MINI LOVE 写真コンテスト2017 SPRING「#minivelogenic」が開催

MINI LOVE PHOTO CONTEST 2017 SPRING「#minivelogenic」開催

MINI LOVEでは、ミニベロが写り込んだ風景写真のコンテストを開催する。サイクリングの途中に何気なく撮ったスナップで大丈夫だが、当コンテストを機に「記録」としてではなく「作品」を目指してほんの少し上手く見える撮り方を心掛けてみてはいかがだろう。地面すれすれのローアングルから撮ってみたり、車体の一部だけ切り取ってみたり、雨上がりの水たまりに反射させてみたり、あえて逆光や太陽光線を入れてみたり、など。

ストーリーが感じられるものや、ささいなことでも幸せが伝わるような写真もいいだろう。自転車を題材としたフォトコンテストでは人物不在の写真が圧倒的に多いため、人物入りの写真にもぜひトライしたいところ。撮影をより楽しむきっかけになるのではないだろうか。

コンテスト名

MINI LOVE PHOTO CONTEST 2017 SPRING「#minivelogenic」

テーマ

フォトジェニックなミニベロが写り込んだ風景写真

内容

季節やストーリー性を感じられる風景写真にミニベロが写った写真

応募点数

応募点数に制限なし

応募期間

2017年3月1日(水)~5月31日(水)

応募方法

・Instagram、Facebook、Twitterの何れかで公開アカウントを用意する(応募時には個人情報は不要)。
・応募するSNSのアカウントからMINI LOVEのアカウントをフォローする。
*Instagram https://www.instagram.com/minilove_jp/
*Facebook https://www.facebook.com/MINILOVE.jp/
*Twitter https://twitter.com/MINILOVE_jp
・応募写真とともにハッシュタグ #minivelogenic を付けて投稿する。
(SNSのシステムの仕様により、ハッシュタグの前後にはスペースが必要。)
・その他任意で、車体情報や撮影時のエピソードなど写真の説明も加えて欲しいとのこと。

#minivelogenic賞 5名

賞品

正賞 加藤アカツキ氏直筆サイン入り「少女サイクル」MINI LOVEオリジナル色紙
副賞 三ヶ島製作所 MKSペダル「UB-LITE Ezy (Black)」

正賞の「少女サイクル」MINI LOVEオリジナル色紙には加藤アカツキ氏の直筆サインが入るほか、新規キャラも登場の予定。制作過程は加藤アカツキ氏のTwitterアカウントで時々UPされる。(注:上の画像と色紙のデザインは異なる。色紙には複数のミニベロやキャラクターが登場。)

副賞のMKSペダル UB-LITE Ezy は、MKSオリジナルの簡単脱着機構により工具なしで簡単容易に脱着が可能なペダル。折りたたみ自転車や輪行に最適。

主催

MINI LOVE 実行委員会

協力

加藤アカツキ (※敬称略)
*コミックイラストを用いた幅広い作風で活動中のイラストレーター。小径自転車と美少女をマッシュアップさせた企画「少女サイクル」などで知られ、同企画は東京都の駅前放置自転車クリーンキャンペーンなどにも起用されるなど様々な広がりを見せている。他に代表作として「心霊探偵八雲」シリーズ、「ぼくら(の七日間戦争)」シリーズ、英語教科書「NEW CROWN」などがある。
公式サイト

三ヶ島製作所
*1943年の創業当初は航空機向け部品製造を行っていた同社は、第二次大戦後の1946年より自転車ペダル製造に転進し、日本の自転車製造業の一角を担って来た。日本国内で唯一のペダル専門メーカーとして全競輪選手約2,400人(2016年末現在)の足元を支えるNJS認定ペダルを作ることでも知られており、100%日本国内生産にこだわるその品質の高さはエンドユーザーからプロショップ、様々な自転車メーカーにまで信頼されている。
公式サイト

応募写真

応募写真は応募期間スタート後、下記URLから確認できる。
Instagram
Facebook
Twitter
スマートフォンの各アプリではハッシュタグ #minivelogenic で検索できる。

その他

・2015年3月に開催したフォトコンテスト「MINI LOVE Photo Contest by Bicycle Photo magazine」の入賞作品はこちらで確認できる。
・入賞作品の発表は2017年6月上旬にサイトでの掲載をもって行う。同時にTwitter及びFacebookページでも通知する。
・入賞候補者にはMINI LOVEのアカウントより、投稿されたSNSのメッセージ経由で個人情報(賞品郵送のために必要となる名前、住所、電話番号)を照会する。2、3日経過しても応答のない場合は候補から外れることがあるので承知されたい。
・入賞作品は、応募写真を投稿されたSNSのアカウント名をクレジットとして入れた上で、将来的に当サイトの宣伝などに使用させていただく可能性がある。
・応募写真に人物が特定される見え方で写っている場合は、本人の許諾を得たうえで応募のこと。
・応募写真のサイズは各SNSのシステム上可能な範囲で大きめで投稿して欲しい。
・当コンテストは風景写真のコンテストでありバイクのカスタムなどを審査するものではない。
・画像編集ソフトやアプリによるレタッチの有無は問わない。
・写真の撮影時期は問わない。過去に撮り溜めたものからの応募も可能。
・応募写真に写るバイクのカスタムの有無は問わない。購入時の状態のままで無くても応募は可能。
・道路交通法、公共良俗などに反する写真は受け付けられない。明らかに違法な形状の車体(ノーブレーキ等)の応募、違法な場所への車体の持込みなど遠慮して欲しい。
・応募期間中、任意に選んだ応募写真を各SNSでシェアすることがある(選考には関係ない)。シェア機能のないInstagram同士、及び異なるSNSを跨ぐシェアにおいては、シェア元のURLを記載したうえで一旦保存した画像データをMINI LOVEにて新規投稿するので理解して欲しい。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事