au損保、新潟県とも自転車の安全対策に関する協定締結

新潟県とau損保は「自転車の交通安全対策推進のための連携・協力に関する協定」を2017年1月30日締結した。新潟県が自転車の交通安全対策に関して協定締結は今回が初の試み。

県内の自転車利用者の安全意識の向上による自転車事故の削減に取組む

au損保は新潟県での自転車保険販売に応じた収益の一部寄付を開始するとともに、自転車安全利用を促すチラシ等の各種啓発ツールを提供し、自転車の交通安全対策を新潟県と共に推進し、安全で安心な県民生活の実現に向けて取り組む。

現時点で、新潟県では自転車保険義務化の予定はない。

au損保は大阪府、埼玉県、東京都に続き4自治体目の寄付つき自転車保険に

これまで大阪府、埼玉県、東京都と「自転車の安全利用に向けた協定」を締結してきたau損保。各自治体在住の自転車保険契約に応じて、ヘルメット着用普及などの為に寄付を実施している。また、自転車安全利用啓発ツールを提供し、自転車事故削減に取り組んできている。

自治体からの要望があれば、今後もau損保は随時同様の取り組みを展開していく予定。

米山新潟県知事の愛車はクロスバイク

新潟・魚沼で行われているヒルクライムイベントをご存知だろうか?

今年で14回目の開催を迎え、新潟県の米山知事出身の村で開催されているヒルクライムイベントが”枝折峠(しおりとうげ)ヒルクライム”である。

米山知事はヒルクライムにチャレンジし、街乗りでも乗れるようにとスペシャライズドのクロスバイクに乗っている。「1時間くらいなら私にはちょうどいい」と語るこのヒルクライムは、女性の参加者も非常に多いイベントだそうだ。地元のみなさんからは「今年ぜひ来いといわれている」とのこと。

自転車の安心安全に向けた取り組みを加速させるとともに、県内での自転車イベントもさらに盛り上がりそうだ。

au損保の自転車保険

青木孝哲

WRITTEN BY青木孝哲

「マサルでも分かる自転車保険」運営元、株式会社自転車創業の青木(アオキ)です。DAHONの折りたたみ自転車で通勤してます。

他の記事も読む

関連記事