6月20、21日の2日間に渋谷CARATO71で開催されたBianchi(ビアンキ)の展示会。2018のビアンキは何が目玉なのか、さっそく見ていきましょう。

2018ビアンキのチェレステカラーはこんな色です


2フロアの広い会場の中に、2018年の新作バイクが多数展示されており、視界いっぱいにBianchiの象徴であるチェレステカラーが広がります。

エントランスに展示されている2018モデルチェレステカラーと差し色の赤が美しい



こちらは2018年ニューモデルとして投入されたARIA(アリア)というエアロロードです。

2018ニューモデル、ARIA(アリア)

2018ニューモデル、ARIA(アリア)



2018ニューモデル、ARIA(アリア)のフレームを正面から見ると

2018ニューモデル、ARIA(アリア)のフレームを正面から見ると



2018ニューモデル、ARIA(アリア)のダウンチューブとチェーンステイ。薄い

2018ニューモデル、ARIA(アリア)のダウンチューブとチェーンステイ。薄い



フロントフォークはフレーム一体型で、平たくエアロ効果が期待できそうなダウンチューブとチェーンステーに…

2018年ニューモデルARIA(アリア)にビアンキのヘッドエンブレムが光る

2018年ニューモデルARIA(アリア)にビアンキのヘッドエンブレムが光る



ヘッドチューブはご覧の通り、フロント部を少々尖らせた徹底ぶりです。
完全なるレーシングジオメトリーを採用、平坦はもちろんダウンヒルやクライムでもその真価を発揮することでしょう。まさに勝つためのバイクという印象を受けます。
バイク単体でもエアロ効果はあるのですが、ジオメトリの関係からライダーもエアロ化してしまうのだとか。そして、クリップオンバーを装着すればトライアスロンにも使えます!

2018年ニューモデルARIA(アリア)

2018年ニューモデルARIA(アリア)



革新的な素材COUNTERVAIL(カウンターヴェイル)が使われたミドルグレードOLTRE XR3


OLTRE(オルトレ) XR3、近づいてみると・・・

OLTRE(オルトレ) XR3、近づいてみると・・・



こちらはOLTRE XR3(オルトレ XR3)のシートステーにCOUNTERVAIL(カウンターヴェイル)という文字が…
そうなのです、カウンタヴェールは「Specialissima」「Oltre XR4」 「Infinito CV」 「Aquila CV」 「Methanol CV」とトップグレードモデルに採用されているもの。Bianchi CVカーボンフレームに組み込まれることによって最大80%もの振動を除去する革新的な素材です。そして自転車業界ではBIANCHIしか使うことができない特別なものなのです。そしてそのCOUNTERVAILを採用した唯一のミドルグレードがOLTRE XR3なのです。

通常プラス38,000円で自分だけの色に染めるTavolozza(タボロッツァ)


Tavolozza(タボロッツァ)で自分好みの色に

Tavolozza(タボロッツァ)で自分好みの色に



ビアンキの日本でのマーケティングを担当している伊藤さんが「よっ!」と高く掲げているフレームはTavolozza(タボロッツァ)というBianchiのハイエンドモデルカラーオーダーシステムで、イタリアトレッビリオにある本社工場で職人の手作業で完成されるのです。
お値段はなんと、通常料金に\38,000プラスするだけというお手頃価格。せっかくのハイエンドモデルなのですからあなただけの一本を作ってみませんか?

そして、愛されるクロスバイク、今年はホイールもチェレステカラー!!!!!


ビアンキのクロスバイク2018ラインナップの一部

ビアンキのクロスバイク2018ラインナップの一部



Bianchiのクロスバイクといえば、オシャレなカラーリングに街乗りに最適なデザインから愛用されている方も多いと思うのですが今年の新作はなんとホイールもチェレステカラーなのです!ファンの方には非常に嬉しいサプライズですね。

他にも様々なパーツをチェレステカラーで揃えることができるのもBianchiならでは!

他にも様々なパーツをチェレステカラーで揃えることができるのもBianchiならでは!



女性バイヤー人気が高かったパンターニモデル


こちらのバイクのカラーリング、見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?こちらのバイクは1998年ジロ・デ・イタリアとツールドフランスの両方を成し遂げたマルコ・パンターニSpecialissimaモデルなのです。非常に手の込んだ物になっており流通は少ないようですのでファンの方はお早めに!

パンターニモデルのフレーム

パンターニモデルのフレーム



チェレステを基調に黒、赤、黄色の組み合わせ

チェレステを基調に黒、赤、黄色の組み合わせ



サドルにパンターニのイラスト「海賊」が!

サドルにパンターニのイラスト「海賊」が!



ステムまでも美しい

ステムまでも美しい



プレゼンテーションはこんな感じでした


そうこうしているうちにプレゼンテーションが始まりました!
今年はなんと3人ものイタリア本社の方がいらっしゃり、新製品のプレゼンテーションをしていきます。日本が大事なマーケットなのが、よくわかりますね。

まずはサイクルヨーロッパジャパンの高橋社長のご挨拶から。

まずはサイクルヨーロッパジャパンの高橋社長のご挨拶から。



青山剛さん

青山剛さん



新しくBianchiのアンバサダーに就任したトライアスロンコーチの青山剛(あおやま たけし)さん。

イタリア本社でロードバイクプロダクト担当のリッキさん

イタリア本社でロードバイクプロダクト担当のリッキさん



そしてこちらの方はロードバイクプロダクト担当のアンジェロ・リッキさん。なんと彼は、ジロ・デ・イタリアだけでも6回出場経験もある元トッププロ選手でもあります!

質問ににこやかに応えるリッキさん

質問ににこやかに応えるリッキさん



アンバサダー・青山さんには個別で動画インタビューもしました。


まとめると


2018年モデルのバイクも各社出始めている中、日本で最高の人気を誇るビアンキの展示会。ジメジメとした季節になってきましたがそれが終われば楽しい夏の訪れです。鮮やかなチェレステカラーのニューモデルのバイクにまたがって元気に走り出しましょう!

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!