スペシャライズド 最新レーシングヘルメット「S-WORKS PREVAIL II」を発売

4つの特許と5つのカイゼンが生んだ最新・最高峰のレーシングヘルメット「S-WORKS PREVAIL II」

S-WORKS PREVAIL II

「S-Works Prevail II(エスワークス・プリヴェイル・ツー)」 が、2年連続世界王者のペテル・サガンから表彰台を夢見る情熱的なサイクリストまで、世界中で愛用される理由は、4つの特許と5つのカイゼンが実現した高い性能である。

スペシャライズドが誇る特許:

  1. 耐衝撃多重密度EPS構造
  2. アラミド繊維強化スケルトン
  3. デュアルアクション・クラッチダイヤル
  4. グリップオン・バイザー

初代S-Works Prevailからの5つの改善点:

  1. 6秒のタイム短縮
  2. プリプレグ・アラミド繊維
  3. 通気性、快適さを向上させるパッドデザイン
  4. さらに高まった安全性
  5. より快適なアジアンフィット

4つの特許

スペシャライズド独自の技術がさらに丈夫で軽い、快適なレーシングヘルメットを実現した。

S-Works Prevail II

1.耐衝撃多重密度EPS構造:

ヘルメット内部で衝撃を吸収するEPS(ビーズ法発泡スチロール)フォームは、外側と内側で発泡体の密度を変えることで軽く、しかも十分なエネルギー吸収を実現する。また、最高の素材を最適に配置することで、初代と比べて10gも軽くなった。

2.アラミド繊維強化スケルトン:

張力に優れるアラミド繊維製の骨組みがEPSを支えることで、構造上の一体性と衝撃吸収性を高める。機械制御の編み込みによる新型のプリプレグ・アラミド繊維が、軽量化とより正確な繊維の配置を可能にした。

3.デュアルアクション・クラッチダイアル:

頭囲の固定と解除を瞬時におこなうクラッチ式ダイアルのマインドセットは、さらになめらかな作動感の第2世代へ進化。

4.クリップオン・バイザー:

特許取得、付け外しが簡単で空気抵抗を最少に抑えた専用バイザーを装備。

5つのカイゼン

初代Prevail への膨大なフィードバックを基に大幅な改善を実施。より優れた性能を備えた新型に昇華した。

S-Works Prevail II

1.ウィントンネルデザインによる6秒のタイム短縮と10gの軽量化:

自社風洞実験施設でヘルメットのエアロ効果をさらに高めるデザインを追及。結果、軽量で通気性が高く、エアロ性能の向上を達成した。安全性を損なうことなく、これらの要素すべてを高い次元で融合したデザインは、初代Prevailと比べて40km走行時に6秒のタイム短縮を実現。

2.プリプレグ・アラミド繊維を新たに採用:

より軽量かつ丈夫な構造を実現。安全性を高め、ムダな素材を可能な限り省いて、このフォーム密度と内部構造を達成した

3.ガターアクションブローパッド:

冷却効果と快適性を向上させるデザインが、ひたいにぴったりと沿う高いフィット感を生むと同時に、パッドとヘルメットとの間に効果的にスペースを設け、空気の流れをコントロール。また、ひたいやこめかみから汗が流れないようにする。集中力を削がれる汗の滴りを大幅に軽減し、ライドに集中することができる。

ガターアクションブローパッド

4.保護範囲を拡大し、安全性が向上:

初代に比べ、より深く被れるよう設計。保護範囲を広げると同時に、洗練されたルックスが「頭上に乗っかってキノコ状になる」ことを防ぐ。

5.新しいアジアンフィット:

従来のS/M、M/Lの2つのサイズ展開から、S、M、Lの3段階に。Sはより小さい頭の方に、Lはより大きな頭の方にフィットするように変更。内部形状を改良して、最高のフィット、快適性はもちろん、スリークな見た目を実現している。

詳しくは下記を参照して欲しい。

ブログ記事:4つの特許と5つのカイゼンが生んだ最新・最高峰のレーシングヘルメット「S-WORKS PREVAIL II」

「S-WORKS PREVAIL II」の製品詳細

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事