SACRA 4G-50 フルカーボンホイール リリース

目指したのは最高のエアロカーボンホイール! コンピュータ空力解析により最高のエアロ性能を実現しました。ホイールに当たる風の大半は0~7.5°!前方はもちろん横風にも抵抗が低い設計としました!SACRAホイールは50mmハイトリムなのに横風にあおられません!エアロ性能は大手メーカーさえも凌駕します!

製造は大手フレームメーカーゆかりの工場で行い、熟練した職人によるカーボン成型は非のうちどころが無いほど完璧な美しい仕上がりです。ブレーキ面には900℃の高温に耐えるガラス繊維を用いることで耐熱性と耐磨耗性を向上させています。

さらに東レ製カーボンを用い、最も高い180℃のTG(ガラス転移点)の樹脂を用いました。これにより耐熱・耐摩耗性が限界まで向上しノーマルブレーキシューもご使用頂けます!強度・剛性も極めて高く24mmリムの7倍にも達します。そのため150kgfのスポークテンションさえも軽く耐えます。さらにリアはオフセットリムとしてテンションバランスを向上させました。

組立ては全て国内で行いスポークテンションの調整はリアルタイムFFTによりスポークの振動数からスポークテンションを測定!従来のスポークテンションメーターを遥かに超える超高精度組み立てを実現しました!※詳しくはSACRA-Cycling webサイトのコラムをご覧下さい!

㈱チクロスポルティーバ 代表:阿部良之さんによるインプレッション

マペイ・スキルシマノに所属されていた阿部良之さんにインプレして頂きました。 全日本選手権・ジャパンカップ優勝、ヨーロッパ最強と言われたマペイでの活躍、日本を代表するライダーです。

乗り始めて三回曲がる。気付いた点は標榜する横風抵抗の少なさだった。平坦なクリテリウムを模したコースの一周のうち、大きく車輪が振られることが少ないというのは非常に良いポイントとなる。雨上がりの街路でコーナーをガンガンに攻めていたわけではないので超高速か?といえばそこまで無理をした走りではないが、冬の近づく季節で風もそこそこ吹いているのだ。その条件で50ミリハイトのリムにしてこの横風抵抗の少なさは特筆モノだ。

今回使用した機材はTOYOフレームのHYBRID ROADだが、その剛性も相まって非常にソリッド感の高い乗り味だった。シッティングの際の縦剛性は申し分ないということだ。試しに横剛性も確認しようとダンシング&スプリントを繰り返してみたが、ここでも良い手応えが得られた。

価格は136,000円(税込)と非常にリーズナブルだ。クリテリウムやロードレースでの使用、あるいは落車の多いロードレースの機材にそこまでお金はかけられないという方々には朗報だ。またもし落車等で破損した場合でも特殊な部品は使用されていないので、リプレイスパーツを購入し信頼できるいつもの店での修理が可能だ。
技術面でまだ不安のあるライダーや、オールマイティに自転車に乗りカーボンリムホイールを気兼ねなく使ってみたい方にオススメのアイテムだ。

Cyclepoint O-VEST西谷店長によるインプレッション

ジャパンカップオープンレース優勝、プロを抑えて実業団小川村優勝されている関東最強の店長です。

ここ数年で急激に進化したディープホイール。カーボンホイールも急激にノウハウが進化している。走りも勿論。そんな中でもかなり最先端なディープ形状のホイール。50mmハイト。最近少なくなりましたね、50mm。幅は25mmワイド幅。マビックなどと同じ幅。今時としては普通の幅となってしまっています。でもブレーキキャリパーに影響を与えないギリギリのような気がします。このリムは25mm幅から真ん中にかけてさらに膨らんでMAX幅27mm。空力的なアドバンテージを更に広げます。そして端は丸く造形しています。各社最近はこうなっていてこれが一番空力的に理想だそうです。

更に更に後輪はオフセットリム。後輪のポテンシャルを上げています。このスーパーなリムを使ったホイールは興味津々。乗ってみた!!カーボンワイドリムは乗った瞬間に違いが分かる。こんなに良いのかと・・このホイールはロス感が全く無い。綺麗に力が伝わる。面白いのでついつい踏んでしまう。でも一番驚いたのがフリの違和感の無さ。ディープホイールってダンシングの振りやコーナーの切り返しがどん臭くて嫌。普段乗りで楽しいホイールでは無かった。個人的にどうしても足としてのホイールはロープロが好きでした。が・・これ全く違和感がない。横風に強い構造とは聞いていたがまさかこんな所も違うとは。

40kmを越えた巡航速度になると風が抜ける。ロープロは絶えず踏んで行く感じになるがこれは合わせる感じで踏むだけでスピード維持し易い。これで練習していて良いのか?とまで思ってしまう。上りは剛性のある重めのホイールと言った感じ。踏めば走るがアドバンテージはあまり感じない。(1550gはありますからね)個人的にはここは求めて無いですが。

ブレーキはノーマルブレーキシューでも問題が無い強度があるらしい。なのでノーマルでとりあえず。カーボンホイールのブレーキングだけはどうも好きでなはい。ガツッと行けない感じ。ちょっとシューのマッチングも試してみよう。ポテンシャルが高いです。このタイヤとのツライチ感がいかにも速そう。普段から乗りたくなるホイールですね。

Bicicllet SHIDO 中尾店長によるインプレッション

ツールド北海道優勝、ツールド宮古島優勝、ツールド沖縄で毎年上位にランクイン(本年6位入賞!)されているトップライダーです。

昨年まで、シマノ技術者としてホイール開発に携わっていた田中さんが 独立して立ち上げたメーカー 。 スーパーワイドリム愛好家として、開発中から興味を示していましたが、インプレする機会がきた!!

50mmハイトのクリンチャーなので、重量は1500gちょいありますが、丘くらいでしたら逆に気持ちいいくらいです。 横風に強い設計で、確かに煽られるというより推進力に変わる感じで速い・・・ スーパーワイドリムの剛性感にハマっていて(特にフロント)、クリンチャーならいつでも使えるので、使い勝手が良さそう!! 最大リム幅27mmです。 修善寺なら、決戦ホイールCLX32(スーパーワイドリム)選ぶのは間違いないけど。コスパを考えれば、練習にも使えて十分満足できそう。

1番気にしてた横剛性が気に入るレベルまで到達してたので、その場で注文! 価格は、136,000円(税込) 在庫を少なくすることで、価格を抑えられてますので、お早めに注文して下さい。 楽しく練習できるホイールとしては、間違いない位置づけですので、かなりオススメです。 沖縄店の開店に間に合うようにしてますので、ご期待してて下さい!!  東京店でも取り扱いあります。

ラインナップ

ホイールセット

4G-50-CL フルカーボンクリンチャーホイールセット
ホイールセット重量:1545g±50g
1セット 定価:136000円

4G-50-TU フルカーボンチューブラーホイールセット
ホイールセット重量:1385g±50g
1セット 定価:132000円

リム単体

4G-50-CL-F フルカーボンクリンチャーフロントリム 16・18・20・24H
リム重量:490g±15g 1本 定価:49800円

4G-50-CL-R フルカーボンクリンチャーリアリム 20・24・28H
リム重量:490g±15g 1本 定価:49800円

4G-50-TU-F フルカーボンチューブラーフロントリム 16・18・20・24H
リム重量:410g±15g 1本 47800円

4G-50-TU-F フルカーボンチューブラーリアリム 20・24・28H
リム重量:410g±15g 1本 定価:47800円
全て税込み
※リアリムはオフセットリムになります。
ブレーキ面幅全て25mm、最大リム幅27mm。

お支払い方法は銀行振り込みとなります。

ペイントについて


デカールでなく洗浄に強いペイント仕上げです。値段同じでカラーオーダー可能です。

製造者:SACRA-Cycling

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事