各種自転車競技・エンターテイメントが融合した 日本初のフェス型サイクルイベントが誕生! 「TRACK PARTY 2017 in Izu Velodrome」

2017年10月14日(土)、2020年東京オリンピック・パラリンピック自転車競技(トラックレース)開催地である“伊豆ベロドローム”にて、公益財団法人JKA主催にて日本初のフェス型自転車イベント「TRACK PARTY 2017 in Izu Velodrome」が開催される。

「TRACK PARTY 2017」は日本初のフェス型自転車イベント。メインコンテンツは、国内外のトップ選手が屋内バンクで競うトラック競技。トラック競技の華といわれるクラブミュージックとエキサイティングなMCの中でレースが繰り広げられる「Six Day」をモデルに開催。トラック内周にはレースを至近距離で観戦できるVIPラウンジを設置し新たなスポーツの楽しみ方を提案する。

さらに、屋外特設コースでは、全世界でフィックスドギアバイクムーブメントを巻き起こしたサンフランシスコの「MASH SF」と対決ができる「ストリートクリテリウム」や、「出前でガシャン!」など一般参加型の各種自転車レースや「BMXショーケース」などのアトラクションが楽しめる。

また、エンターテイメントとして「我が家」「Wエンジン」「土佐兄弟」などワタナベエンターテインメント所属の人気芸人によるお笑いライブも開催。屋内レース終了後には、音楽ライブの開催も予定している。

TRACK PARTY 2017 in Izu Velodrome
TRACK PARTY 2017 in Izu Velodrome

イベント詳細

開催日:2017年10月14日(土)
会場:伊豆ベロドローム及びその周辺(静岡県伊豆市大野1826日本サイクルスポーツセンター内)
入場料:無料
主催:公益財団法人JKA
後援:伊豆市、静岡新聞社、静岡放送、TOKYO FM、E-SPO(静岡県東部地域スポーツ産業振興 協議協会)、静岡エフエム放送(株)
協力:静岡県、グッドスマイルカンパニー、公益財団法人 日本自転車競技連盟、一般社団法人 静岡県自転車競技連盟、
一般問合せ:info@track-party.com
受付:10:00~
公式サイトはこちら
公式SNS:LINE@TRACK PARTY 2017公式アカウント
 トラックパーティーの最新ニュースが届く!
 当日会場で、スタンプラリーなど様々なアクティベーションを楽しめる!
スケジュール
 競技参加受付 10:00-11:00
 開場 11:00
 トラックレース 15:00-19:10
 サイドアクト 11:00-16:00
 アフターライブ 19:20-20:00
 閉場 20:30
アクセス
 伊豆箱根鉄道「修善寺駅」から新東海バス乗車(20分)、「サイクルスポーツセンター」下車徒歩約1分、JR伊東線「宇佐美駅」からタクシー利用約30分

※当日の実施内容・スケジュール等は変更・中止となる場合がある。予めご了承願いたい。
※シャトルバスの情報は公式サイトにて後日お知らせする。

MAP
MAP

メインレース/トラック競技

2020年東京オリンピックでも正式競技となっている自転車競技。
東京オリンピックの自転車競技会場である伊豆ベロドロームに、世界で活躍するナショナルチームや国内外のトップ選手が集結して競う。爆音のクラブミュージックが流れる場内を選手たちが6日間激走するヨーロッパ発祥のトラックサイクリングレース「Six Day」の雰囲気をモデルに開催!

短距離種目

フライング200mタイムトライアル

通常はスプリントの予選種目で、バックからスタートし約3周を徐々に加速。残り200m(1センターからゴールまで)を計測する。

スプリント

基本2名による3周レース。抽選でスタート位置(インかアウト)を決め、最初の半周は歩くスピード以上でなければならない。半周後は2回各30秒以内まで止まってもよい。残り200m前まで、もしくはスプリント(最終的なゴールへのダッシュ)開始までは、走路の全幅を使って相手をけん制して走ることができる。

ケイリン

日本発祥のオリンピック種目で1500m(6周)を6名で争う競技。風の抵抗による有利不利をなくすため、3周終了まで電動バイク(ペーサー)により先導する。スタート位置(内から順番)はスタート直前に抽選により決められ、最初の1周は抽選順どおりの並びで走らなければならない。

中距離系種目

スクラッチレース

トラック中距離種目「オムニアム」 (スクラッチ、テンポ、エリミネーション、ポイント)の中の一つで、単独種目でも実施される。単独では15km(60周)、オムニアムでは10km(40周)のトラックにおけるロードレース(今回行われるのは単独)。途中のポイント等はなく、単純に指定の距離を最初に走りきれば勝利。1周のニュートラルラップの後、フライングスタートを行う。

エリミネイション

トラック中距離種目「オムニアム」の中の一つで、2周ごとに最後尾の選手が除外(エリミネート)され、最終的に残った二人によりスプリントを行う(先着した方の勝利)。除外対象選手は、半周以内に通告され、直ちに競走を中止しなければならない。最後尾は、後輪後端で確認され、判断がつかない場合はドローとなりその回での除外はない。

テンポレース

トラック中距離種目「オムニアム」の中の一つで通常10km(40周)。最初の4周後、5周目から1着通過者のみに1ポイント与えられる。計36ポイントを争うレース。ただし、1周先行しラップ(追いつき)すれば20ポイントが与えられる。ポイント最上位が1位。同点の場合は最終ゴールの着順による。今回のレースは7.5kmで行われる。

注目選手

新田祐大

新田祐大
生年月日:1986年1月25日
出身地:福島県
成績:G1高松宮記念杯競輪優勝 2017、G1オールスター競輪優勝 2015

渡邉一成

渡邉一成
生年月日:1983年8月12日
出身地:福島県
成績:G1オールスター競輪優勝 2017、G2共同通信社杯優勝 2012

小林優香

小林優香
生年月日:1994年1月8日
出身地:福岡
成績:ガールズケイリンフェスティバル優勝 2017、ガールズドリームレース優勝 2017

※当日の実施内容・出場選手・スケジュールは変更・中止となる場合がある。予めご了承願いたい。

サイドアクト

メインレースの他にも、参加型コンテンツや、BMXショーケース、お笑い芸人によるステージ、著名アーティストによる音楽ライブを開催。乗って、踊って、騒げる、スポーツと音楽とエンターテイメントを融合した日本初の、フェス型サイクルイベントである。

参加型コンテンツ/事前募集

ストリートクリテリウム
フィックスドギアバイクムーブメントを創設したMASH SFが来日!

コスプレエンデューロ
グッドスマイルカンパニー全面協力の元、コスプレレースを開催

参加型コンテンツ/当日募集

出前でガシャン
そばの出前スタイルのレースを開催

ゴールドスプリント
ケイリンをもっと身近に!バーチャル自転車ゲーム“GOLD SPRINT”

エンターテイメント

お笑いステージ
「我が家」「Wエンジン」「土佐兄弟」などワタナベエンターテインメント所属お笑い芸人によるステージ

BMXショーケース
自転車とともに回転したり、タイヤの上でバランスをとったりといった芸術性の高いトリックを競い合う「フラットランド」 と、セクションと呼ばれるジャンプ台や障害物などを使いダイナミックな技を行う、オリンピック新種目の「ストリート」の、デモンストレーションを実施

音楽ライブ
著名アーティストによる音楽ライブを開催

※スケジュール・ゲスト等は変更になる可能性がございます
※BMXは雨天中止
※ストリートクリテリウム・出前でガシャンは雨天決行、荒天濃霧中止

ゲスト

MASH SF
MASH SF

全世界でフィックスドギアバイクムーブメントを巻き起こしたサンフランシスコの「MASH SF」。新世代のストリートだけでなく、Red Hook Crit.など、本格的な自転車競技にも出場し、MASH SFが持つアグレッシブなライディングスタイルを受け継ぎながら、更に進化させ、フィックスドギアバイクの持つ独特の刺激、楽しさを見事に表現している。

我が家
我が家

Wエンジン
Wエンジン

土佐兄妹
土佐兄妹

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事