アキコーポレーション Wahoo Fitness社「エレメントボルト」を6月中旬より発売

Wahoo Fitness社の小型GPSサイクルコンピューター
「エレメントボルト」を6月中旬より発売開始

有限会社アキコーポレーションは、Wahoo fitness(ワフー・フィットネス)社の新しい小型GPSサイクルコンピューター、
「エレメントボルト」を6月中旬より発売する。

MeetBoltLogo

BOLT hero left

BOLT R Profile flow

≫ELEMNT BOLT
32,000円+税

≫ELEMNT BOLT BUNDLE
43,500円+税

心拍センサー、ケイデンスセンサー、スピードセンサーが同梱する

機能はそのままに、より小さく――。

アメリカ発のIT系フィットネスブランド「Wahoo Fitness(ワフー・フィットネス)」から、小型GPSサイクルコンピューター「エレメントボルト」と、心拍センサー、ケイデンスセンサー、スピードセンサーがセットになった「エレメントボルトバンドル」が6月中旬に発売になる。

エレメントボルトは、同ブランドのサイクルコンピューター、「エレメント」と同様の機能を備えながら、小型化を実現した最新モデルである。

スマートデバイスとスムーズに連携して、サイクリングのデータを記録するだけではなく、ナビゲーション機能も搭載。また全世界をほぼカバーする地図があらかじめ準備されているので、GPS経由でStravaやRide with GPSとワイヤレスで連携できる。

スマートデバイスとの連携はとても簡単。無料の専用アプリ「ELEMNT」をダウンロードし、ボルトに表示されたQRコードを読み込めばペアリングが完了。あとは直感的に操作できるインターフェイスを使って、ワークアウトのページを設定するだけだ。

さらにWahooのスマートトレーナー「KICKR」シリーズのコントローラーとしても使用可能。Stravaから取得したデータをボルトにインストールすることで、一度走っ
たコースの起伏をKICKRが再現。屋外のコンディションに関係なく、実走に近い状況での室内トレーニングが可能になる。

モニターサイズは2.7インチのエレメントよりも、ひと周り小さい2.2インチ。専用ブラケットに装着することで、エアロダイナミクス効果も期待ができるデザイン性の高さも特徴のひとつである。

ELEMNT BOLTの特徴

ELEMNT BOLT

  • スマートフォンなどのインターフェイスを使って、サイクリングの経過をモニター可能
  • 走行データをStravaなどのサイクリングプラットフォーム(アプリ)に自動的にアップロード可能
  • タッチしやすい3つのボタンで走行中でもナビゲーションや画面を素早く切り替え
  • プログラム可能なLEDインジケーターで、スピード、ケイデンス、パワーなどのパフォーマンスが設定どおりかをチェックできる
  • 画面とLED通知で通話、SNS、Eメールなどをチェック可能

□仕様

  • 無線通信:Bluetooth Smart/ANT+
  • バッテリー:充電式リチウムイオン
  • サイズ:74.6×47.3×22.1mm
  • モニターサイズ:2.2インチ
  • 重量:60g

ELEMNT BOLT

32,000円+税
□同梱物

  • エレメントボルト本体
  • アウトフロントマウント
  • ステムマウント
  • マイクロUSBケーブル

ELEMNT BOLT BUNDLE

43,500円+税
□同梱物

  • エレメントボルト本体
  • アウトフロントマウント
  • ステムマウント
  • マイクロUSBケーブル
  • 心拍センサー
  • ケイデンスセンサー
  • スピードセンサー

サイズ、仕様の比較

ELEMNT&BOLT

ELEMNT

39,800円+税
サイズ:90.5×57.5×21.2mm
モニターサイズ:2.7インチ
重量:99g
□同梱物

  • エレメント本体
  • アウトフロントマウント
  • ステムマウント
  • TTマウント
  • マイクロUSBケーブル

Wahoo Fitness

アメリカ発のブランド「Wahoo Fitness(ワフー・フィットネス)」は、サイクリストやランナー、フィットネス愛好者のためのセンサーとデバイスを作り出すハイテクフィットネス企業。最高のフィットネスアプリなどの開発により、効率的なトレーニングをアスリートに提供する。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事