システムと快適性を強化した新型SYNAPSE、今ここにデビュー
~ いつでも、どんなところでも、思うがままにトコトン乗る ~


キャノンデール・ジャパン株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:池田新)は、十分なレースパフォーマンスと、本物のエンデュランスライディングを融合させた新型SYNAPSE を発売した。

SAVEマイクロサスペンションシステムに、さらに強力なSAVEシステムバーが加わり、無駄なパーツを組み込むことなく不快な振動や衝撃を取り除くことに成功している。「思う存分ペダルをまわし、まだ見ぬ先へバイクを進め、家に戻ってくるころには、脚が完全に売り切れ。それでもまた、次の日にはバイクに乗りたい。」馬鹿げていると周りからいわれようがそれがジブンスタイル。そんなあなたに、ピッタリの1台の登場だ。

また、2018年モデルのSYNAPSEにはSE(Special Edition)シリーズというモデルを追加した。大きなタイヤ、ワイドリム、ワイドギアレンジ、そしてシンプルなグラフィックを特徴としており、新型SYNAPSEの可能性をさらに広げ、見知らぬルートへも迷わず背中を押してくれる1台となっている。いつでも、どんなところでも、思うがままにトコトン乗る。「エンデュランス」というスタイルの最先端をいく新型SYNAPAE、今ここにデビューである。

  • 新開発の SAVE システムバー:一般的なハンドルバーよりも、しなりやすく、快適性を向上しています。ハンドルまわりをスッキリさせる専用マウントを付属している。
  • 再設計されたエンデュランスジオメトリー:重心が低く、やや前にあり、そしてアップライトなハンドリングポジションのため、長時間乗っても疲れない。32 ㎜のタイヤ幅まで対応する。
  • フルフェンダー装着可能:フレームのルックスを損なわないデザインで、フェンダーブリッジは取り付け&取り外し自由である。
  • 3種類のフォークステア径とヘッドチューブ径:すべてのサイズにおいて妥協することなく、ベストなライドフィールを提供する。すべてのライダーが同じハンドリングを楽しめる。

SYNAPSE
TRUE ENDURANCE MACHINERY


Synapse_Lifestyle

十分なレースパフォーマンスと本物のエンデュランスライディングの融合。SAVEマイクロサスペンションシステムに、さらに強力なSAVEシステムバーが加わり、不快な衝撃を減らしライディングに必要な路面情報だけをシナプスを介し脳に伝達。ライダー&バイク&路面がひとつになるあの感覚。これこそが、本物のエンデュランスライディング。進化した新型SYNAPSE、今ここにデビュー。

KEYFEATURES
システムと快適性をさらに強化


Synapse_SAVE_SystemBar

快適性を高め、どんなスタイルの走りにも応え、洗練されたルックスはそのままに。
次世代のシステムインテグレーションだからこそ成しえた結果である。

» SAVEマイクロサスペンションが完成度を極め、ライダーとバイクを乖離させることなく、最高のライディングだけを提供する。

  •  新開発のSAVEシステムバーは、ライダーに合わせて調整幅が広く、快適性を高め、最高のライディングを実現させる。
    — 人間工学に基づいたオーバル形状のため、一般的なハンドルバーよりも、しなりやすく、快適性を高めている。
    — 11種類のステム(+6度 -6度 70~130㎜)と最大8度の角度設定が 可能なハンドルバーにより、ほとんどのポジションに合わせることが可能である。
    — ハンドルまわりをスッキリさせるガーミンマウント&Fabric製ルマレイライト付属
  •  フレームとフォークにあるSAVEが再設計され、シルキーな乗り味はそのままに、旧モデルに比べ剛性を高めている。
  •  25.4mm径のSAVEシートポストも快適性の向上に一役買っている。

» ダウンチューブにあるケーブルポートのプレートは交換が可能で、メカニカル方式だけでなくDi2およびeTapなど、あらゆるコンポーネントに一つで対応する完璧なシステムを実現している。

WIDE-RANGING
ENDURANCE CAPABILITY


Synapse_Reverse_Hero

「エンデュランス」とは、いつでもどんなところでも、思うがままにトコトン乗る、というスタイル。
新型SYNAPSEは、まさにあなたのリクエストに応える1台である。

Synapse_Tire_Clearance

» 再設計されたエンデュランスレースジオメトリー:重心が低く、やや前にあり、そしてアップライトなハンドルポジションのため、長時間乗っても疲れない。また、32mm幅のタイヤにも対応するため、そのグリップ性能とクッション性能を存分に享受できる。

» フルフェンダーが装着可能で、マウントもフレームのルックスを損なわないデザイン。また、フェンダーブリッジは取り付け&取り外し自由である。

Synapse_Flat_Mount_Brake

» 前後ともスルーアクスルに変更され、フラットマウントディスクブレーキを採用しており、エンデュランスライディングにおけるベストなフレームデザインである。

TRUERACE PERFORMANCE


今までよりも軽く、高剛性、そして新しいサイズ毎のフレームデザインにより、あらゆる体型のライダーでも全く同じフィーリングが味わえるのが特徴である。

Synapse_Hero

» フレーム重量950グラム – これまでのハイモッドフレームに比べて220グラム以上の軽量化に成功し、その軽い走りはヒルクライムでも大きなアドバンテージとなる。

Synapse_Asymmetry

» 新しいレイアップ方法と、各種チューブ径の変更、そして左右非対称のフレームデザインにより、旧モデルに比べて剛性が増し、ワールドツアーで活躍するスプリンターの脚力にも耐える高剛性に仕上がった。
» すべてのサイズにおいて妥協することなくベストなフィーリングをデザインしている。

Synapse_Size_Optimized_Design

  • 各フレームサイズに応じて、最適なカーボンレイアップを施し、最適なチューブ径を使用することによりベストな剛性を引き出している。
  •  3種類のフォークステア径とヘッドチューブ径を用意し、3種類のフォークオフセットを用意しているため、すべてのサイズにわたり全く同じライドフィールとハンドリングが楽しめる。
  •  フレームサイズ44-48cm:ヘッドチューブ径上下1-1/8”、フォークレイク60mm
  •  フレームサイズ51-54cm:ヘッドチューブ径上1-1/8” – 下1-1/4”、フォークレイク55mm
  •  フレームサイズ56-58cm:ヘッドチューブ径上1-1/8” – 下1-3/8”、フォークレイク45mm

NEW ROAD SE MODEL


NEW ROAD SE MODEL

2018年モデルの新型SYNAPSEにはSE(Special Edition)シリーズというモデルがある。SEシリーズとは、より大きなタイヤ、ワイドリム、ワイドギアレンジ、そしてシンプルなグラフィックが特徴。新型SYNAPSEの可能性をさらに広げ、見知らぬルートへも迷わず背中を押してくれる1台となっている。

日本国内での新型SYNAPSEシリーズは、HI-MODカーボンフレーム2モデル、STANDARD-MODカーボンフレーム2モデル、アルミフレーム2モデル(SE1台含む)の計6モデルを用意した。なお、リムブレーキの2モデルは、従来のSYNAPSEフレームとなる。

SYNAPSEHI-MODDISCDURA-ACE DI2


C12138M

¥1,050,000 +税

FRAME:NEW Synapse Disc, BallisTec Hi-MOD Carbon, Di2 ready, SAVE PLUS, BB30a,flat mount, 12mm thru axle.
FORK:NEW Synapse Disc Asymmetric, SAVE PLUS, BallisTec Hi-MOD Carbon,integrated crown race, size-specific design.
48: 1 1/8” steerer, 60mm rake51-54: 1-1/8”- 1-1/4” tapered steerer, 55mm rake
56: 1-1/8”- 1-3/8” tapered steerer, 45mm rake
RIMS:Cannondale HollowGram SL, Carbon Clincher Disc, 19mm inner, 35mm deep, tubeless ready
HUBS:Cannondale HollowGram SL Disc, 100x12mm, 24h (F) / HollowGram by DT
Swiss, 142x12mm, 28h (RR), Center-lock, straight-pull
SPOKES:DT Swiss Aerolite, straight pull
TIRES:Vittoria Corsa 700x28c
PEDALS:N/A
CRANK:Cannondale HollowGram SiSL2, BB30a, w/ OPI SpideRing SL, 50/34
BOTTOM:BRACKET FSA BB30 Bearings
CHAIN:Shimano HG901, 11-speed
REAR:COGS Shimano R9100, 11-30, 11-speed
FRONT:DERAILLEUR Shimano Dura-Ace Di2 9150
REAR:DERAILLEUR Shimano Dura-Ace Di2 9150
SHIFTERS:Shimano Dura-Ace Di2 9170 hydro disc
HANDLEBAR:Cannondale SAVE SystemBar, Carbon
GRIPS:Cannondale Grip Bar Tape w/Gel, 3.5mm
STEM:Cannondale SAVE System
HEADSET:Synapse Si, 25mm carbon top cap
BRAKES:Shimano Dura-Ace 9170, hydro disc, flat mount, 160/140mm
BRAKE LEVERS:Shimano Dura-Ace Di2 9170 hydro disc
SADDLE:Fabric Scoop Shallow Pro, Carbon Rail
SEATPOST:Cannondale SAVE Carbon, 25.4x350mm (48-56)
SIZES:48, 51, 54, 56
COLOR1:Jet Black w/ Cannondale Green and Fine Silver – Gloss (REP)
EXTRAS:Integrated SAVE Handlebar Garmin Mount and Fabric Lumaray front light

その他のモデルの詳細はキャノンデールのウェブサイトで確認していただきたい。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!