KUOTA(クオータ)の魅力 - イタリアンデザインとカーボン技術

こんにちはサイクルメカニックの石橋です。今回は、イタリアのロードバイクブランド、KUOTA(クオータ)をご紹介します。KUOTAとはどんなブランドで、どんな自転車を発売しているのか丁寧に解説します。

カーボン素材にいち早く注目

KUOTAは1992年、イタリアのミラノ郊外でフロントフォークを製造するために創業した会社(シンテマ社)が前身となっています。創業当初はスチール素材の製品を手がけていましたが、1990年代中ごろから、重量が軽く振動吸収性に優れるカーボン製フロントフォークの生産を開始。

同社はロ-ドバイクにカーボンが多用されることを予測し、カーボンフォークの生産にいち早くシフトし、イタリア内外の自転車メーカーにOEM生産(他社ブランド名義の製品を製造をすること、受託生産)で技術力を磨いてきました。

その磨かれたカーボン技術を駆使し、フレーム製造に着手します。当時アルミフレームが全盛の時代の中で、2001年KUOTAはミラノで2年に1度行われる自転車ショー、ミラノショーにカーボンフレーム「KSANO(クザーノ)」を発表し、ロードバイクブランドとしてのスタートを切ったのです。

レースシーンから学ぶことが不可欠

KUOTAの今に至るまでの道のりは、爆発的な人気を博してきたというよりは、徐々にロードバイクユーザーに認知され、受け入れられてきた印象が強い。しかしながら、すでに世界的なトップブランドとして認知されています。

その理由は優れた技術力と洗練されたデザイン性、そしてレーシングバイクとしての性能を追求するために情熱を持ち続けて開発を進めているためです。
KUOTAの考え方として、高性能なロードバイクを常に追い求めていくために、レースで培った技術を非常に大事にしています。実際に手にするユーザーがたとえレースのためとして選んでいなくてもスピード感、軽さ、快適さ、デザイン性の満足感を得てもらうために、レースシーンから学ぶことが不可欠だと考えています。

KUOTAは歴史こそ浅いものの、トップグレードからエントリーモデルまで、それぞれに合わせた性能が与えられています。レースからのフィードバックによって性能を高めながら、実際に所有するユーザーも喜びを感じられる造形美も与えられているのです。

多くの老舗自転車ブランドが存在するイタリアの中でもKUOTAは、2001年に2年に一度、イタリア・ミラノで開催される自転車の展示会であるミラノショーにおいて発表されたのを起源とする比較的新しいブランドです。

しかしながら、すでに世界的なトップブランドとして認知されています。その理由は優れた技術力と洗練されたデザイン性、そしてレーシングバイクとしての性能を追求するために情熱を持ち続けて開発を進めているためです。

歴史こそ浅いものの、トップグレードからエントリーモデルまで、それぞれに合わせた性能が与えられたラインナップは、走行時の満足度はもちろんのこと、所有することの喜びも感じられる造形美が与えられています。

ちなみに自転車部を舞台にした人気漫画弱虫ペダルでは、箱根学園のキャラクター黒田雪成さんがKUOTAに乗っています。

カーボンの特性、技術を生かしたデザイン

KUOTAが得意とするのが、カーボン素材の特性を知りつくしデザインされるシルエットです。フラッグシップのKHANから、クライマーのためのKOM、エンデュランス向けのK-UNO、そしてトライアスロンのためのエアロダイナミクス性能を誇るKT05など、カーボン素材の自由度を生かして最適な形状へとデザインされています。

またこれらのモデルに共通するのが、シルエットだけでKUOTAとわかることです。それぞれに最適な形状を与えながらも、KUOTAであることを主張する美しいデザインがあります。

競合する他社と同様に、レースの現場からのフィードバックを重視するのもKUOTAの特徴です。これまでにツール・ド・フランスをはじめとしたヨーロッパの主要レースを走るプロチームにバイクを供給し、そこで培った技術を製品へとフィードバックしてきました。

KUOTA 2017年モデル

では、ここからKUOTAの2017年モデルをご紹介していきましょう。

KUOTAの新たなイノベーションが息衝く、ハイエンドモデル KAHN(カーン)

KHAN (カーン)
フレームセット参考価格:税別¥350,000円
カラー:ブラック、プロチームエディション 2カラー
サイズ:XXS(435)、XS(449.6)、S(468.7)、M(497)、L(516.3) C-T
重量:フレーム 805g、フロントフォーク 340g

KUOTAのフラッグシップモデルとして君臨するのがKHAN(カーン)です。もともと「KHAN」という名はKUOTA社が創業間もない、2003年から2005年までの3年間に渡り同社の旗艦モデルとしてラインナップされていたモデルです。

当時はロードフレームの素材はアルミやクロモリ等の金属が大半を占める時代。そんな中、先代「KHAN」はカーボンの素材としてのポテンシャルを活かし、なだらか湾曲や三角断面を多用することで、研ぎ澄まされた肢体の様な造形と、滑らかな走りで人々を魅了しました。

新生「KHAN」も先代同様、素材を活かす設計されています。最大の話題は高弾性なカーボンを素材として採用したこと。特にフロントフォークやシートステーが幅広に設計されており振動吸収性とレスポンスの良い走りを生み出しています。

マルチパフォーマンスバイクが更に進化 KRYON(クレヨン)

KRYON(クレヨン)
シマノULTEGRA完成車 参考価格:税別319,000円
シマノ105完成車 参考価格:税別265,000円
カラー:ブラックオンブラック、グレー×グリーン、ダークグレー、ホワイト×レッド、ホワイト×ピンク(XXS、XSのみ) 5カラー
サイズ:XXS(398)、XS(442)、S(472)、M(500.3)、L(517) C-T
重量:フレーム 1,070g、フロントフォーク 480g

「KRYON」は、レースからロングライドまで用途を選ばずに高性能を発揮する「KHARMA EVO」の後継モデルです。 シートステーは薄く、幅広い形状に変更され、より滑らかな走りを実現させました。高いコストパフォーマンスはもちろん、 XXSサイズからのラインナップで、小柄な女性に対応するのも特徴です。

「エントリーモデルに求められるモノは何か?」に対するKUOTAの回答

KOBALT(コバルト)
シマノ105完成車 参考価格:税別228,000円
シマノTiagra完成車 参考価格:税別199,800円
カラー:ブラック×レッド、ブラック×グリーン、ブラック×ホワイト、グレー×レッド、グレー×ブルー、グレー×イエロー、ホワイト×ブラック 7カラー
サイズ:XXS(407)、XS(437)、S(469)、M(503)、L(522) C-T
重量:フレーム 1,090g、フロントフォーク 470g

KUOTAのエントリーモデルが「KOBALT」です。 一見オーソドックスなフレーム形状は、クセの無い、素直な走行感が持ち味です。リアブレーキワイヤー、シフトワイヤーが内蔵になり、スッキリとした見た目になり、購入後のアップデートがしやすいよう、シマノの電動コンポーネントDi2に対応できるモデルになりました。

また、他社で有りがちな価格のバランスを整えるために、一部でグレードダウンしたコンポーネントをミックスすることがあるのですが、KOBALTは全てコンポーネントを統一させ機能性を優先にしています。 乗る人を選ばず、初めてのロードバイクに最適な1台です。

最後に

今回はイタリアンブランド、KUOTAの2017年のラインナップを厳選してご紹介しました。気になるモデルは見つかりましたか?イタリアは歴史あるブランドばかりではなく、KUOTAのような近年のカーボン技術の向上によって生まれた比較的新しいブランドも存在しています。ますます自転車選びが楽しくなりそうですね。

LINK:Intermax

VIKING the MAINTENANCE

WRITTEN BYVIKING the MAINTENANCE

都内のプロショップに10年間在籍後、2015年VIKING the MAINTENANCE を設立。東京・西新宿を拠点にスポーク自転車の組付け、カスタマイズ、メンテナンスを軸に展開中。年2回富士山麓でサイクルイベントも企画中。

他の記事も読む

関連記事