【2018】スペシャライズドおすすめロードバイク|初心者から上級者まで満足できる自転車8選

アメリカに本社を置くSPECIALIZED(スペシャライズド)。多くの自転車ショップで販売されているため、目にされた方も多いかと思います。2018年モデルでは既に、アルミバイクの「Allez」、シクロクロスの「CLUX(クラックス)」、グラベルロードの「DIVERGE(ディヴァージュ)」が先行で発表されており、更に7月には新しい「TARMAC(ターマック)」が発表されました。

SPECIALIZEDのロードバイクはパワー伝導の良さが特徴的です。ペダルを踏み込んだ力の多くを無駄にせず、推進力へと変換してくれる車体設計のため走り出しも快適。おまけに重量が軽いモデルが多いので坂道でも楽々。自転車での本格的なエクササイズを行いたい、サイクリングロードを気持ちよく走りたいとお考えの方であれば是非とも考えていただきたいメーカーです。

さて、今回はこれからロードバイクを始めてみたい方、もしくは自転車を始めて間もない初心者の方でもわかりやすく、スペシャライズドのロードバイクを「手軽に始めたい方向け」「レースやヒルクライム、本格的な走りを楽しみたい方向け」「シクロクロスやグラベルロードに挑戦する方向け」の3つのカテゴリーに分けて8台ご紹介したいと思います。特に、これから本格志向を目指している方、必見ですよ。

※ロードバイクの選び方を知りたい方はまずこちらをご一読ください!

手軽に始めたい方向け

Specialized ALLEZ SPORT|スペシャライズド アレースポーツ

ALLEZ SPORT

低価格で入門レベルのロードバイクでも、フロントフォークにはフルFACTカーボンフォークを採用し、クラス最高の軽量性、洗練性、信頼性を追求したモデルです。また、通勤・通学の脚としても使えるよう、特性のラック/フェンダー用マウントが付いていて、バックパックをラックに載せることができます。

  • 色:gloss light blue/rocket red、satin navy/gloss nordic red
  • サイズ:49, 52, 54, 56, 58, 61
  • コンポーネント:shimano sora r3000
  • 参考価格:税抜108,000円

Specialized ALLEZ ELITE|スペシャライズド アレー エリート

ALLEZ ELITE
新設計のE5アルミ合金製フレームを持つAllezは、昨年のモデルと比べてフレームとフォークだけで450g以上もの重量軽減をしています。シマノ105のシフターが付いていることで、信頼性の高いシフト操作が可能です。まずはロードバイクに乗ってみたいという最初の一台にお勧めの性能を備えています。

  • カラー:gloss light blue/rocket red、gloss team yellow/tarmac black、satin black/white/clean、satin cool gray/gloss hot pink(このカラーは初回入荷限定)
  • サイズ:49, 52, 54, 56, 58, 61
  • コンポーネント:shimano 105 5800
  • 参考価格:税抜162,000円

レースやヒルクライム、本格的な走りを楽しみたい方向け

Specialized TARMAC MEN SPORT|スペシャライズド ターマック メン スポーツ

TARMAC MEN SPORT

Specialized Tarmac SL4のフレームとシマノ105のシフティングを組み合わせた1台。同じクラスとしては、軽量のホイールセットが採用されており、ロードバイクを始めたい、速く走ってみたいという方にお勧めです。

  • 色:Blue Tint/Metallic White Silver Clean、Rocket Red/Satin Black Clean、Sagan Superstar
  • サイズ:49, 52, 54, 56, 58, 61
  • コンポーネント:Shimano 105, 11-Speed
  • 参考価格:税抜216,000円

Specialized TARMAC WOMEN EXPERT|スペシャライズド ターマック ウィメン エキスパート

TARMAC WOMEN EXPERT

今までSpecializedの女性用レーシングバイクと言えば「Amira」。しかしSpecializedは、新型Tarmac開発において男女共通のフレームを採用しています。女性用Tarmacは、新しいFACT 10rカーボンを採用し、重量を950g前後まで減らしました。付属のRoval SLX 24 Discホイールセットは重さ1600g未満。ヒルクライムに最適な1台が登場しました。

  • カラー:Satin Gloss Cool Gray/Acid Pink/Black
  • サイズ:44, 49, 52
  • コンポーネント:Shimano Ultegra 8000
  • 参考価格:税抜432,000円

Specialized S-Works Tarmac Men Ultralight|スペシャライズド エス-ワークス ターマック メン ウルトラライト

S-Works Tarmac Men Ultralight

S-Works Tarmac Ultralightは、新しいFACT 12rカーボンと製造手法により、200g近く重量を削減。また、塗装重量も、独自技術により10gと更なる軽量化を実現しています。
40㎞走った時に、同じカテゴリーの他の最軽量バイクと比べておよそ45秒速くなっているという、憧れの1台です。

  • カラー:Ultralight Monocoat Black/Silver Reflective C
  • サイズ:49, 52, 54, 56
  • コンポーネント:Shimano Dura-Ace Di2 9150
  • 参考価格:税抜1,134,000円

シクロクロスやグラベルロードに挑戦する方に

SPECIALIZED CRUX ELITE X1||スペシャライズド クラックス エリート エックスワン

CLUX ELITE X1

Tarmacで使用されたRider-First Engineered™テクノロジーにより、どのサイズのフレームもすべて同じライド特性を持つように仕上がっています。フレーム56cmサイズでわずか900gと軽いだけでなく、肩に担ぎやすいよう、フロントトライアングルのあき部分を大きくとったり、シクロクロスレースでの使用に最適なジオメトリーに設計されています。

  • カラー:gloss acid pink/tarmac black/white、gloss cast blue/rocket red/cool gray
  • サイズ:46, 49, 52, 54, 56
  • コンポーネント:sram rival 1
  • 参考価格:税抜388,800円

SPECIALIZED MEN’S DIVERGE COMP E5|スペシャライズド メンズ ディヴァージュ コンプ イーファイブ

MEN’S DIVERGE COMP E5

タイヤクリアランスの要望に応え、ニューデザインのフレームは700×42mmタイヤも装着でき、泥対策の空間も十分にあります。Roubaixの開発のヒントが生かされた、軽量で耐久性を持つE5高品質アルミ合金製フレームが使用されています。オフロードを走る衝撃を吸収するために、DivergeオリジナルのFuture Shockが採用されています。

  • カラー:gloss light turquoise/tarmac black
  • サイズ:48, 52, 54, 56, 58
  • コンポーネント:shimano 105 5800
  • 参考価格:税抜194,400円

SPECIALIZED MEN’S DIVERGE E5|スペシャライズド メンズ ディヴァージュ イーファイブ

MEN’S DIVERGE E5

通勤に使ったり、オフロードをお手軽に楽しんでみたい方にお手頃な1台です。低いボトムブラケット、緩やかなヘッドチューブ角度、短いチェーンステー/ホイールベースで、ダートだけでなく、ロードでも性能を発揮できるようになっています。
ウォーターボトルを3つマウントでき、ラック/フェンダーマウントを装備しているので、長旅にも行ける仕様になっています。

  • カラー:gloss candy red/tarmac black、satin black/white/charcoal
  • サイズ:48, 52, 54, 56
  • コンポーネント: shimano claris 2000
  • 参考価格:税抜118,800円)

SPECIALIZED公式サイト

まとめ

「手軽に始めたい方向け」、「レースやヒルクライム、本格的な走りを楽しみたい方向け」、「シクロクロスやグラベルロードに挑戦する方向け」の3カテゴリーに分けて、SPECIALIZEDのロードバイクを8台ご紹介しました。予算や用途と相談しながら、お気に入りの一台を探してあげてくださいね。

スペシャライズドに関する合わせて読みたい記事はこちらをご覧ください!

2018年モデルのロードバイクに関する記事はこちらをご覧ください!

WRITTEN BY猫ちぐら

翻訳会社のDTPオペレータからフリーランスへ。ダイエットのためにママチャリでサイクリングロードを走って自転車にはまる。登りは好きだが下りは嫌いなのが困った所。現在はヒルクライムや山岳系ロングライドでロードバイクを楽しんでいます。

他の記事も読む

関連記事