これからスポーツサイクルに乗ってみたい……ただしオシャレな自転車にね!そう考える人にルイガノのクロスバイクはうってつけだ。スタイリッシュなバイクは眺めるだけで心を満たしてくれるだろうし、豊富なカラーバリエーションは、自転車と過ごすライフスタイルを鮮やかに彩ってくれるはずだ。今回は税抜きで5~6万円代と手の届きやすい価格帯で、ルイガノのクロスバイクを紹介しよう。

ルイガノというメーカー


ルイガノというメーカー
ルイガノのクロスバイクを紹介する前に、まずはルイガノがどのようなメーカーであるかに迫ってみよう。ルイガノらしい、スタイリッシュでポップなバイクが生み出されている理由が見えてくるはずだ。

サイクリストでありアーティストである創始者ルイ・ガノー


ルイガノは、本拠をカナダのケベックに置く自転車メーカー。創業者でもあり現在の経営者であるLouis Garneau(ルイ・ガノー)は、もともとトラック競技の選手だった。個人パシュート(追い抜き競技)のカナダ王者という輝かしい経歴を持っている。
1983年、父親の家のガレージでサイクルウェアの製造販売を開始。その翌年、ロサンゼルス五輪に出場したが、それを機に競技生活を終えて会社経営に専念することになった。

ルイ・ガノー実家のガレージ。すべてはここから始まった ▲ルイ・ガノー実家のガレージ。すべてはここから始まった
出典: Louis Garneau Sports

現在は自転車本体の他、ライディングに必要なアクセサリー製品までトータルに展開している。そのデザイン性は高く、競技選手として活躍する一方、大学の芸術学部に通っていたルイ・ガノーの美術的な一面を見ることができる。
五輪にも出場したサイクリストとしてのこだわり、そしてケベック市立美術館に作品が飾られるアーティストとしての想いが融合したのがルイガノのスポーツ自転車である。

サイクリストでありアーティストでもあるルイ ▲サイクリストでありアーティストでもあるルイ

カラバリ豊富でスタイリッシュなルイガノのクロスバイク


そんなルイガノが作るクロスバイクは、やはりデザインが秀逸。街乗りに特化し、余計なものを削ぎ落したシャープさが光る。カラーバリエーションも豊富で、スタイリッシュで可愛い色合いをまとっているものばかりだ。
また、オプションパーツがさまざま用意されているのも特徴のひとつ。スタンド、フェンダー、キャリア、カゴなど、街乗りには欠かせないアイテムが揃っている。

初心者におすすめ!ルイガノ・クロスバイク2018年モデル




ここからは5~6万円代(税抜き)で買える、ルイガノのクロスバイクのラインナップを見ていこう。

LGS-L8


ルイガノ クロスバイク LGS-L8.0 cherryPink 6
▲LGS-L8(CHERRY PINK)

街中に映えるポップなフレームカラーが魅力。街乗りに適したパーツ採用やジオメタリーが、乗る人のライフスタイルをサポートしてくれる。32Cの太目のタイヤは路面の段差も吸収してストレスなく走ることが可能だ。また身長150cm前後の小柄な女性のために、370mmサイズも用意している。

価格:54,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・アルタス
カラー:LGホワイトLGブラックLGオレンジチェリーピンクグラスグリーン
サイズ:370、420、470、520mm

LGS−C9


ルイガノ クロスバイク LGS−C9(GYOKURO)
▲LGS−C9(GYOKURO)

路面からの細かな衝撃も吸収してくれるサスペンションフォークと泥除けを備えた、スタンダードなコンフォートバイク。角度を調節できるステムを採用し、さまざまなポジションが設定可能だ。チェーンガードは裾の汚れを防ぎ、リアディレーラーガードが不意の故障を減らしてくれる。

価格:55,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・ターニー
カラー:LGホワイトLGブラックギョクロ
サイズ:420、470、520mm

LGS-L9


ルイガノ クロスバイク LGS-L9.0 BLUE
▲LGS-L9(ROYAL BLUE)

有酸素運動を始めたい人に最適なエントリー・フィットネスバイク。走行に関するコンポーネントをすべてシマノ製に統一することで、スムーズな操作感とパーツ同士の一体感が得られる。ホイールもシマノ製の中級グレードを採用し、走りの良さを追求。

価格:58,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・アルタス
カラー:LGホワイトLGブラックLGレッドロイヤルブルー
サイズ:370、420、470、520mm

LGS-X7.0


ルイガノ クロスバイク LGS-X7.0 KAHKI
▲LGS-X7.0(KAHKI)

見た目のシンプルなデザインとは裏腹に、軽やかに走るように設計された軽量アルミフレームと27.5×1.5サイズのタイヤの組み合わせにより、信号などでストップ&ゴーが多い街中でもキビキビした走りが可能。適度にエアーボリュームのあるタイヤは路面の小さな凸凹も吸収して、快適なシティクルーズを実現している。

価格:68,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・アルタス
カラー:LGホワイトカーキスカイブルー
サイズ:460、500、540mm

アーティストの表現がつまったルイガノのクロスバイク


カジュアルで廉価なモデルばかりだが、その操作性や快適性は本格派。使い方はライダー次第で、買い物からフィットネスまでこなすオールラウンダーである。また各車に通じて、アーティストとしての表現を自転車であらわす道を選んだ創業者ルイ・ガノーの個性が息づいているだろう。街乗りにぴったりなルイガノのクロスバイク。きっとあなたを満足させてくれる。

Photos by LOUIS GARNEAU
監修:VIKING石橋

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!