自転車と身体をつなぐ腕、お尻、そして脚。どれも大切な部位だが、特にペダルを漕ぎ回す脚は最も重要な接面点である。そのため、脚を下支えするサイクルシューズ(ビンディングシューズ)は慎重に選ばなければならない

ビンディングシューズの特徴


▲自分の乗り方に合わせた靴を選ぼう

ビンディングシューズの区分は3つ


大きく分けてフラットペダル仕様、MTB用に開発されて街乗りなどにも転用されるシマノSPD仕様、ロードバイク用のシマノSPD-SL仕様の3つがシューズの区分となっている。
SPDとSPD-SLシューズの違いはこちらの動画も参照。



どれを使うかは、自転車に乗る目的によって変わるが、ハードな使い方をしてもヘコたれない頑丈でタフなものを選ぶのが先決だ。

SPDやSPD-SLのようなビンディング・シューズは、シューズとペダルを結ぶクリートの着脱がスムーズに行なわれるまで多少の時間を要する。そのかわり、慣れれば引き足を使うことができ、ペダリングのロスがなくなる長所がある

しかし走行中や停車時、不意にバランスを崩したような場合にクリートが外れず、落車して思わぬ怪我につながるリスクが高いから要注意。

ちなみにビンディング・システムはシマノの他、ルック、タイム、スピードプレイからリリースされているので好みのペダルを選ぶといい
ビンディングシステムに関する詳しい説明はこちらの記事から。



シマノ、ルック、タイム、スピードプレイのペダル比較動画。



そもそも走行距離が短い、ポタリングがメインなどでビンディングペダルが必要か悩む人は一度この記事を読んで欲しい。
シチュエーションによってはフラットペダルが最適解の場合もある。



留め具は磨耗しやすい


サイクルシューズは意外に摩耗が早い。2〜3年単位で買い替えしている人も多いのではないだろうか? 

特に摩耗が進みやすいのは留め具。
筆者の場合はベルクロタイプ(マジックテープ)のシューズを履いていたが、ベルクロの接着が弱くなり、脚を十分にホールドしなくなった時点で買い替えた。

靴ひもタイプのものは、ひもが切れたりすることがあるだろう。ラチェットタイプやダイヤルタイプのような機械式のものは、調整部品が不調を来す場合もある。どれも一長一短、はっきり言えば消耗品と考えたほうがいい

価格


目安としてエントリーモデルが1万円台、ミドルモデルが2万円台、ハイエンドモデルで3〜4万円台だ。

価格によるもっとも大きい違いは、ソールの硬さである。高価なものほどソールが硬く、力のロスが少なくなるためペダリングの効率化が期待できる。その反面、最初のうちは硬さが気になりやすく、慣れるまで時間がかかるだろう。

また、高価なものはソールが樹脂製ではなくカーボン製になっているため軽量で、履いていることを忘れてしまうほど快適だ。

さらにハイエンドのモデルほど、フィット感やデザイン性に優れる。ただし、足の形は人それぞれであるし、デザインの好みも人それぞれであるため、実際に見て試着して決めるのが良いだろう。

編集部おすすめビンディングシューズ


▲デザインも大事だけれど足にあったシューズを選ぶことが最優先。

それでは以下、編集部が厳選したおすすめシューズを紹介していこう。
ただ、通販全盛の時代だが、せめてシューズは実店舗で試着して買うのがベストだ。同じサイズなのに、メーカーによって差異がある場合があり、実際に履いてみないとわからないこともある。
多少の大きさならシューズ内に入れるインソールでカバーできるが、サイズが小さかったり、足の甲や横幅が合わないときはお手上げだ。失敗しないためのシューズ選び。念を入れて臨もう!

SHIMANO(シマノ)


誰もが知る世界最大の自転車用パーツのメーカー、シマノ。コンポーネントやホイールは有名だが、サイクルウェアやシューズも豊富に揃えていることはご存知だろうか。シマノのシューズは、シマノ製のコンポーネントと一緒に使うことでその性能を最大限に発揮できる。

RC9


高剛性と軽量化を両立したシマノのハイエンドモデル。ソールとアッパーを一体構造にすることで、ダイレクト感と安定性を実現した。

  • サイズ:36〜48(ハーフサイズ、ワイドタイプあり)
  • カラー:ブルー、ホワイト、イエロー、ブラック
  • 価格:45,000円(税別)


RC7


快適性とペダリング性能を追求したコンペティションシューズ。日本人の足に合わせて幅が広めな作りになっている。
ワイドタイプというものもあり、足の幅が広くてシューズ選びに頭を悩ませる方にもお勧めできる一足。
別メーカーのシューズで痛みが出てしまい悩んでいた時にショップで勧められ購入したが、その後痛みも出ていない。シューズの痛みに悩む人にはぜひ一度試してみてもらいたい。


  • サイズ:38~50(ハーフサイズ、ワイドサイズあり)
  • カラー:レッド、ホワイト、ブラック
  • 価格:27,000円(税別)


RP4


初めてのビンディングシューズとしておすすめするシマノのエントリーモデル。サイズも36から50までという豊富に展開。また、幅広モデルの追加で、ほとんどの人の足型に合わせることが可能。アッパーの締め付け調整はボアダイヤルとストラップで、簡単に操作ができる。ソールは比較的柔らかいため、ビンディングシューズが初めてでも違和感の少ない履き心地となるでしょう。


  • サイズ:36~50( ハーフサイズなし/ワイドモデルあり)
  • カラー:ホワイト、ブラック、ブラック/オレンジレッド、ネオンイエロー
  • 価格:15,000円(税別)


fi’zi:k(フィジーク)


サドルブランドとしてのイメージが強いフィジークだが、シューズも豊富なラインナップを揃えている。

R1B INFINITO ニット BOA


機能性もオシャレも楽しみたいそんな要望に答えられる一足。BOA採用で走行中にも締め付けの調整が可能。アーチが強めの人でも楽に履けるので一度試してみていただきたい。
このモデルは、2018年ツール・ド・フランスでゲラント・トーマスも着用していたシューズでもある。

  • サイズ:37~45
  • カラー:ブラック/レッド、グレー/ブラック、ペトロリアムブルー/イエローフルオ、パープル/ブルー
  • 価格:46,800円(税抜)

R1B INFINITO ニット BOA

R3B ARIA BOA


優れたフィット感、実証済みの快適性、美しいデザイン、そして効率的な動力伝達を備え、優れた性能を発揮する。ダブルBOAダイアルのボリュームコントロールフィット、UDフルカーボンアウトソールは軽量で横方向に剛性があり、究極のパワートランスファーを可能に。

  • サイズ:36~45
  • カラー:ホワイトブラック、ブラックブラック、ブラックピンクイエロー、ブラックイエロー、ブラックレッド
  • 価格:34,800円(税抜)


R5B UOMO(メンズ)BOA


ファンライドからロングライドまで楽しめる機能性と、存在感あるイタリアンデザインが魅力のモデル。
BOAを採用していながら低価格モデルとなるので手の出しやすさは最大のメリットといえる。やや足が細い向け人になる。

  • サイズ:39~45
  • カラー:グレーオレンジ、ブラックレッド、ホワイトグレー、ブラックグレー、ホワイトブラック
  • 価格:18,000円(税抜)

R5B UOMO(メンズ)BOA

GIRO


多くのメーカーのシューズの調整方法がメカニカルバックルシステム(ダイヤル式)に変わる中、靴紐を採用し続けているGIRO。ダイヤル式に比べ、個々の足の形に合わせ微調整がしやすいため、高いフィット感を実現できる。

EMPIRE


アッパーの設計を見直し従来のGIROシューズと比較してつま先部分が若干ワイドになり、日本人の方にも合わせやすい形になった。靴紐を使用しているため、ダイヤル式にはないフィット感を得ることができるでしょう。

  • サイズ:39~46
  • カラー:レッドオレンジ、ホワイト、ブラック
  • 価格:34,000円(税抜)

LINK:DIATEC LTD.

PROLIGHT


147g(42.5)の世界最軽量ロードシューズ。アッパーには、最新技術の単繊維メッシュで作られた超軽量のものを使用。ワンピース一体構造とすることでシューズを構成するパーツ数を抑え、アウトソールはより薄く軽量かつ高剛性なTextreamカーボンを使用することでこの軽さを実現した。

  • サイズ:39~46
  • カラー:レッド、ホワイト、ブラック
  • 価格:44,800円(税抜)

PROLIGHT


NORTH WAVE


メーカーにてシューズの修理ができることが推しポイント。有償での修理になるが、買い換えるより安く長く使うことができる。

EXTREME GT


ペダルエリアはフルカーボン、それ以外の部分はカーボンコンポジットソールを使用した、NORTHWAVEのセカンドグレードモデル。NORTHWAVEのオリジナル開発ダイヤルSLW2ダイヤルは1つのボタンで、容易に微調整が可能。また、トップモデルと比較し、足幅が広めに設計されており、普段ワイドタイプを選択しているライダーに最適。

  • サイズ:39~44(ハーフサイズあり)
  • カラー:アンスラ/ゴールド、イエロー、ホワイト/ブラック、ブラック/ブルーメタル
  • 価格:31,800円(税込)

EXTREME GT


STORM


オリジナル開発ダイヤル搭載+コンポジットソール(カーボンと樹脂の複合タイプ)のミドルグレードモデル。アッパーがメッシュ素材なので通気性は抜群で、足入れ感が柔らかく、足なじみが非常に良いのが特徴。

  • サイズ:39~45(ハーフサイズあり)
  • カラー:ホワイト/オレンジ、ホワイト/ブラック、ブラック/ブラック
  • 価格:21,000円(税込)


CORE PLUS


オリジナル開発ダイヤル搭載の高コストパフォーマンスなロードシューズ。アッパーがソフト素材で足入れ感が柔らかい。5つのベンチレーションを備え通気性を確保している。

  • サイズ:39~44(ハーフサイズあり)
  • カラー:ホワイト/レッド、ブラック/イエロー、ブラック/ホワイト
  • 価格:17,500円(税込)

CORE PLUS

LAKE


山が性癖のインフルエンサーが着用していることから一躍人気となったブランド。合皮を使用せず、天然の皮革を使用しているのが特徴。

LAKE CX332


カンガルー革、熱成形式カーボン製ヒールカウンター、カスタムカラー対応のセカンドグレードモデル。今のシューズからレベルアップを考えている人におすすめだ。

  • サイズ:36~43(ハーフサイズあり)
  • カラー:ホワイト、ブラック、カメレオンブルー
  • 価格:49,800円(税込)


SIDI


ビンディングシューズの古参メーカー。長年のノウハウと最先端の技術を融合して生み出されるシューズは、多くのライダーにフィットするでしょう。目新しさはないが忘れてはいけないメーカーだ。

GENIUS 7


シディの定番シューズがリニューアル。伝統的な2本のベルクロとラチェット式のバックルにより、最適なフィットを実現している。また、マイクロファイバー素材を使用し、快適性と耐久性を兼ね備えたモデル。

  • サイズ:36〜46
  • カラー:ホワイト、ブラック×イエロー、ホワイト×ブラック×レッド、ブラック、ブラック×レッド
  • 価格:21,500円(税抜)


dhb


高品質の商品を低価格で提供するWiggleのオリジナルブランド。アパレルからハードまで幅広く展開している。

Troika ロードシューズ


Wiggleのオリジナルブランドによる一足。非常に頑丈で、パワー伝達性に優れている。サイクリングから通勤まで幅広い用途に適している。まさにロードバイク入門にピッタリの一足と言えるだろう。

  • サイズ:39〜48
  • カラー:ホワイト、ブラック
  • 価格:10,500円(税込)

最後に


以上、ハイエンドモデルからお手頃な価格のシューズを挙げてみた。

前述した通り、高額なシューズも安価なものも、消耗品として考えれば2万円台ほどの価格が手頃な選択になるだろう。また、デザイン性も重要な要素。ウェアやバイク機材に合った一足を選ぶとしよう。

また、ビンディングシューズを導入すると立ちゴケ(ペダルに足がついたまま自転車ごと倒れる状態)も不安になると思う。
そんなときはこちらの記事も参考に自転車の乗り方の練習もぜひしてほしい。

バイバイ立ちゴケ! 走行スキルを高める“スタンス”とは?~自転車の処方箋#07
「自転車が下手だな」と思うなら…格段にうまくなる“チョコチョコ乗り”を~自転車の処方箋#08

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!