一般販売開始後6ヶ月で、累計ユーザー1万人も目前
BONXがついに北米に進出。本格的にグローバル展開をスタート。


同時にアプリの音質・グループ会話作成機能・UIを大幅にリニューアル


エクストリームコミュニケーションギアBONX Gripを製造・販売する株式会社BONXは、本日7月20日(木)にソフトウェアの大幅なアップデートを実施。それと同時に、北米での一般販売を開始した。エクストリームスポーツシーンにおける、必要不可欠なコミュニケーションデバイスとしてより多くのユーザーに届けて行く。

2016年12月に日本国内でのBONX Grip一般販売開始以降、ウィンタースポーツから自転車、カヤック、釣り、ランニング、サバイバルゲームなどのエクストリームスポーツのユーザーを中心に累計1万ユーザーも目前と迫っている。今後もBONXは、今回の大幅アップデートを機に『遠く離れた人といつでもテレパシーのように話せるようになる』新しいコミュニケーション体験をお届けできるよう邁進して行く。

CEO宮坂 貴大のコメント:「理想とする体験の追求に終わりはないが、ようやく皆さんに使ってもらえるところにまで来た。プロダクトも、ブランドも、ディストリビューションも、近道はないことがよくわかった。今後も一つ一つ着実に進めて、世界で愛されるプロダクトに育てていきたい。」

ソフトウェアの大幅な機能改善・アップデート


ソフトウェアの大幅な機能改善・アップデート

ソフトウェアの大幅な機能改善・アップデート



ソフトウェアアップデート内容


  • 騒音環境でも、聞き取りやすいよう大幅改善し、クリアな音質を実現。
  • ユーザー要望に基づき、グループ作成のやり方がより直感的に。
  • トークルーム画面のカスタマイズ機能を追加。

グローバルなマーケティング活動を本格化


グローバルなマーケティング活動を本格化

グローバルなマーケティング活動を本格化



マーケティング強化内容


① 販売チャネルの拡大


海外:アメリカ・カナダでGoProの成功を支えた人材を軸にセールスチームを結成し、海外小売店舗で展開を開始。
国内:ゼビオグループなどを始めとしたスポーツ量販店やアウトドアショップなどの実店舗での展開を拡大。

② 各スポーツでのマーケティングを本格化


ブランドアンバサダーを積極的に迎え、ウィンタースポーツ、自転車、釣り、サバイバルゲーム、ランニング、カヤックなど様々なジャンルにおけるプロモーションを展開予定。

③ ウェブサイトの全面リニューアル


スタートアップの事業をクリエイティブの力でサポートする、The Breakthrough Company GOとパートナーシップを締結。ウェブサイトリニューアル、さらに新たなブランドスローガン「遊びを、遊び尽くせ。」を発表。

BONX Gripとは


BONX Gripは、革新的なウェアラブルコミュニケーションデバイスとして開発された。片耳に装着するデバイスとアプリケーションを組み合わせて使用する。スマホにBluetoothを接続する仕組みなので、携帯電波の入るところであれば、超遠距離・悪天候・高速移動中でも会話が可能である。独自のグループ通話アプリを組み合わせて使うことで、お互いがどこにいても、まるで隣にいるかのように仲間と会話ができる。

アウトドアシーンにおいて特に活躍するが、その利用シーンは無限と言える。通勤や家族レジャーにおけるコミュニケーションにも活用可能。あらゆる会話コミュニケーションの可能性を広げて行く。

完全独自のグループトークシステム


完全独自のグループトークシステム

完全独自のグループトークシステム



  • 専用アプリにより最大10人まで同時相互通話が可能です。
  • インターネット通信のため、通話距離は無制限。免許は不要、混信もありません。
  • 不安定な電波環境でも接続を維持でき、さらに自動で再接続します。
  • 自分や相手の電波状況を、音声で通知してくれます。

新しい感覚の発話検知技術


新しい感覚の発話検知技術

新しい感覚の発話検知技術



  • ボタンを押す必要がなく、話すだけで通話を開始。
  • 最小限の処理時間で正確に人の声だけを検知します。
  • 独自アルゴリズムで「はぁはぁ」という息切れや遠くの人の声は拾いません。
  • 機械学習によってユーザーの音声環境に自動で最適化。マニュアルでノイズフィルターを調節することも可能です。
  • Push to Talkモード利用でトランシーバーのように使うことも可能です。

クリアな音質


クリアな音質

クリアな音質



  • デュアルマイクによるデジタルノイズキャンセリング、そして職人技の音質チューニングによって、臨場感の伝わるクリアな音質を実現しています。
  • ハードとソフト両面で風切音対策を実施、過酷な環境でも快適に会話できます。

最小限の電池・データ使用量


最小限の電池・データ使用量

最小限の電池・データ使用量



  • 話してるときだけ通信するので、バッテリーや通信量を節約できます。
  • バックグラウンドモードでも問題なく動作できます。

アクティビティに最適


アクティビティに最適

アクティビティに最適



  • 開放型イヤフォンなので、装着側の耳からも周囲の音が聞こえ、安全です。
  • パーツのサイズを選べるので、長時間でも快適な装着感です。
  • 押しやすい大きなボタン設計によって手軽にミュートや音量調整が可能です。
  • 生活防水に加えて、耐衝撃性も完備しています。
  • 1日中問題なく稼働できる長時間バッテリーを搭載しています。

音楽・電話にも最適


音楽・電話にも最適

音楽・電話にも最適



  • クールな4色展開であなた好みの色を選べます。
  • 街中で安全に音楽を聞きながら移動するのに最適です。
  • グループトーク中にワンタップで電話に出ることも可能です。

どんどん便利に


  • アプリのアップデートに応じて、機能が拡張できます。

製品仕様


メーカー希望小売価格 各色 ¥15,800円(税込)

メーカー希望小売価格
各色 ¥15,800円(税込)


マイク方式:デュアルマイク
重さ:約15g(1) 本体サイズ(イヤーループ除):縦×横×厚み = 約32 × 約44 × 約18mm
バッテリー方式:リチウムポリマー電池 充電方式:マイクロUSB
連続通話時間(BONXアプリ使用時):約7時間~
待機時間:約400時間 防水性能:IPX5
Bluetooth: Dualmode Bluetooth 4.1 (Bluetooth classic and BLE)
ペアリング済みスマホとの通信距離:最大約10m(Class 2)
対応端末:iPhone 5以降のApple製端末、iOS 9以降。Android 4.3以降の各社端末
同梱物:イヤーループ(3サイズ)、イヤーキャップ(2サイズ)、ステッカー、
microUSBケーブル、製品マニュアル
製品保証期間:購入より1年間
注記
1: 本体にイヤーループ及びイヤーキャップを装着した実際の使用時の環境でのサイズ。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!