マルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)は、果たしてパリ・シャンゼリゼでもマイヨヴェールを着ているのだろうか? ©A.S.O.

ロケットみたいに速い、強い!けど意外に知られていないスプリンター|マルセル・キッテルとは

すでに今期ツールで5勝、あだ名は「ロケット」

ツール・ド・フランス2017、マルセル・キッテル(ドイツ・クイックステップ・フロアーズ)がすでに5勝。スプリンターはその走りの激しさからかユニークなあだ名が付きやすいが、そのスプリントでの無敵ぶりが「キッテル・ロケット」と讃えられている。

5勝目の瞬間、ゴールでポーズ©A.S.O.
5勝目の瞬間、ゴールでポーズ©A.S.O.

動画で見ると・・・

キッテル自身もTwitterで絶好調ぶりをアピール。

まだまだ続くよ!これで5勝目!! チームのみんなのおかげでまたパラダイスにいられるよ

カヴェンディッシュがリタイア、サガンが失格となり強力なライバルが減ったというのもあるが、とにかく強い。


今やドイツ最強のロードレーサーとなったキッテル。その強さの秘密はどこにあるのだろうか。

自転車を始めたのは13歳、母は高飛びの選手

自身のオフィシャルサイトによると、マルセル・キッテルはアマチュアとしてはかなり熟練のサイクリストの父と、高跳びの選手の母の間に生まれた。父の脚質はスプリンターだったという。だが、母が才能に溢れた高飛び選手だったため、マルセル少年はSG Motor AArnstadtで陸上競技をやっていた。本人曰く「母の才能はこれっぽっちも受け継いでない」とか。それが、13歳で自転車・・・サイクリングを始めたとき「これが自分のためのスポーツだ!」と確信した。

彼が「自転車は天職だ!」と感じたその場所とは、平坦ではなくなぜか「山」であった。
家族でアルプスへ休暇に出かけているときに「ちゃんとしたレースバイクに乗ろう」と決意。山は苦手だし、それ以降も一度も好きになったことはないが、なぜかアルプスで自転車に乗ると決め、父に伝えたところ、休暇からの帰りに電話で注文してくれたのだとか。最初に走ったライドはたった30kmだったが、今でもその時のことを忘れていないという。

山岳ステージ?  休息日が待ち遠しい

マルセル少年はロードレースに情熱を感じながらも、テクニックを磨くためマウンテンバイクを練習。レースデビューも実はマウンテンバイクのレースだったとか。そして、彼は完走できなかった。が、しかし、熟練サイクリストである父の教えが頭にあり、結果は気にしなかったという。
「全力を尽くしたかどうかが大事で、リザルトは関係ない」と。どうやって全力を尽くすかを学んでいくなかで、勝利もあったし、全力を尽くしても自分より強いものが勝つこともあった。この父の教えは、負けたときにいさぎよく負けを認めることと、勝利への渇望を育てたようだ。

ここに興味深い動画がある。2013年10月、キッテルがまだチーム・アルゴス シマノ所属のとき、第一回さいたまクリテリウムに出場のため来日。ゲスト・アクティビティとして用意された相撲へ挑戦する場面だ。

https://youtu.be/5n5Qawfhh8U

その年のツール・ド・フランスの覇者フルームを始め、ほとんどの選手は相撲取りに挑んだのは1回だけ。しかしキッテルは2回挑んだ。1回目は勝手がわからずあっという間に押し出し。その後の2回めでは今度は自分は押し出しを決めた。ここにも「全力を尽くしたかどうかが大事」という父の教えが生きているように思える。

ウィルスでダウン成績が残せなかった2015年を経て今がある

この2013年にはツール・ド・フランスの第2ステージで勝利し、ドイツ人サイクリストとして14人目の、マイヨ・ジョーヌを獲得。この年のツールではラストステージ・シャンゼリゼでの勝利も含めると計4つのステージに勝利している。翌2014年もツール・ド・フランスで4勝するなど華々しく活躍、その活躍は翌年も続くかに見えた。
「その年のツアー・ダウンアンダーでアデレイドから帰国したとき、調子が悪いことに気がついた。何かのウィルスにやられたんだけれど、レースに復帰するのが早すぎた」(キッテルの公式サイトより)
思うように体が動かない。いったんレースに復帰したものの、チーム・ドクターの再診で「完全に治るまでレースは休む」方針に切り替えた休養を経て復帰したキッテルは2016年、ツール・ド・フランス第4ステージ優勝を飾って、その存在を世界に再びアピールしたのだ。

まとめると


活躍できなかった2015年への悔いがあるからこそ、今年生き生きとロケットスプリントを爆発させているキッテル。ゴール前の最高速度ではライバルのグリーンヴァーゲンのほうが上というデータがでているが、位置取りと仕掛けるタイミングで現在キッテルに勝てるものはいない。元チームメイトで現ライバルのヨーン・デゲンコルブ(ドイツ/トレックセガフレード)にも「とにかく強い」と完敗宣言されたキッテル。この先勝利の数はいくつ続くのだろうか。

Name Marcel Kittel
Birthday 11.05.1988
Birthplace Arnstadt
Height 188 cm
Weight 85 kg
Interests
Relaxing on my couch with good music
Going out with friends
Good food
Going shopping
Rider type Sprinter
Trainer Koen Pelgrim
Teams
Quick-Step Floors Cycling Team (since 2017)
Etixx – Quick-Step (2016)
Team Giant-Alpecin (2015)
Team Giant-Shimano (2014)
Team Argos-Shimano (2012-2013)
Skil-Shimano (2011)
Thüringer Energie Team (2007-2010)

参考文献:Marcel Kittel fighting for fitness after energy-sapping virus
Marcel Kittel Officcial Site
Top photo:(C)A.S.O.

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事