伊豆市で自転車まちづくりシンポジウムが開催

伊豆市では、自転車を活かしたまちづくりや地域活性化をめざし、「自転車を活用したまちづくりの可能性」をテーマに、伊豆市自転車まちづくりシンポジウムを開催する。

詳細

【開催日時】平成29年3月19日(日) 13:00開場

【開催開場】伊豆市民文化ホール
〒410-2413 静岡県伊豆市小立野66-1(伊豆市役所のすぐ隣)


【基調講演】13:35~14:15
演題:「自転車がつなぐ人と街」
講師:千葉 学 氏 (建築家 東京大学大学院教授)

【基調講演】14:15~14:45
演題:「サイクリングパラダイス愛媛の実現に向けて」
講師:坂本 大蔵 氏 (愛媛県自転車新文化推進室長)

【パネルディスカッション】15:00~16:10
「オリンピック・パラリンピックその先へ
~伊豆市における自転車を活用したまちづくりの可能性~」
出演者:益子 直美 氏 (タレント・スポーツキャスター、淑徳大学バレーボール部監督)
千葉 学  氏 (建築家 東京大学大学院教授)
後藤 順一 氏 (NPO法人ステキな・ごえん理事長)
菊地 豊  氏 (伊豆市長)

出演者 プロフィール

タレント・スポーツキャスター・ 淑徳大学バレーボール部監督 益子 直美


高校3 年よりバレーボール日本代表選手として世界選手権、ワールドカップなどに出場。その後、イトーヨーカドーに入社し実業団で活躍。1990 年には同社の日本リーグ初優勝にエースとして貢献した。
1991年に現役引退後は、イトーヨーカドーアシスタントコーチを1年間務めた後に退社。その後、タレント、スポーツキャスターに転身。
2015 年には淑徳大学女子バレー部監督に就任。趣味はロードバイクでプロロードレーサーである夫とサイクルショップの経営をしながら子ども向けに自転車の乗り方を教える活動を行っている。

建築家・東京大学大学院教授 千葉 学


1985 年東京大学建築学科卒業、87年同大学院修士課程修了。01年千葉学建築計画事務所設立。13年東京大学大学院教授。
主な作品に「日本盲導犬総合センター」(日本建築学会賞)「大多喜町役場」(ユネスコ文化遺産保全のためのアジア太平洋遺産賞功績賞)「工学院大学125周年記念総合教育棟」(村野藤吾賞)。著書に『rule of the site- そこにしかない形式』『人の集まり方をデザインする』など。小学生のころより自転車に夢中で、現在もレースに出場しているほか、自転車に関わる数々のイベントを企画している。

愛媛県 自転車新文化推進室 室長 坂本 大蔵


愛媛県伊予市生まれ。愛媛大学法文学部法学科卒業。瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会の実行委員会事業課長としてプレ大会、2 0 1 4 年大会を担当し、2015年4月から現職に就任。
自転車歴24年。2012年に台湾一周900㎞を完走するほか、石鎚山ヒルクライム大会競技委員長を務める。

NPOステキな・ごえん 理事長 後藤 順一


まちづくり、アクティビティー企画・運営。伊豆半島ジオガイド・修禅寺坐禅指導員として、伊豆の歴史、生活文化を研究。電動アシスト自転車を使った新しい伊豆の楽しみ方のプログラム開発。

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事