輪行マナーについて(1) これが、SNSで聞いてみたまとめです

きっかけは輪行マナーに関するツイートの波紋

最近何かと話題の「輪行」。きっかけはTwitterでサイクルライフナビゲーターで自転車MCとしてもおなじみの絹代さんが、車内で見かけたある輪行中の乗客を撮影し、輪行中のマナーに関して疑問を投げかけたことでした。

そのツイートは現在削除されていますが、輪行に関して多くの波紋を投げかけたことから、FRAME編集部では、まずは第一弾としてTwitterで輪行に関するアンケートを実施。第二弾としては自転車活用推進研究会事務局長・内海潤氏が輪行に関するエッセイをまとめます。

この第一弾では自転車に乗る皆さんが輪行について感じていることを調査

まずは、「輪行」、実際にやったことがあるかどうか。


52%の人が「ある」と解答。意外に多いですよね。

2つめの質問は「どこに輪行袋を置きますか?」

フリー解答でしたが、38の解答が寄せられました。その中で代表的なものを3つご紹介します。


電車の種類によって場所を変えたり、混んでいる時間帯は輪行しないで自走、など、他の乗客と空間をシェアしていることに意識が向いている方がほとんどでした。
皆さんはいかがですか?

3つめの質問は「輪行に対して注意されたことはあるか?」

こちらもフリー回答でしたが、40のレスポンスがありました。
代表的なものを3つご紹介します。

自分が輪行する人は逆に他人の輪行袋が気になったりも確かにしますね。また、輪行することで意外に話しかけられ興味を持たれる、という人も数人いました。

4つめの質問は「電車の中で迷惑だと感じる行為」


この質問は選択性でしたが、21の返信ツイートがありました。

大きめの荷物を持っていること自体を非難するコメントは少なく、アンケート結果にもあるように「混んでいるのに詰めない」「吊革につかまらず、体重をかけてくる」など、他人に対するマナーがない人が、混んでいる電車でイラッとする一番の原因という回答が多かったです。

ここに掲載していない意見も参考になりました

興味を持った方はぜひツイッターの質問に寄せられた回答を読んでみてください。輪行時のマナーについて、第二弾の「日本で一番自転車乗りの権利を考える*」内海事務局長エッセイもお楽しみに。

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事