BRUNO(ブルーノ)おすすめミニベロ2018年モデル全8台

思い立ったらサッとスタートできる気軽さが魅力のミニベロ。数あるミニベロメーカーのなかでも、ブルーノのミニベロはとにかくおしゃれ。レトロな外観と多彩なカラーバリエーションは迷う楽しさを存分に与えてくれる。
ブルーノが提案するミニベロは「旅の道具としての自転車」。すべての旅人におくるこだわりの自転車に注目してほしい。

BRUNO(ブルーノ)というブランド

BRUNO(ブルーノ)というブランド
BRUNO(ブルーノ)は2004年、スイスで設立された自転車ブランドだ。元ロード&シクロクロス選手だったブルーノ・ダルシーと日本のダイアテック・プロダクツがタッグを組んで、テーマを「旅」として共同開発。街乗りから世界旅行まで、さまざまな用途で使える自転車を送り出している。

その主力はミニベロ。無理のない乗車ポジションを有し、小径車のメリットである小回り性能や操作性の良さを失うことなく、ライダーにストレスを感じさせないのが人気の秘訣だ。街乗りに適した軽量性、ロングライドにも対応した安定感があるのも強み。ミニベロだからといって侮るなかれ。その性能は高いものがある。


また、北欧ならではのスタイリッシュなデザインもブルーノの魅力のひとつ。ただ美しいだけではなく、機能美にあふれた設計は「旅」を追求したものだ。座り心地のよいサドルや幅広なドロップハンドルなど、飽きずに乗れるパーツを組み合わせたモデルを輩出。輪行時でもコンパクトに収められ、かつ軽量なのが素晴らしい。

ミニベロ2018年モデル

ちりりんtrip🚲 #小豆島 #shodoshima #ギリシャ風車 #brunobike

いのうえただひろさん(@tad_hero)がシェアした投稿 –

今回はブルーノの2018年ミニベロを集めてみた。ブルーノのミニベロは、純正オプションパーツの種類が豊富であることも嬉しいポイント。浅いものと深いものと2種類の高さから選べるバスケットや、フロント・リアキャリア、アルミ製のチェーリングガードなど、各モデル最下部のリンク先から確認できる。

Ventura Black Edition

Ventura Black Edition
▲color : G.BLACK

輪行と組み合わせて「旅」のフィールドと可能性が広がる一台。コロンバス製チューブを採用して、トップチューブはしなやかでBB(ボトム・ブラケット)まわりは堅牢な仕上げになっている。そのため踏み込んだ力を逃さず推進力に変え、振動は十分に吸収してくれるハンモックのような構造だ。
サドルは硬化天然ゴム製のブルックス。ハンドルは490mmのワイドなオリジナルバーを装備して、ドロップを握ってもフラットを握っても快適に走れる。またブレーキはギドネットレバーで、ハンドルのどこを握っていても操作可能。ステムは精度が高くて美しいNITTO製を用いている。

価格:115,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・クラリス&ターニー
カラー:G.BLACK、GRAY
サイズ:385mm
LINK:Ventura Black Edition

Ventura World Travel

Ventura World Travel
上記「Ventura」の限定バージョン。ブルックス製のハンドルバーバッグとサドルバッグを標準装備している。これは「若者よ旅に出よ!」という海外でのツーリング支援企画の第2弾を記念したもの。女性チャレンジャー2人に同モデルが供給された。
タイヤは耐パンク性の高いパナレーサーの20×1.25サイズ。進みの良い細めのタイヤで、しなやかなフレームとの相性は最適だ。

BROOKS製の左:サドルバッグ(Glenbrook)と、右:ハンドルバーバッグ(Isle of SKYE)は標準装備
▲BROOKS製の左:サドルバッグ(Glenbrook)と、右:ハンドルバーバッグ(Isle of SKYE)は標準装備

価格:126,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・クラリス&ターニー
カラー:RED
サイズ:385mm

Minivelo 20 Road Drop

Minivelo 20 Road Drop
▲color : BLUE

ブルーノ定番のドロップバー式モデル。新たにコロンバス製チューブ(シームレス・クロモリ)を使用することで超軽量に仕上がり、走行感は快適で小気味よく進む。塗装はパウダーコーティングが施され、傷がつきにくくフレームの美しさが長続き。
また、シートチューブの角度を立てることにより脚全体の筋肉を使え、効率の良いペダリングが可能となった。このジオメタリーを実現するために、オリジナルのFD(フロントディレーラー)ダイレクトマウントを採用している。サドルはツーリングバイク用のブルックスB17を標準装備。

価格:86,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・クラリス&ターニー
カラー:REDBRITISH GREEN、BLUE
サイズ:460、510、540mm(540mmはBLUEのみ)
LINK:Minivelo 20 Road Drop

Minivelo 20 FLAT

Minivelo 20 FLAT
▲color : WHITE

ブルーノ・ミニベロラインのフラットバーモデル。アルミフレームの採用で、ストップ&ゴーの多い街乗りでもキビキビした走りを実現している。ハンドルは幅広で初めて乗る人でも安心かつ楽ちんだ。サドルは軽くてコンフォートなオリジナル品、そしてキックスタンドを標準装備。ワイドレシオのギヤで上り坂も難なくこなす。また、ホイールはアルミWウォールでタフな走りに対応。

価格:52,000円(税抜)
カラー:WHITE、SAND
サイズ:460mm
LINK:MINIVELO 20 FLAT

Mixte F Black Edition

Mixte F Black Edition
▲color : G.BLACK

軽量クロモリフレームによるジオメタリーの見直しで、安定感のあるハンドリングが可能となったフラットバーモデル。足つき性が良く、アップライトなポジションがとれるので、女性や初心者にも安心で優しい乗り心地だ。また、グリップを握ったままでも簡単に変速できるシマノ「REVO Shift」を採用。走りに関しては抜群の信頼性を寄せられ、取り回しの良さにより、ついつい遠出したくなる一台だ。

価格:52,000円(税抜)
カラー:G.BLACK、BEIGE、SKY BULUE、LIME GREEN
サイズ:410mm
LINK:Mixte F BLACK EDITION

Mixte F

Mixte F
上記「Mixte F Black Edition」の通常バージョン。ニューカラーが登場し、どれもシックな色合いとなっている。

価格:52,000円(税抜)
カラー:REDGREENLITE GRAYBROWN
サイズ:410mm
LINK:Mixte F

B ant Ventura

B ant Ventura
ブルーノによる日本独自仕様ブランド「B_ant」のトップモデル。フレームは形状から素材まで見直しがされている。特にフロント・トライアングルを新設計し、また「旅」にフォーカスしたこだわりのパーツアッセンブルも特徴のひとつ。ロングネックステムを採用し、輪行の際など自転車をコンパクトに収めることができる。そして使い込むほどに身体に馴染んで味わいが出るブルックス製のサドルとバーテープを標準装備。美しい仕上げのフレームは日本製のパイプにロウを入れ込み作られ、サビに強いメッキ加工が施されている。

価格:260,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・105
カラー:WHITE
サイズ:385mm
LINK:B ant Ventura

B ant 406 Steel

B ant 406 Steel
▲color : COBALT BLUE

目を惹くのはトップチューブからシートステーにかけての美しさ。単に美しさを求めただけでなく、性能を追求した結果から生まれた究極の機能美だ。そしてイチからオリジナルで作られたワイドドロップバーは「実際フラット部分を握って走ることが多い」というサイクリストの意見を反映したプロダクトである。上記「B ant Ventura」同様、ブルックス製のサドルとバーテープを標準装備し、クラシカルなイメージを放っている。

価格:145,000円(税抜)
カラー:GLOSS BLACK、COBALT BLUE
サイズ:480、500、520、540mm
LINK:B ant 406 Steel

ブルーノのミニべロはあなたの旅心を刺激する

どれも旅心を誘うモデルばかりである。ライドの目的やシーンに応じて選べるラインナップで、きっとあなたにぴったりな「旅」のパートナーが見つかるはずだ。春風に吹かれて遠出したくなる気分が起こるブルーノ。すぐ売り切れてしまうモデルばかりなので、思い立ったら吉日。すぐにショップを巡ってみよう。

増渕俊之

WRITTEN BY増渕俊之

出版社勤務を経て、フリーランスの編集/ライター。編著に『これがデザイナーの道』『自転車ファンのためのiPhoneアプリガイド』『岡崎京子の仕事集』がある。現在、編集を手がけた岡崎京子の単行本『レアリティーズ』が発売中。

他の記事も読む

関連記事