新作

トレック「セッション9.9」をフルモデルチェンジして発表

ワールドカップ常勝DHマウンテンバイク「セッション」がフルモデルチェンジして登場!!

トレックは、マウンテンバイク・ダウンヒルレースバイクのフラッグシップモデルとなる「セッション9.9」をフルモデルチェンジして発表した。

Session_27_5_9_9_profile
Session_27_5_9_9_profile
Session_27_5_9_9_angle
Session_27_5_9_9_angle

新しく登場するセッション9.9は、現世界チャンピオンでワールドカップ14大会連続優勝中(記録更新中)のレイチェル・アサートン選手や、Trek Factory Racing DHライダーのフィードバックを基に、従来モデルに比べよりレース用ジオメトリーに変更されている。よりアグレシッブな乗車姿勢を可能にするためにリーチをやや長くし、同時に安定性を高めるために新しく登場するスラッカーヘッドアングル調整機能や低めのBBハイトが採用されている。スラッカーヘッドアングル調整機能とは、完成車の状態ではヘッドアングルが63度に設定されているが、±1度の可変式となり、同時にミノリンクでもヘッドアングルを0.5度調整可能となり、またその際のBBハイトは8mmの調整幅を持っている。

アップデートされた特徴の一つに、新しいFox Float X2 air shockの採用が挙げられる。R&Dチームは、この新しいフレームで採用されるFox Float X2 air shockが最大限のパフォーマンスを引き出すためにFox社と共同で最適なチューンが施されており、実際最もサスペンションが機能するミッドストロークでのコントロール性を大きく高めている。エアーショックのパフォーマンスが高くなったで、新セッション9.9ではフルフローターの採用が見送られた。エアーショックのチューン技術はもはやフルフローターのアドバンテージを越えるものであり、それにより強度、剛性を高めると同時に軽量化にも成功しているのだ。

Session_27_5_9_9_armor_detail
Session_27_5_9_9_armor_detail

Session_27_5_9_9_front_detail
Session_27_5_9_9_front_detail

Session_27_5_9_9_head_set_detail
Session_27_5_9_9_head_set_detail

Session_27_5_9_9_Headtube_detail
Session_27_5_9_9_Headtube_detail

Session_27_5_9_9_mino_link_detail
Session_27_5_9_9_mino_link_detail

Session_27_5_9_9_shock_mount_detail
Session_27_5_9_9_shock_mount_detail

Session_27_5_9_9_slack_detail
Session_27_5_9_9_slack_detail

Session_27-5_9_9_ABP_detail
Session_27-5_9_9_ABP_detail

新しいセッション9.9 は10月頃の納車を予定している。
同時に新しく登場する29インチはフレームセットのみの販売。

■ Session 9.9 DH 27.5 RSL ¥920,000(税抜)
■ Session 9.9 DH 29 フレームセット ¥649,000(税抜)

LINK:トレック・ジャパン

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事