意外に誤解されている牛乳の真実「太る/太らない」編

牛乳を巡る意外な事実

みなさんこんにちは!ミルクマイスター®高砂です。

7月に入っていよいよ夏本番!
夏はボディが気になる季節でもありますね。
今日はボディに牛乳が良い!という話をしたいと思います。

いろんな所で、牛乳のお話をさせていただくのですが
その時いつも聞かれることがあります。

それが、

牛乳が健康に良いのはわかったけど、
牛乳って太るんでしょ~?

というご質問です。

なるほど~
みなさんそんなに牛乳を飲むと太るというイメージがあるんですね。
ダイエット中の方や、
自転車乗りのみなさんも気になる方も多いのではないでしょうか。

実は何と!!

牛乳を飲むと、メタボになりにくい!!

との調査結果が出ているんです。
(※2010年 日本栄養・食糧学会誌 8月号より)

太るどころかメタボになりにくくなるとまで
言われています。
それは一体なぜなのでしょう?

ポイントは2つあります!

1つはカルシウムです!

牛乳に含まれるカルシウムが
脂肪細胞内での脂肪の合成を抑え
脂肪が分解されやすくなると言われています。

kevinの解説
kevinの解説

2つめは乳脂肪です!

牛乳はほとんどが水分で
脂肪分(乳脂肪)は100g中わずか約3.6g。
水分に乳化しているので、
消化吸収がよく燃焼されやすいのが特徴です。
また、乳脂肪には脂肪酸の種類も幅広く含まれ、
飽和脂肪酸から不飽和脂肪酸を
バランスよく摂ることができます。

kevinは牛乳の妖精(?)です
kevinは牛乳の妖精(?)です

脂肪分は、牛乳の美味しさには欠かせない存在ですし
カラダにとって不可欠な存在です。

不足すると体にもよくありません。
牛乳で脂質をバランスよく取り入れて
健康的な夏をスタートしましょう!

予告
予告
ミルクマイスター高砂

WRITTEN BYミルクマイスター高砂

山形県寒河江市出身。日本全国の牛乳を飲み歩き、 牛乳の魅力を広める活動をしている日本初のミルクマイスター®です。 だいぶ前になりますが、KUOTAのカルマという ロードバイクに乗っていました。 https://www.instagram.com/milkmeister/

他の記事も読む

関連記事