いよいよ春本番。本格的なサイクリングシーズンが到来しました。ところで今、自転車を分解しないでそのまま鉄道車両に乗せることができる「サイクルトレイン」が、地方路線で少しずつ普及しています。主に沿線住民の日常の足として利用されているサイクルトレインですが、もちろんサイクリングでの利用もOK。都会ではなかなか味わえない「そのまま自転車乗車」を体験してみよう!

空いている車内を有効活用


自転車をそのまま鉄道に乗せることができれば、例えば少し遠くへのお出かけが便利になるかも、と思ったことはありませんか? それを叶えてくれるのがサイクルトレイン。地方の私鉄路線を中心に広まり、沿線住民の日常の足として定着しているところもあります。

自転車を鉄道に持ち込む際、分解して袋詰めする「輪行」のが一般的です。これは、ハンドルやサドルなどの突起物で他の乗客に迷惑をかけたり、車両を傷つけたりしないようにするのが目的。サイクルトレインでは自転車をそのまま載せますから、そのための空間が必要です。

そのため、混雑している都市部の路線では実施が難しく、イベント列車を除き導入が進んでいません。一方、日中は比較的にすいている地方路線では、サイクルトレインを行うハードルが低く、また近年のサイクルツーリズム人気も、地方での普及の追い風になっているようです。

ただしサイクルトレイン実施路線でも、通勤通学客で混み合う朝夕の時間帯は利用できない路線がほとんど。花火大会や祭などの沿線行事が行われる際も運行が中止される場合がありますので、利用の際は事前に各鉄道会社にお問い合わせください

東北


青森県


弘南鉄道


大鰐線ではユニークな車内広告でサイクルトレインを告知している(提供・弘南鉄道)

弘前市ととなりの大鰐町を結ぶ大鰐線(13.9km)で4月1日から11月30日まで運行。沿線利用が中心で、昨年の年間利用台数は260台です。

サイクルトレイン利用風景(同)

LINK:弘南鉄道
0172-44-3136

津軽鉄道


「ストーブ列車」で知られる津軽鉄道。「サイクルトレイン」としての運行はありませんが、手回り品扱いでそのまま持ち込むことは可能です(1回280円)。ストーブ列車へは持ち込みできません。

津軽鉄道Webサイトより引用

津軽鉄道Webサイトより引用



LINK:津軽鉄道
0173-34-2148

秋田県


由利高原鉄道


「おばこ号サイクルトレイン」の名称で、3月25日から11月23日まで運行。

由利高原鉄道Webサイトより引用

由利高原鉄道Webサイトより引用




福島県


福島交通


福島駅と、福島市内にある飯坂温泉を結ぶ飯坂線で通年運行。3台以上のグループは事前予約が必要です。

福島交通飯坂電車Webサイトより引用

福島交通飯坂電車Webサイトより引用



LINK:福島交通
024-558-4611

関東


茨城県


関東鉄道


常総線の水海道~大田郷間、竜ケ崎線の全線で通年運行。

関東鉄道Webサイトより引用

関東鉄道Webサイトより引用



LINK:関東鉄道
0297-22-0453(常総線)
0297-62-2152(竜ケ崎線)

群馬県


上信電鉄


沿線に世界遺産の富岡製糸場がある上信電鉄線。通年運行しており、高崎~下仁田間の指定5駅で乗降可能。ただし利用には事前連絡が必要です。

上信電鉄Webサイトより引用

上信電鉄Webサイトより引用



LINK:上信電鉄
027-323-8073

上毛電気鉄道


前橋市と桐生市を結ぶ上毛電気鉄道は、サイクルトレインの年間利用者数が37000人(昨年実績)を誇ります。土日祝日は終日利用可能なことも特徴。

サイクルトレイン利用時には他の乗客の迷惑とならないよう、配慮が必要だ(上毛電鉄サイトから引用)


埼玉県


秩父鉄道


波久礼~三峰口間で運行。平日と土休日では運行区間が異なります。GWや秩父夜祭開催日は利用できません。

ちちてつサイクルトレインWebサイトより引用

ちちてつサイクルトレインWebサイトより引用



LINK:秩父鉄道
048-523-3822

千葉県


小湊鉄道


沿線に総延長55kmのサイクリングコースが設定されています。土休日に利用可能で、前日までに電話申し込みが必要。養老渓谷駅にはサイクルラックや空気ポンプが備えられ、足湯もあります。

小湊鉄道Webサイトより引用

小湊鉄道Webサイトより引用



LINK:小湊鉄道
0436-21-6771

いすみ鉄道


観光鉄道として人気の高いいすみ鉄道線。閑散時間帯に有料(210円)で持ち込み可能ですが、3月の菜の花シーズンから5月のGWにかけては混雑するため、利用できない場合があります。

いすみ鉄道Webサイトより引用

いすみ鉄道Webサイトより引用




東海


静岡県


伊豆箱根鉄道


三島~修善寺を結ぶ駿豆線で運行。昨年12月から実証実験を行っていましたが、今年4月から本格運用が始まりました。土休日は運行時間が7時~18時に延長。沿線に修善寺温泉など観光スポットがあり、レジャー利用も多いとのこと。特急列車では利用できません。

(写真提供・伊豆箱根鉄道)


伊豆急行


自転車を活用した新しい交通スタイルの確立を目的に、4月1日から5月末まで普通列車での実証実験を行っています。南伊豆駅~伊豆急下田駅で運行。GW期間中は利用できません。また、伊東駅で接続するJR線では実施していないので輪行が必要です。

伊豆急行Webサイトより引用

伊豆急行Webサイトより引用



LINK:伊豆急行
0557-53-1115

愛知県


豊橋鉄道


豊橋駅から渥美半島方面に延びる渥美線(18km)で、土休日に終日運行しています。自転車持ち込み料として1台につき100円が必要。行事開催日には利用できない場合がありますので要確認。

豊鉄渥美線Webサイトより引用

豊鉄渥美線Webサイトより引用



LINK:豊橋鉄道
0532-53-2136

岐阜県


養老鉄道


名古屋の西を南北に走る養老線(57.5km)。桑名駅を除く全線で通年利用でき、土休日は終日運行しています。

養老鉄道Webサイトより引用

養老鉄道Webサイトより引用



LINK:養老鉄道
0584-78-3400

三重県


伊賀鉄道


伊賀市内を走る伊賀線(16.6km)の、新居~比土駅間で利用できます。土休日は終日運行。

伊賀鉄道Webサイトより引用

伊賀鉄道Webサイトより引用



LINK:伊賀鉄道
0595-21-0863

三岐鉄道


四日市市といなべ市を結ぶ三岐線(26.5km)では「サイクルパス」の名称で、大矢知~西藤原間で運行しています。大矢知~三里間は土休日の終日、および春・夏・冬休み期間中の日中に利用でき、三里~西藤原間では通年・終日利用できます。

三岐鉄道Webサイトより引用

三岐鉄道Webサイトより引用



LINK:三岐鉄道
059-364-2141

北陸


富山県


富山地方鉄道


土休日に同社の鉄道全線(本線、立山線、不二越・上滝線)で通年・終日利用できます。5名以上のグループ利用は電話予約が必要。

富山地方鉄道Webサイトより引用

富山地方鉄道Webサイトより引用




石川県


北陸鉄道


3月16日から11月30日まで、石川線および浅野川線で利用できます。雨天中止。乗降できるのは石川線が野町駅と鶴来駅、浅野川線が北鉄金沢駅と内灘駅。この他の駅では利用できません。土祝日は終日運行。

北陸鉄道Webサイトより引用

北陸鉄道Webサイトより引用



LINK:北陸鉄道
076-272-2221

福井県


えちぜん鉄道


三国芦原線と勝山永平寺線で、3月25日から11月26日までの土休日に運行しています。持ち込み料金は1台200円。乗降可能駅以外では利用できないので注意。

えちぜん鉄道Webサイトより引用

えちぜん鉄道Webサイトより引用




近畿


滋賀県


近江鉄道


琵琶湖の東に面した彦根市、近江八幡市などを結ぶ近江鉄道線。サイクルトレインは沿線利用中心ですが、琵琶湖1周サイクリングの「ビワイチ」が人気となってからはロードバイクでの利用も見かけるようになったそう。年末年始を除いて通年運行しており、土休日は終日運行。彦根駅・水口石橋駅・万葉あかね線では利用できません。5人以上の利用は要事前連絡。

近江鉄道Webサイトより引用

近江鉄道Webサイトより引用



LINK:近江鉄道
0749-22-3303

大阪府


水間鉄道


貝塚市内を走る水間線(5.5km)では日曜限定で運行。1列車につき4台まで利用でき、予約が必要です。

水間鉄道Webサイトより引用

水間鉄道Webサイトより引用



LINK:水間鉄道
072-447-0465

中国四国


島根県


一畑電車


沿線に出雲大社や宍道湖などの観光スポットがある一畑電車では、年末年始等を除き終日全線で利用できます。沿線には大規模自転車道も整備。持ち込み料金は1回310円で、5枚つづりの回数券も。

一畑電車Webサイトより引用

一畑電車Webサイトより引用



LINK:一畑電車
0853-62-3383

愛媛県


JR予土線


予土線(しまんとグリーンライン)は愛媛と高知を結ぶ唯一の路線で、沿線には四万十川が流れます。愛媛県と高知県およびJR四国の共催で実証実験を行っており、今年3月4日から来年2月25日までの土休日、年末年始を除き宇和島~窪川間(77.8km)で実施。車両1両に自転車を最大5台乗せることができます。

予土線ではサイクルトレインの実証実験中だ(写真提供・愛媛県)

LINK:JR予土線
0570-00-4592

香川県


高松琴平電気鉄道


「ことでん」の愛称で親しまれている同電鉄。高松市とさぬき市を結ぶ志度線(12.5km)で、土休日に運行しています。

高松琴平電気鉄道Webサイトより引用

高松琴平電気鉄道Webサイトより引用




九州


長崎県


松浦鉄道


「日本最西端の鉄道」こと松浦鉄道では、ズバリ「サイクリング列車」として運行。土休日を中心に有田~佐世保間(93.8km)の全線で利用できますが、利用本数が少ないので注意。事前連絡が必要です。

松浦鉄道Webサイトより引用

松浦鉄道Webサイトより引用



LINK:松浦鉄道
0956-25-2229

熊本県


熊本電気鉄道


早くからサイクルトレインを実施してきた熊本電鉄では、平日と土曜の9時から15時30分、日祝の終日に持ち込みが可能。ただし雨天や混雑等の場合は利用できません。

熊本電気鉄道Webサイトより引用

熊本電気鉄道Webサイトより引用



人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!