けんたさんが教える、あまり知られていないが持っていると便利な自転車グッズ10選

こんにちは、youtubeで自転車に関連する動画を上げているけんたさんです。

自転車用品っていろいろなものがあります。ヘルメットやライト、カギや工具など鉄板なものから超ニッチなものまで。
いろいろ調べたり見たりするだけでも楽しいですが、今回は僕が実際使ってきたもので、これは便利だな、と思ったものを紹介していきたいと思います。

チェーンフィキサー

伸びてしまったチェーンを短くしたりするときあると便利なチェーンフック

バイクハンド チェーンフィキサ―

一度外したチェーンにひっかけるだけで、しっかりと両端をキープしてくれます。
意外に小賢しい(笑)チェーンですが、これでしっかりひっかけてやれば短くしたチェーンを引っ張ってつける手間が省け、短くしたチェーンを楽に取り付けることができます。

あるとチェーンをいじる時、かなり便利ですよ!

CO2ボンベ

パンク修理なのにテンション上がる

TNI CO2 ボンベセット

しっかり空気入れたのにライド中まさかのパンク、なんてことは珍しくないことです。パンクした瞬間の精神ダメージもなかなかのものですが、パンクしたタイヤを修理して再度空気を入れる作業の大変さときたら。小さい携帯ポンプなんかだと、一回で入れられる空気は少ないので、何回もポンプしなければなりません。これが傷ついた精神にさらに追い打ちをかけます。

そんなナイーブなパンク修理なのに、逆にテンション上がっちゃうのがco2ボンベ

パンク修理したさい、バルブに差し込んでやり、後はボンベを開放ーーーーーー!一瞬で空気が入っちゃいます!

この瞬時に入る感じが気持ちよく、みんなで走るとちょっと盛り上がったりするもしばしばあります。
サイズも小さいのでぜひカバンに忍ばせといてもいいと思います。無事に家に帰ったら空気を入れなおしましょう!

チップトップ ハンドクリーナー クリーンアップ

魔法のような1本

チップトップ ハンドクリーナー クリーンアップ
自転車に乗っていてチェーンが外れた!

あーあと思って戻すと油汚れで手が真っ黒!
自転車いじっていると手が汚れますが、これを少量手に広げてごしごししてやると、あっという間にきれいになります!まるで魔法のように汚れが取れます。

自転車用マルチツール

普段使いからライド中まで、持っておくと安心

LEZYNE STAINLESS 12TOOL

自転車の調整をする時に必要な工具がギュッと詰まった代物です。
サイズが小さいのでライド中も持って行きやすく、何かあった時に対応することができるので持っておくと安心ですね。
たくさんの機能のついたものから必要最低限の機能がついたものがあります。自転車の細かい調整は六角レンチがあれば大体できるので、小さめのやつを一個持っておくといいと思います。

ベースレイヤー

速乾性で選ぼう

PEARL IZUMI 181 アンダーシャツ
まだまだ寒い冬、サイクリングの際、ユニクロのヒートテックなど来ていませんか?ヒートテックは素晴らしいのですが、速乾性があまりなく、一回汗をかいてしまうとなかなか乾きません!
ライド中汗をかいて、下りに入ったら、寒すぎて、風邪をひいてしまいます……。自転車用のベースレイヤーは汗を吸収しやすく、乾きやすいものを選ぶと、常に温かく、気持ちよく走り続けることができると思いますよ!僕はパールイズミのベースレイヤーを使用しておりますが、機能はもちろん、肌触りも柔らかくて気持ちよいので重宝しております。



モバイルバッテリー

ロングライドの際、何かと心配な「バッテリー切れ」

Anker PowerCore 5000

iPhoneなどのスマホ、ガーミンは丸一日のライドでは電池切れが不安。小さくても十分なモバイルバッテリーは最近多いので、ぜひ一つ持っておくと安心です。
僕はロングライドやブルベの時は、必ず持って行くようにしております。

ウェアラブルカメラ

ライドの思い出を動画として残せる

GoPro HERO Session CHDHS-102-JP

僕自身何年も自転車に乗って車載動画を撮影しておりますが、今でも飽きずに楽しくやっております。その時その時の思い出を動画として残せるのは楽しいものです。
しかも今はSNS等使って世界中の人と体験を共有できる時代です。
どうせロードを始めるならカメラを持って世界中に自分の自転車を自慢するのも良いのではないのでしょうか?

クリートカバー

罪悪感なく堂々と歩ける

シマノ クリートカバー ペア
SPD SLを普段使用している人は、持っておくと安心だと思います。どこかに自転車を止めて歩く際、クリートの減りなど気にすることなく、そして罪悪感なく堂々と歩くことができます。

フレームポンプ

大きいから空気も入れやすい

パークツール フレームポンプ
CO2ボンベっていいけど一回きり。「もしも失敗した時が怖い」「またパンクしてしまって予備がない、といったことが不安」そんな人は携帯ポンプの中でも大きめな「フレームポンプ」なんてものもあります。
フレームのトップチューブに引っ掛けて携帯するので邪魔にもなりませんし、空気も小さな携帯ポンプより全然入るのでオススメです。
使ってる人も少ないので目立てますよ^^

輪行袋

走れなくなったときの備えに

オーストリッチ 輪行袋
遠出をする際必要不可欠ですが、僕的にはロングライドをする時も常備しておくと安心だと思います。
途中でパンクなどの機材トラブル、体調不良などで走れなくなった時、普通に疲れちゃった時(笑)に輪行袋さえあれば電車に乗って帰れます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

どれもあってもいいもので、使えるものだと思います。
何か気に入ったものがあればぜひチェックしてみてくださいね!

けんたさん

WRITTEN BYけんたさん

自転車系youtuberとして初めてでも取っつきやすい、初心者から中級者に向けた内容をメインに「How To動画」や自転車用品やガジェットなどの「商品レビュー」GoProやドローンを使用して撮影する「旅動画」を主にyoutubeで配信しております。

他の記事も読む

関連記事