トレック・ジャパン「Madone」のラインナップにMadone 9.0を追加

ノーマルステムが標準装備されたMadone 9.0 新登場

トレック・ジャパン株式会社は、究極のエアロロードバイク「Madone(マドン)」のラインナップにMadone 9.0を追加したことを発表した。

フレームはこれまでと同じOCLV600(H2フィット)の究極エアロ形状を身に纏いつつ、Madone 9.0の最大のポイントはノーマルのステムが標準装備されている点である。
究極のエアロを目指すのであれば、専用の一体型ステム/ハンドルバーに勝るものはないが、ポジションに細かくこだわるライダーにとっては、自由自在にハンドルポジションを調整できるような利点が必要不可欠である。またハンドルに関しても好みのものが使用できるようにもなる。

通常のハンドルバーが装着できることにより、これまで不可だったDHバー(エアロバー)の装着が可能になる点も大きなポイント。ロードレースのタイムトライアルやトライアスロンに参加される方には、専用のTTバイクを保有しなくてもそれに限りなく近い効果が得られる。起伏に富んだコースでのTTバイクの使用は、時に危険を伴うこともあるし、そのようなコースでは必ずしもTTバイクのほうが速いとは限らない。そのような観点からも、Madone 9.0は様々なコースプロファイルに対応する究極のトライアスロン用ロードバイクとなる。

※イメージはプロツアーチームスペックの画像

Madone 9.0   510,000円(税抜)

Madone 9.0

  • カラー:2色展開(Matte Dnister Black/Quicksilver, Viper Red/Trek White)
  • フレーム:600 Series OCLV Carbon, KVF (Kammtail Virtual Foil) tube shape, Madone IsoSpeed, Micro-adjust seatmast, E2 tapered head tube, BB90, invisible cable routing, control center, precision water bottle placement, Aero 3S chain keeper, DuoTrap S compatible
  • フォーク:Madone KVF full carbon, carbon E2 steerer, carbon dropouts, integrated brake
  • ホイール: Bontrager Aeolus Comp Tubeless Ready
  • タイヤ: Bontrager R3 Hard-Case Lite, 120 tpi, aramid bead, 700x25c
  • シフター: Shimano Ultegra, 11 speed
  • フロントディレーラー: Shimano Ultegra, braze-on
  • リアディレイラー: Shimano Ultegra
  • クランク:Shimano Ultegra, 50/34 (compact)
  • BB: BB90
  • カセット(スプロケット):Shimano Ultegra, 11-28, 11 speed
  • サドル:Bontrager Montrose Elite, titanium rails
  • シートポスト:Madone Micro-adjust carbon seatmast cap, 25mm offset
  • ハンドルバー:Bontrager Race Lite Aero, VR-CF, 31.8mm
  • ステム:Bontrager Pro, 31.8mm, 7 degree, w/computer & light mounts
  • ブレーキセット:Madone aero, integrated

detail

detail

detail

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事