実は紅葉ヒルクライムにうってつけ!ロードバイクで登って碓氷峠を100倍楽しもう
date : 2017.10.12 update : 2017.10.18

碓氷峠というと、「軽井沢」というイメージがすぐ浮かびますが、実際は群馬県と長野県の県境にあたる峠です。
「秋の夕日に 照る山もみじ~」で始まる童謡「もみじ」で歌われているのは、実は「碓氷峠」周辺の紅葉の事なんだとか。今回は紅葉シーズンも間近、碓氷峠の楽しみ方をご紹介します!

秋のサイクリングの楽しみは紅葉の絶景!

秋のサイクリングの楽しみは紅葉の絶景!

碓氷峠へ行くには?

輪行でのアクセスがベスト

碓氷峠(うすいとうげ)は、群馬県安中市松井田町と長野県北佐久郡軽井沢町との境にあります。
自転車で行く場合は、最寄はJR信越本線「横川」駅もしくは、しなの鉄道線「軽井沢」駅ですが、碓氷峠の頂上までは、群馬県側は長く、長野県側は標高差もあまりなく、約2km程と短いです。
碓氷峠を登るのであれば、「横川」駅からのスタートが見どころも多く、お勧めです。

碓氷峠はどんなところ?

横川駅から碓氷峠までは約14.2km、最大標高差は579m、平均斜度は全体で4%で、極端にきつい勾配はありません。

中山道である国道18号(旧道)には、カーブが非常にたくさんあり、小さなカーブも数えるとその数は全部で184個あります。カーブには「カーブ○○」と順番を示す標識がついています。
カーブ1~110位までは緩めの坂、カーブ110~184位では多少きつめになります。
路面は普通ですが、観光シーズンなどは車の通行量が増えますので、注意して登りましょう。
コースには、宿場町である「坂本宿」や、かつての廃線跡が忍ばれる橋梁などを目にすることができます。
広葉樹林に覆われている区間が多いので、春には新緑、秋には紅葉が楽しめます。また、木陰が多いため夏場でも非常に涼しく快適に走ることができます。

碓氷峠周辺の見どころ

碓氷湖

中尾川と碓氷川の合流点を堰き止めて造られた人工湖。
四方を国有林の大木に覆われ、特に秋の湖面にうつる紅葉はすばらしく、湖畔には童謡もみじの記念碑が立っています。紅葉の見ごろは、例年ですと11月上旬~中旬になります。

めがね橋

碓氷峠というと、まず思い浮かぶのが、この煉瓦造りのめがね橋。正式には、「碓氷第三橋梁」という旧信越本線の鉄道橋で、通称「めがね橋」と呼ばれています。径間数4、長さ91m、高さ31mで日本最大の煉瓦づくりアーチ橋です。
碓氷峠を登り始めて約6km地点(カーブ33)に見えてきます。めがね橋の上は廃線跡(アプトの道)になっていて、歩く事が出来ます。

アプトの道

信越線の横川駅近くの「碓氷峠鉄道文化むら」~熊ノ平信号場の廃線跡は、現在では「アプトの道」として遊歩道になっています。自転車では通ることはできませんが、紅葉の見所が多く、特に碓氷湖やめがね橋から見る紅葉は、眺めがとてもよいので、登ったついでに、ちょっと脚を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

旧碓氷峠見晴台

碓氷峠の頂上から県道481に入り、更に登ると旧碓氷峠の見晴台に出ます。
標高1200mの高所に位置し、眺望が最高です。ここは長野県と群馬県の県境になり、南アルプス、八ヶ岳、浅間山の眺望を眺めることができます。


碓氷峠を登った後のお楽しみグルメ

頑張って碓氷峠を登ったご褒美は、軽井沢まで脚を伸ばしてグルメを楽しんではいかがでしょうか?

しげの屋

旧碓氷峠の頂上にある江戸時代から続いた茶店。店内に県境があり、名物の力餅(クルミ、ゴマ、大根おろしなど、6種類の味がある)やお蕎麦が食べられます。

軽井沢に有る「しげの屋」と言うお店の力餅。こちらが力餅の元祖となるお店らしい、ただ碓氷峠と呼ばれる峠にお店を構えている為そうそう歩いては行けずバスかタクシーを利用して行かなければならない。 しげの屋では胡桃と黄味(青きなこ)を注文したが、一口サイズの餅に胡桃やきなこがまぶされており、餅ながらつるっとした食感で、何個食べても飽きが来なかった。(餅だけど) 蕎麦にも力餅が数個入っており、こちらは味付けがされていないのだが味付けがされていない力餅の方が美味しく感じた。って言うか力餅うまい #長野 #軽井沢 #しげの屋 #餅 #力餅 #碓氷峠 #和菓子

もここさん(@mococo000)がシェアした投稿 –

〒389-0101 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢町峠町2
営業時間:9:00~16:00
定休日:不定休(4月下旬~11月下旬迄営業)

ミカド珈琲

1948年創業の老舗の喫茶店。
「モカソフト」が有名で、ジョン・レノンとオノ・ヨーコもここの常連だったとか。モカソフトのみなら、テイクアウトもお勧めです。

(C)Kiko Nishihata

(C)Kiko Nishihata

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢旧軽井沢786−2
営業時間:9:00~18:30 (季節により異なる。要確認)
定休日:不定休

カフェ・ル・プティ・ニ3(カフェ・ル・プティ・ニ トロワ)

南軽井沢にある自転車乗り歓迎のカフェ。自転車ラック完備で、自転車で来店すると1回に付きスタンプカードにスタンプが1つ(100km以上だと2つ!)押され、8つになるとドリンクのサービスがあります。
ホットケーキや前日までの予約要の朝ごはんメニューのフレンチトーストなど目移りするメニューが、いろいろです。


〒389-0113 長野県北佐久郡軽井沢町発地1398−457
営業時間:8:00-14:00
定休日:木曜、金曜
LINK:Café Le Petit Nid 3

おわりに

群馬県から軽井沢へ至る碓氷峠。軽井沢=避暑地のイメージで、夏がベストシーズンかと思いがちなのですが、実は紅葉シーズンもお勧めです。
碓氷峠から軽井沢に行ってサイクリングをしたり、妙義山と碓氷峠を組み合わせてヒルクライムを楽しんだりと、いろいろなコースを組み合わせることができます。この秋、碓氷峠へ出かけてみませんか?


Follow FRAME

Written by 猫ちぐら

翻訳会社のDTPオペレータからフリーランスへ。ダイエットのためにママチャリでサイクリングロードを走って自転車にはまる。登りは好きだが下りは嫌いなのが困った所。現在はヒルクライムや山岳系ロングライドでロードバイクを楽しんでいます。