを買おうと思っても、色はいつも白or黒になってしまいます(笑)

なにかいいコーディネートがあればコメントなどで教えていただけたら嬉しいです!

白いフレームの方は少しでも共感していただけませんかね?(笑)

・転載元記事
白いフレームゆえのお悩みロードバイクってこんなに楽しい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事