東京ゲームショウ2017にZwiftが初登場!Zwift​ ​VRを体験しよう!

東京ゲームショウにZwiftが初登場!
一般公開されていないZwift VR版で、3Dコースに没入するオンラインサイクリングを体験しよう

2017年9月21日(木)~24日(日)、幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2017にて、世界最高峰のプレミアムゲーミングブランドAlienwareを取り扱うDellブース内で、サイクリスト達の世界的なオンライントレーニングプラットフォームであるZwift(ズイフト)の、一般非公開Zwift VR版体験ステーションが登場する。

VRゴーグルを使って360度Zwiftのコースに没入し、3D空間でのライドを堪能できる数少ないチャンス。東京ゲームショウでは、高解像度で滑らかに動くAlienwareのPCと、 Tacxの室内スマートトレーナー上位モデルであるNEOを体験展示する。Zwift内の坂道での自動負荷変動、石畳やウッドデッキでの走行時に連動してリアルな振動を体感できるなど、VRで没入しながら実走さながらの体験を楽しむことができる。

リアルタイムで世界トップクラスのプロ選手や150カ国以上から参加する沢山のライダー達と一緒に走れるZwiftが、スポーツとオンラインゲームと最高峰ゲーミングPCの融合した初のコラボ出展。最近話題沸騰中の、ビデオゲーム競技を観戦する「eSports」の分野にも新しい風を吹き込み始めているZwift、そのVRバージョンをこの機会にぜひ体験しに行こう!

Zwift VR体験
Zwift VR体験

東京ゲームショウ2017

開催日時: ビジネスデイ、9月21日(木)~22日(金) 9:00~17:00
一般公開、9月23日(土)~24日(日) 8:30~17:00

開催場所: 幕張メッセ
公式サイトはこちら

Zwiftについて

長年の自転車スポーツへの情熱と共に創られたZwiftは、熱心なサイクリスト達であると同時に経験豊富なソフトウェアとビデオゲーム開発者達の集まったチーム。その情熱と自転車世界の深い知識を融合させ、Zwiftは屋外サイクリングの体験をインドアの大多数マルチプレーヤーゲームテクノロジーにした世界初の会社。既存のデバイス(室内トレーナー、パワーメーター、心拍計など)を業界スタンダードのANT+やBLEでワイヤレスに簡単接続するだけで、ビギナーから多数の世界トップレベルのプロ選手を含むアスリート達が150を超える各国から集まり、美しくリアルな3Dワールドで一緒にライドすることが出来る。構造化されたワークアウトやトレーニングプランから、フレンドリーなレースやカジュアルなグループライドまで、Zwiftは共通の興味を持つアスリート達のコミュニティを形成しながらより良いインドアサイクリング
体験を追求し続けている。

Zwift公式Facebookページはこちら

製品概要

名称: Zwift(ズイフト)
利用料: 1,200円/月
対応 OS: Windows、Mac OS、iOS
ダウンロード: 公式サイト または iTunesストア

LINK:Zwift
FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事