選手の使うバイクはファンにとっては憧れ。ましてやツール・ド・フランスの舞台ともなれば注目度は倍以上だ。プロの世界では結果が全てであり、勝ったバイクこそが至上。ツールでの勝利ともなれば、そのバイクの存在価値は一気に上がり、売上にも大きく貢献する。
機材供給メーカー同士の戦いの場とも言えるツール・ド・フランス、2018年のレースで結果を残したバイクを紹介しよう。

2018年のツール・ド・フランス


🥇🥈🥉 #TDF2018 📸 @paulineballet

Le Tour de Franceさん(@letourdefrance)がシェアした投稿 –


今年もツール・ド・フランスの夏が終わった。刻々と変わる戦況に手に汗をかいた人も多かろう。開催前からニュースにいとまがないツールだった。2018年から選定された1チームの人数8人の変更。連覇のかかったクリス・フルームのドーピング問題。UCIによるディスクブレーキ全面解禁の報……。現場の混乱は少なからずあっただろう。しかし、幕が開いてみれば「いつも」の熱いツールだった。

第16ステージでは現地の農家が大会進行を妨害し、憲兵隊が放った催涙スプレーが選手の目や口に入るというアクシデントもあった。無事に出場できたフルームも第17ステージでまさかの失速。総合首位を堅守していたチームメイト、ゲラント・トーマスへのエース交代を余儀なくされたが、振り返ってみれば個人総合1位と3位を獲得したチーム・スカイの堅牢さと、ポイント賞を獲得したペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)の強さが目立つレースだった。

あの選手が駆ったバイクは?


出場チーム数22、総勢176人による闘い。そんなドラマに富んだ2018年ツールを心に刻むため、今回は上位入賞した選手とチームのメインバイクを紹介していこう。

■個人総合(1~5位)


1位 ゲラント・トーマス(チーム・スカイ)




PINARELLO DOGMA F10

カラー:205/AMETISTA(アメティスタ)(シャイニー)

▲カラー:205/AMETISTA(アメティスタ)(シャイニー)(C)Kawashima Cycle Supply


2017年1月に発表されたドグマF8の後継モデル。日本の東レが開発した現時点で最高の強度と剛性を持つ「TORAYCA T1100G」カーボンファイバーを、使用する樹脂量を最小限に抑えたプリプラグとして採用している。F8と比較して7%の剛性アップと、6.3%の軽量化(フレーム単体で820g/53サイズ塗装前)を実現。フロントフォークにはドロップアウトに整流効果を持たせるフィン(フォークフラップ)を装備する。

フレームセット価格:680,000円(税抜)
サイズ:42SL、44SL、46.5SL、47、50、51.5、53、54、55、56、57.5、59.5、62
カラー:アメティスタ(シャイニー)、ダイアモンド(マット/シャイニー)、ヴルカーノ(シャイニー)、ダイアモンド・ブルー(シャイニー)、アンブラ(マット/シャイニー)、フルオライト(マット/シャイニー・フルオ)チームスカイ2018(マット/シャイニー)、SHADE BOB(マット/シャイニー)、レッドマグマ、ブラックラバ、BOB

2位 トム・デュムラン(チーム・サンウェブ)


Last mountain stage of #TDF2018 ✅

Team Sunwebさん(@teamsunweb)がシェアした投稿 –



GIANT TCR ADVANCED SL

GIANT TCR ADVANCED SL

(C)GIANT



30年を超えるカーボン製造技術の蓄積が導いた「OPTIMIZED TUBE SHAPING」設計がフレームの剛性/重量比を高めながらスリム化。独自技術「VARIANT ISP」や極細シートステーによる振動吸収性の向上を得ている。また、著しく進化したフォーク&コラムにより、高剛性と優れたハンドリングはそのままに大幅な軽量化と快適性向上に成功。

フレームセット価格:310,000円(税抜)
サイズ:680、710、740mm
カラー:チーム

3位 クリス・フルーム(チーム・スカイ)




PINARELLO DOGMA F10 XLIGHT

完成車イメージ

▲完成車イメージ(C)Kawashima Cycle Supply



フレームセット価格:900,000円(税抜)
サイズ:42, 44, 46.5, 47, 50, 51.5, 53, 54, 56, 57.5, 59, 62cm
カラー:チームスカイ2018、レッドライン、ブラックマット、他

4位 プリモシュ・ログリッチ(チーム・ロットNL・ユンボ)


プリモシュ・ログリッチ(チーム・ロットNL・ユンボ)

(C)サイクルヨーロッパジャパン



BIANCHI OLTRE XR4

完成車イメージ

▲完成車イメージ(C)サイクルヨーロッパジャパン


NASAへの供給実績がある素材メーカー「マテリアル・サイエンス社」と共同開発された最新鋭カーボンテクノロジー「Countervail」を搭載し、高い空力性能とコントロール性能を兼ね備えたハイエンドエアロモデル。高い振動除去性能を備え、さまざまな状況下で高いパフォーマンスを発揮する。プリモシュ・ログリッチ、チームメイトのディラン・フルーネウェーヘンの功績を讃えるスペシャル・エディションあり。

フレームセット価格:410,000円(税抜)
サイズ:44、47、50、53、55、57、59、61
カラー:ブラックマット×CK16グラフ、CK16グロッシー×ブラックグロッシー、ブラックカーボンUD×ホワイトフルリーグロッシー、Tavolozza(+38,000円/税抜)

5位 ステーファン・クラウスヴァイク(チーム・ロットNL・ユンボ)


ステーファン・クラウスヴァイク(チーム・ロットNL・ユンボ)

(C)サイクルヨーロッパジャパン



BIANCHI OLTRE XR4

完成車イメージ

▲完成車イメージ(C)サイクルヨーロッパジャパン


BIANCHI OLTRE XR4 参照。

■チーム総合(1~5位)


1位 モヴィスター・チーム


モヴィスター・チーム

(C)CANYON BICYCLES


モヴィスター・チーム

(C)CANYON BICYCLES



CANYON Ultimate CF SLX

CANYON Ultimate CF SLX

(C)CANYON BICYCLES


俊敏なクライムマシンと同時に未舗装の荒れた道でも威力を発揮する、実用性と耐久性に長けたディスクブレーキモデル。わずか820gのカーボンフレームは非ディスク仕様と同様の軽量な積層で成形されているが、ディスクから生まれるブレーキング力を受ける部分には強度変更が施されている。また一体型のハンドル/ステムシステムの採用により、フロントエンドの空力性能が極めて高いものになった。モビスターチームエディションは完成車でのみ販売。

フレームセット価格:289,000円(税込)
サイズ:2XS、XS、S、M、L、XL、2XL
カラー:ステレス×アスファルトグレー、グランツーリズモブルー、ジェットシルバー×グレー

完成車価格:629,000(税込)
コンポーネント:カンパニョーロ・レコード
サイズ:2XS、XS、S、M、L、XL、2XL
カラー:レプリカ・モビスター

2位 バーレン・メリダ




MERIDA REACTO TEAM-E

MERIDA REACTO TEAM-E

(C)ミヤタサイクル


メリダ史上、最もエアロダイナミクスに優れているモデル。快適性、軽量化にも妥協のないオールラウンドエアロレーサーだ。風洞実験で実証されたワイドスタンスのエアロフォークに、ダイレクトマウントブレーキを採用。ヴィジョンメトロン・コックピットに合わせて設計されたヘッドチューブ周りが、空力性能と外観の良さを両立している。

完成車価格:1,300,000円(税抜)
コンポーネント:シマノ・デュラエースDi2
サイズ:47、50、52、54cm
カラー:ブラック(バーレンチーム)

3位 チーム・スカイ




PINARELLO DOGMA F10

カラー:205/AMETISTA(アメティスタ)(シャイニー)

▲カラー:205/AMETISTA(アメティスタ)(シャイニー)


PINARELLO DOGMA F10 参照。

4位 チーム・ロットNL・ユンボ


チーム・ロットNL・ユンボ

(C)サイクルヨーロッパジャパン


チーム・ロットNL・ユンボ

(C)サイクルヨーロッパジャパン



BIANCHI OLTRE XR4

完成車イメージ

▲完成車イメージ(C)サイクルヨーロッパジャパン


BIANCHI OLTRE XR4 参照。

5位 アスタナ・プロチーム


(C)Bettini Photo

(C)Bettini Photo



ARGON18 GALLIUM PRO

完成車イメージ

▲完成車イメージ(C)NICHINAO SHOKAI


ロードレースのカナダ代表だったジャーベス・リューが立ち上げた、新進気鋭な自転車ブランド「ARGON18(アルゴンエイティーン)」による、7050ナノテックカーボン採用モデル。基本性能に優れ、機敏さと速さを兼ね備えている。加えて乗りやすさには定評があり、ライダーのレベルを問わず最大のパフォーマンスを発揮するフレームだ。

フレームセット価格:430,000円
サイズ:XXS、XS、S、M
カラー:チーム

■ポイント賞


ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)




SPECIALIZED S-WORKS NEW VENGE サガンモデル

SPECIALIZED S-WORKS NEW VENGE サガンモデル

(C)スペシャライズド


世界選手権3連覇の偉業を成し遂げたサガンの功績を讃えたフレームセット。チューブ形状は「FreeFoil Tube Shape Library」という新テクノロジーの構築から始まった。エンジニアたちは最適化アルゴリズムを書き、スーパーコンピューターを用いて重量と表面積、構造的目標の異なる様々な翼断面形状を作製。多様なアスペクト比を持つ数多くの形状を収めたライブラリーをもとにバイクの各部を設計し、風洞施設「Win Tunnel」でのテストを経て、最も空力に優れ、最も速い形状を割り出した。

フレームセット価格:594,000円(税込)
サイズ:49、52、54、56、58
カラー:ダークティール、チャコール

■山岳賞


ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップ・フロアーズ)






SPECIALIZED S-WORKS TARMAC MEN SL6 DI2 2019モデル

SPECIALIZED S-WORKS TARMAC MEN SL6 DI2 2019モデル

(C)スペシャライズド


旧来からの設計を一新した、スペシャライズド最高峰ロード。重量を800g未満まで減らすために、先進的な航空宇宙用複合素材の最適化ソフトウェアを使って、カーボン構造とレイアップにおいて革命的な刷新を果たしている。S-WORKSの名を持つバイクにふさわしい登りでの反応性と下りでの卓越した性能を、どのフレームサイズでも保証する独自の設計を採用。最高級カーボンを使った製品で、考え抜かれた剛性と軽量性を理想的にブレンドしている。

完成車価格:1,188,000円(税込)
コンポーネント:シマノ・デュラエースDi2
サイズ:49、52、54、56
カラー:サテンブラック/シルバーホロ/クリーン

■新人賞


ピエール・ラトゥール(AG2R・ラ・モンディアル)


(C)Makoto Ayano

(C)Makoto Ayano



FACTOR O2

完成車イメージ

▲完成車イメージ(C)TRISPORTS



2007年にレーシングカー、航空宇宙産業に携わる英国のエンジニアリング会社「bf1 systems」から誕生したファクター。オーナーはツール・ド・フランスのグリーンジャージの獲得経験があるバーデン・クック、テストライダーはデヴィッド・ミラーという布陣から生み出された本機は、メーカー公表740gの軽量フレームと空力性能をあわせ持つ一台。平坦からヒルクライムなどオールラウンドに活躍するレーシングバイクだ。独自にシステム化されたハンドル&ステムと、AERO Svelteフォークを採用している。

フレームセット価格:545,000円(税抜)
サイズ:46、49、52、54、56、58、61
カラー:ブラック、ターコイズ、AG2Rブルー、オレンジ、Chapter3カラー

まとめると


ツールは選手の闘い同様、機材の優劣を計る闘いでもある。そのため機材を供給する各社はハイエンドモデルを投入。熾烈なレースに耐え、選手を勝利へと導くバイクの「見本市」とも言える。
ピナレロやジャイアントなどお馴染みのメーカーから、ARGON18やファクターなどの新進メーカーまで、ツールを走るバイクは美しい。その美しさを手に入れるチャンスは価格的に少ないだろうが、レースでの勇姿を目に焼きこんで入手可能なグレードのモデル選びをするのも楽しいこと。ツールの華は選手の奮闘だが、彼らが駆るバイクの優美さにも注目したいものだ。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!