亀がなぜ富士ヒルクライムに挑むことになったのか


この度、『富士ヒルクライム』へ参加する事となったきっかです。


 

今回はその経緯をお話しいたします。

 

6月11日(日)に開催されます

「富士の国やまなし第14回 Mt.富士ヒルクライム」(以下:富士ヒル)

日本最大級のヒルクライムレースでこれまで13回も開催されている歴史があります。

参加募集人数も年々枠が増えて、今年はなんと10000人ものサイクリストさんが

山梨に集まるんです!





富士ヒルではスバルラインを距離約25kmで標高約1270mの富士五合目まで登ります。

しかし制限時間が長く、勾配が初心者や女性にも優しい事から

完走率99%以上もあるのが特長です。




 


 

亀チャリでは夫者が毎年、富士ヒルでのタイム更新を目標にがんばっていますね。


同じ志を持つ方も多いのではないでしょうか?
過去、日向涼子さんもここ富士ヒルを「特別な大会」としており、

ヒルクライマーとして目覚めた場所としてもおなじみですね。

 

私は坂が苦手で苦手で、苦手すぎてずっとヒルクライムから目を

背けつづける日々を送り美味しくて楽しいライドにしか興味が

向いていなかったのですが この度、大好きなビアンキさんが

ツアーを開いてくださるというお話を耳にし、

「ビアンキさんと一緒なら…!」とついウッカリ単純コロリと

吸い寄せられてしまったのです!    (((┌(┌ ^o^)┐カサカサ…

 

ビアンキへの愛が重い腰を上げさせた


とはいえ、ぶっつけ本番はご迷惑をかけるかもしれないし心配ですので

もちろん試走もする予定です。

開催されるビアンキストア・ツアーはこれで3回目で、これまでは

「八ヶ岳ヒルクライム」「喜連川温泉ライダー」を開催されてきたそうです。




 


 

そんな「ビアンキストア・ツアー富士ヒルクライム」の魅力をお話しますと…

 


 

そう…ビアンキファンには夢のようなツアーなのです!!

坂嫌いのきっかでも即答せざるをえない引力がそこにあった。




 


(C)サイクルヨーロッパジャパン

富士ヒルはエントリー前日のお祭りと観戦だけでも十分に楽しめるイベントなのですが

ビアンキさんと一緒に参加できる事でより楽しくなりそうですね!

(事前セミナーイベント編につづく)

 


「Bianchi Store Tour 富士ヒルクライム」主催

LINK:サイクルヨーロッパジャパン