GIANT idiom ミニベロ

2019年版|GIANT(ジャイアント)おすすめミニベロ全3台

2018年モデルでは8年ぶりのフルモデルチェンジとなった、ジャイアントのミニベロ「新型IDIOM」。前モデルよりも100gの軽量化を実現し、走行性を高めるエアロデザインはまさにミニベロロードと呼ぶにふさわしい。2019年最新シリーズ紹介とともに、ブランド背景やミニベロ解説とあわせて紹介していこう。

ジャイアントというメーカー

GIANT PROPEL

名実ともに自転車界の「巨人」ジャイアント。ロードバイク、クロスバイク、MTBの他にもミニベロをラインナップしている。安定した人気を誇る「IDIOM」シリーズは、小径車らしく取り回しに優れ、スポーティ、そしてスタイリッシュに乗りこなせるバイクばかりだ。

▼ジャイアントってどんなメーカー?ミニベロを持つメリットってある?

2020年最新モデルと一緒にこちらからチェック!

本稿ではそんなジャイアントが作り出す2019年のミニベロを、前年の2018年モデルと並べて紹介してみよう。

そもそもミニベロとはどんな自転車なのか?その魅力に迫った記事もぜひ一読してほしい

→「ミニベロを徹底解説|元自転車屋が選ぶおすすめ14選

台から選べる価格帯も嬉しいポイントである。

ジャイアントIDIOMシリーズ全3台

卓越したテクノロジーによって生産されたジャイアントのミニベロを紹介していこう。

IDIOM 0

GIANT idiom0 ミニベロ
▲COLOR : マットブラック

20インチ小径車の常識を超える走行性能で人気の「イディオム」シリーズが2018年にフルモデルチェンジ。上級アルミ素材「アラックスSL」にグレードアップされた新設計のエアロ形状フレームは、100gの軽量化を実現している。
普段使いでの利便性と遠出での機動力を両立する「小径ロードバイク」とも言えるドロップハンドル式の一台。コンポーネントはシマノ・ティアグラを搭載している。フォークとシートピラーにはカーボンを配し、ケーブルはフレームインナータイプだ。
ミニベロとは言え、そのポテンシャルはロード並みに高い。

価格:135,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・ティアグラ
カラー:マットブラック
サイズ:420mm(M)


2018年モデル
IDIOM 0:color シルバー
IDIOM 0:color シルバー

価格:125,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・ティアグラ
カラー:シルバー
サイズ:420mm(M)

IDIOM 1

GIANT idiom1 ミニベロ
▲COLOR : オレンジ

上記「IDIOM 0」に次ぐセカンドグレード車。フレーム素材は「アラックスSL」を踏襲しているが、ハンドルバーはストレートで、フォークとシートピラーはアルミニウム製である。ポイントは折りたたみステム機構。工具なしでハンドルをたたむことができるようになっており、輪行時に容易に働く。
タイヤは細くもなく太くもない28Cを採用。スピードが出しやすく、安定感もある。また、サドルは車体の軽さを活かす軽量スポーツ用を採用。コンポーネントはシマノ・ソラを搭載し、ライド・パフォーマンスが向上している。

価格:78,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・ソラ
カラー:オレンジ,ホワイト
サイズ:420mm(M)


2018年モデル
IDIOM 1:color マットブルー
IDIOM 1:color マットブルー

価格:75,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・ソラ
カラー:マットブルー、パールホワイト
サイズ:420mm(M)

IDIOM 2

GIANT idiom2 ミニベロ
▲COLOR : ブラック

シリーズのローエンドモデル。基本性能は「IDIOM 1」と同様だが、コンポーネントにMTB用のシマノ・アセラを搭載して高いコストパフォーマンスを果たしている。ギヤはフロントシングル、リア8速。洋服の汚れを防ぐチェーンリングガード付きだ。
また今年度のブラックのカラーリングも秀逸。精悍で速そうなイメージだ。シリーズを通してオプションで買える前後フェンダーは、クイックレリーズに組み込むタイプ。泥除けとは思えないスタイリッシュなデザインである。

価格:65,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・アセラ
カラー:ブラック,イエロー
サイズ:420mm(M)


2018年モデル
IDIOM 2:color レッド
IDIOM 2:color レッド

価格:63,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・アセラ
カラー:マットブラック、レッド
サイズ:420mm(M)

30km/hの走りも夢ではない小径ロード

どれも魅力あるミニベロ揃いだが、やはり気になるのは「IDIOM 0」だ。小径車とあなどるなかれ。廉価なロードバイクに肉薄した走りを見せてくれよう。それなりの脚力が必要だが、巡航時速30kmも夢ではない。価格も相応に高くなるが、セカンドバイクとして所持すればさまざまなシーンで活躍するだろう。
季節は春真っ盛り。新しい生活が始まり、心機一転自分を変えようと思っている人も多いだろう。そんな人にジャイアントのミニベロはおすすめだ。

All photos (C) Giant Co.,Ltd.

WRITTEN BY増渕俊之

出版社勤務を経て、フリーランスの編集/ライター。編著に『これがデザイナーの道』『自転車ファンのためのiPhoneアプリガイド』『岡崎京子の仕事集』がある。現在、編集を手がけた岡崎京子の単行本『レアリティーズ』が発売中。

他の記事も読む

関連記事