ビーズ DOPPELGANGER®より「ハイパワーLEDライト210 DLF358-BK」を発売

豪雨の中でも、水に浸かっても大丈夫。しっかり路面を照らす自転車用コンパクトLEDライト発売。

ビーズ株式会社は2017年4月11日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER®(ドッペルギャンガー)」より、最大210ルーメンの高輝度LEDと浸水しても問題のないIPX7の防水性能を持つ「ハイパワーLEDライト210 DLF358-BK」を発売する。

最大210ルーメンの高輝度LEDとIPX7の防水性能を持つ「ハイパワーLEDライト210」発売。

「ハイパワーLEDライト210」は、手のひらサイズながらも、暗闇で10メートル先を照らすことができる自転車用フロントライト。 既存の人気製品「ハイパワーLEDフロントライト DL-07」をこの度、明るさと防水性の点でグレードアップした。

最大210ルーメンの高輝度LEDとIPX7の防水性能を持つ「ハイパワーLEDライト210」発売。 製品全容。 手のひらサイズでコンパクト。

明るさ

既存製品DL-07が最大150ルーメンだったのに対し、今回の「ハイパワーLEDライト210」は最大210ルーメン。 コンパクトさはそのままに、明るさを向上させた。 ライトの先端を回すことで照射範囲を無段階に調節可能。近くを広く照らす「ワイドビーム」と遠くまで部分的に照らす「スポットビーム」を使用シーンに合わせて使いわけることができる。

ハイ(210lm)、ミドル(85lm)、ロー(1lm)、フラッシュの4つの点灯モードに切替可能。

暗闇でもしっかりと力を発揮する「ハイパワーLEDライト210」。

夜間走行の安全性を高める。

防水性

防水性能IPX7(一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない)を取得しており、大雨の中でも使用可能。 うっかり水たまりに落としてしまっても浸水することはない(完全防水ではないので水中での使用は避けて欲しい)。

「ハイパワーLEDライト210」が雨の中の通勤通学も応援。

水につけても浸水しないIPX7の高い防水性を誇る。

USB端子を搭載したパソコンや充電機器に接続するだけで充電が可能。 自転車のライトとして以外の用途でも使えるよう、ストラップを標準付属させた。 アウトドアで、また防災用品としても活躍する。

 USB端子キャップを回して、PCやモバイルバッテリーなどに接続し充電することができる。
USB端子キャップを回して、PCやモバイルバッテリーなどに接続し充電することができる。

ストラップが標準付属。

概要

製品全容。

ブラケットは13~31.8mm径のハンドルバーに対応する。

【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】ハイパワーLEDライト210
【型番:カラー】DLF358-BK:ブラック
【本体サイズ】約φ30×75mm
【本体重量】約80g(ブラケット含まず)
【材質】6061アルミニウム、ABS樹脂
【光束】ハイ:210lm、ミドル:85lm、ロー:1lm、フラッシュ:210lm
【連続点灯時間】ハイ:2時間、ミドル:4時間、ロー:200時間、フラッシュ:4時間
【付属品】ブラケット(取付可能径13~31.8mm)、USBケーブル、ストラップ
【その他スペック】防水性能:IPX7、電源:リチウムイオン電池RCR123A
【希望小売価格】4,000円(税別)
製品ページ

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事