サイクルヨーロッパ BIANCHI STORE限定「ロードバイクスタートキャンペーン」を実施
date : 2017.08.11 update : 2017.08.11

サイクルヨーロッパジャパン株式会社は、BIANCHI STORE全店にて、これからロードバイクを始めたい方を対象とした「ロードバイクスタートキャンペーン」を実施する。

本キャンペーンでは2017年モデルVia Nione 7 Craris購入者を対象に、サイクリングの必需品である、ヘルメット、フロアポンプ、ライト(前後)をセットにしたスターターキットを、特別価格にて販売する。

Via Nirone 7シリーズは、1885年にBianchi第一号店が開店したイタリアミラノの「ニローネ通りの7番地」に由来する、ビアンキのベストセラーモデル。
堅牢なアルミフレームにカーボンフォークが装備されており、剛性と乗り心地、軽量性を持ち合わせています。独自のK-BIDテクノロジー(KEVLAR VIBRATION ISOLATING DEVICE)とBAT( BIANCHI ACTIVE TECHNOLOGY )が使用されることにより、走行時の高い安定性が特徴であり、エントリーユーザーからシリアスライダーまで幅広く使用できる1台である。

本キャンペーンを通じて、ビアンキストアではこれからロードバイクを始める方が、安全にサイクリングを楽しめるように案内する。

BIANCHI STORE 限定ROAD BIKE START CAMPAIGN

■内容
ロードバイクをこれから始める方を対象とした、バイクとパーツの特別スタートアップセットの販売。

■対象車種
2017モデル Via Nirone 7 Craris

Via Nirone7 PRO Claris Light BluePink

Via Nirone7 PRO Claris Light BluePink


42-Via Nirone7 PRO Claris Celeste

42-Via Nirone7 PRO Claris Celeste


Via Nirone7 Pro Claris Matt Silver

Via Nirone7 Pro Claris Matt Silver


Via Nirone7 PRO Claris Matt White

Via Nirone7 PRO Claris Matt White


■セット内容
BIANCHI Helmet Tranfi (Celeste Color)
BIAMCHI USB LIGHT/fornt&rear
FLOOR PUMP AL TWIN VALVE (White Color)

Helmet

Helmet


Front Light

Front Light


Rear Light

Rear Light


Pump

Pump


■金額
¥100,000-(税抜) (バイク+パーツ)

■期間
在庫なくなり次第終了

BIANCHI STORE 限定ROAD BIKE START CAMPAIGN

BIANCHI STORE 限定ROAD BIKE START CAMPAIGN

K-BID (KEVLAR VIBRATION ISOLATING DEVICE) BAT( BIANCHI ACTIVE TECHNOLOGY)

K-VID(KEVLAR VIBRATION ISOLATING DEVICE)とは、カーボン素材にケブラーを挿入することで、路面からの振動を吸収するとともに、路面との接地感を向上させる。
BAT(BIANCHI ACTIVE TECHNOLOGY)とは、ペダリングパワーを無駄なく伝達しながらも、多方向の様々な挙動変化に対応する剛性バランスを実現する。

K-VID & BAT

K-VID & BAT

BIANCHI STORE (ビアンキストア)

東京、神奈川、埼玉を中心に10店舗展開しているBianchiの直営店。自転車界でビアンキが独占使用可能な画期的な振動除去機能、CounterVail®を搭載したをハイエンドモデルを中心に、フルラインナップを取り扱い、バイクの販売だけでなく、一人一人に合わせたきめ細かなフィッティングサービスやメンテナンスサービスを実施する。2017年7月には10店舗目となる直営店、ビアンキ目白がオープンした。

公式サイトはこちら

ビアンキ外神田
ビアンキ表参道ヒルズ
ビアンキ青山
ビアンキ丸の内
ビアンキ大宮
ビアンキ立川
ビアンキ町田
ビアンキ横浜
ビアンキ目白
ビアンキカフェ&サイクルズ(自由が丘)

BIANCHI STORE

BIANCHI STORE


BIANCHI STORE

BIANCHI STORE


Follow FRAME

Written by FRAME編集部

FRAME編集部です。