こんにちは!
youtubeで自転車動画を上げております。けんたさんです!

ヨーロッパで盛り上がっている電動アシスト自転車。
みなさんが大好きなブランド・ビアンキから、電動アシスト自転車とは思えないほど、カッコかわいい電動アシスト自転車が発表されました!

今回はなんと試乗させていただく機会をいただきましたので、インプレを込みで試乗レポートをさせていただきます。

まずは外見から見ていきましょう。


 class=

2017 BIANCHI CAMALEONTE-E



 class=

正面



 class=

グリップがいい感じですね



チェレステ万歳!



 class=

フロントハブ なんとまぁごついハブでしょう。この中に電動モーターが入っております 
SR-Suntour Front hub motor 250W 36V



 class=

クランク SR-suntour sensor crank set 42T



 class=

リアディレーラー Shimano Tourney TX 8sp
スプロケット Shimano CS-HG200-8 8sp 12/32T



 class=

シートチューブにバッテリーを配置するタイプ
電源ボタンやバッテリー残量表示ランプもついております。



 class=

ブレーキ Shimano BR-T4000



 class=

ビアンキプレートがかっこいいですね!



 class=

スピードメーター付きコントロールパネル



早速ですが、試乗してみました。


電動アシスト自転車では珍しく、フロントは電動モーター、リアは人力の両輪駆動ということで、どのような乗り味なのでしょうか。

試乗開始!



フロントホイールにモーターが入っている為、フロントが重く感じますが、いざ電源を入れてみると、キュイーンという音を立てアシストが始まりました。

アシストは「エコ」「平坦」「坂道」と3段階あり、坂道が一番パワフルです。

 class=

コントロールパネル



前輪にモーターがあるのでアシストが開始すると、ジェットコースターのように前に持ってかれるような感じになり、面白いです。
人によっては違和感を感じるかもしれませんね。

坂道モードに切り替えると一気に加速し、25km巡行が容易にできるようになります。

 class=

この加速感が楽しい!



カメレオンテは、もともと安定した乗り味が魅力のクロスバイクですが、電動アシスト車となっても、その安定性は受け継がれてますね。
太めのタイヤと相まって、快適で乗り心地がいいです。

感想


電動アシスト車と聞くと、どうしてもママチャリ的シティバイクをイメージしてしまうのですが、このCAMALEONTE-Eはとてもスタイリッシュで、シティバイク感はどこにもないです。

走りは安定しており、音も全然うるさくないので、普段ロードバイクやシクロクロスを乗っている私も、とても楽しんで乗ることができました。

こういったスタイリッシュな自転車は、これから自転車を始めるビギナーな人にぴったりなのではないのかなと思います。

気軽にスピード感を味わえるので、自転車に慣れた友人とサイクリングしても、アシストによって体力のハンデを少なくしてくれるので、慣れた人は気を使わず、慣れてない人はしっかりとついていくことができるので、お互い楽しめそうですね。

個人的に惜しいと思うのは、せっかくスタイリッシュな電動アシスト車なのだから、コントロールパネルもスタイリッシュにして欲しかったですね。コントロールパネルは、なんだかシティバイク感が漂っている気がします。

総じて、完成度は高く、流行りそう!
電動アシスト車がどんどん身近になっていき、日本でも盛り上がるのもそう遠くなさそうですね!

以上、「CAMALEONTE-E」試乗レポートでした!

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!