ブルベライダーなど意外と愛用者が多い「自転車用のバックミラー」。実際に使っている人は、いざなくなるとものすごく不便に感じると言う。後方確認のための一連の動作として身体が覚えるということもあり、一度使うと手放せなくなるのだろう。
安全のための必須動作「後方確認」をより確実にしてくれるミラー、“ダサくならない”アイテムとともに紹介しよう。

自転車ミラーの必要性とメリット


ロードバイクやクロスバイクで走るということは、他のスポーツ同様、集中力が必要だ。周囲を常に警戒し、安全を確保しなくてはならない。また車両ということから、前方だけではなく左右、そして進路変更するときなどは後方にも注意を払わなくてはならない。この後方というのが難しく、後ろに目がついているわけではないので、振り返って目視せざるを得ないのだが、そこで便利なのがミラーだ。

▲後方確認は安全のための必須スキル


サイクリングロードでも車道でも後ろに追尾車がいる場合、進路変更の際には後方を注視しないと追突・接触など思わぬ事故が起きかねない。サイクリングロードでは分岐や追い抜き、車道では駐車車両を避ける際など、後方確認を怠ったため「ヒヤッ」とした経験がある人も多いのではないだろうか。ミラーがあればそうしたリスクの軽減につながる。

ミラーに頼りすぎないこと


ミラーはあくまでも補助だ。見方によっては死角がある。前後左右の視線移動の回数を最小限に抑えるために使うのがベストだろう。姿勢を変えることなく、後ろを目視したときにバランスを崩すこともない。不意な事故を起こす前にミラー導入を考えよう。

意外と多い!役に立つシチュエーション


▲交通量の多い道路で、前方に路駐のクルマが見えたら……?


前述したように進路を変えるときに加えて、意外と重宝する場面はある。ざっとあげてみても、

  • 路駐をさけるために右にふくらむときなど、事前の後方確認
  • 峠を登っている際など、余裕がないときの後方確認
  • 夜間を含め長時間走って集中力が欠けやすいロングライドやブルベで
  • ナイトライドでは、後ろからの自動車をライトで確認できる

これだけのシチュエーションが挙げられる。もちろん目視は必須だが、その前の心構え、後方からのクルマ・自転車との距離感の把握、前もって確認するクセがつくなど、安全性への貢献度は高い。
前を走る自転車を追い抜くときも、追従車に追い抜かれるときも後方確認は大事だ。クルマを運転するときと同様にミラーで周囲を確認し、ときにはハンドサインを行なって自分の行動をはっきりさせて走るクセをつけよう。



やはり気になる「見た目」


余計なものはそぎ落としたくなるのがロードバイク乗りの性。シンプルに美しく仕上げた自転車に、オートバイのごとくガッシリとしたミラーはちょっと……というのも頷ける話だ。

▲こうなるのはさすがに……!


ではロードバイクやクロスバイクにミラーを装備する際、どこにどんなものを取り付けるのがよいのか? 以前はママチャリに付けるような大振りのミラーしかなかったが、いまはハンドルバーエンドに取り付けられるもの、ヘルメットに取り付けられるもの、腕に取り付けられるものなど、選択肢が広がっている。見た目にもスマートで、決してダサくはならない。下記、商品紹介を参考に自分に合ったミラーを探してみよう。

おすすめミラー8選


外観を過度に損なうことなく、実用的なミラーを集めた。取り付け方法に分けて紹介していく。
ちなみにレースに出場する場合は、ミラーは取り外さなければならないと覚えておこう。

ドロップハンドルのバーエンドに差し込むタイプ


【バーエンドミラー】CW-0010SIMx2【サイズ調整シムゴム2枚付属】


ドロップハンドルのエンドに差し込むだけのスッキリしたモデル。小さいながらも600Rの凸面鏡使用による広角視野を実現している。搭乗者に合わせた視野調節も可能。

価格:1,350円(税込、アマゾン調べ)

【バーエンドミラー】CW-0010SIMx2【サイズ調整シムゴム2枚付属】をAmazonで見る

クロスバイクなどフラットバーにも。バーエンド装着タイプ


CAT EYE バーエンドミラー
CAT EYE バーエンドミラー CAT EYE バーエンドミラー CAT EYE バーエンドミラー 画像引用:Amazon

ドロップハンドルとフラットバーに適したバーエンドミラー。レンズサイズは直径45mmで、ハンドル内径16~25.4mmに対応する。

価格:1,064円(税込、アマゾン調べ)

キャットアイ(CAT EYE) バーエンドミラー をAmazonで見る

フレーム装着タイプ


BIKE-EYE
BIKE-EYE 画像出典:BIKE-EYE

フレーム(トップチューブ先端)装着型のバックミラー。簡単に取り付けられ、後方の視野が遠くまで広がる。スタンダード・サイズとラージ・サイズあり。イングランドの商品だが、日本へのシッピングも可能。日本で使用するなら、左側通行用としてバイクの右側にとりつける「Right」を選択しよう。

価格:£16.95(本体のみ/別途送料必要)

LINK:BIKE-EYE商品ページ

取り付け場所を選ばないタイプ


Zefal 4720 SPY
Zefal 4720 SPY Zefal 4720 SPY 画像出典:Amazon

フレーム、ハンドル、フォークなど、取り付ける場所を選ばないミラー。パイプ径22~60mmに対応する。

価格:1,367円(税込、アマゾン調べ)

Zefal(ゼファール)4720SPY をAmazonで見る

角度を細かく調節できるタイプ


Magazi バーエンドミラー
Magazi バーエンドミラー Magazi バーエンドミラー 画像出典:Amazon

クロスバイクやフラットバーロードのハンドルに取り付けられる、左右一対で320Rの凸面鏡。ジョイントが2つあり、角度調整が楽にできる。

価格:7,158円(税込、アマゾン調べ)

Magazi バーエンドミラー をAmazonで見る

ヘルメットに取り付けるタイプ


Zefal Z Eye
Zefal Z Eye Zefal Z Eye 画像出典:Amazon

ヘルメットに簡単に装着できる仕様のバックミラー。視線の動きが少なくて済むから、安全な走行を心がけられる。

価格:1,296円(税込、アマゾン調べ)

zefal-ゼファール-Eye-ヘルメットミラー-ブラック をAmazonで見る

腕につけるタイプ


JOOKKI バックミラー
JOOKKI バックミラー JOOKKI バックミラー JOOKKI バックミラー JOOKKI バックミラー 画像出典:Amazon

時計のように手首に巻いて使用するアームミラー。直径5cmで、広角球面タイプだから大きい視野で後方の確認が可能。

価格:1,999円(アマゾン調べ)

アームミラー-JOOKKI-バックミラー-360°回転-ロードバイク をAmazonで見る

アイウェア装着型


アイウェア装着型バックミラー 画像出典:STORES.jp

アメリカでサイクリストが装着していたものを欲しいと探したが、類似品は右側通行用で日本には適さないことから自作したという便利品。車体についていないので、ブレの少ない視界が得られる。

価格:2,000円(税込)

自転車用バックミラー商品ページを見る

まとめると


おしなべて「安い!」というのが印象だ。この程度で安全が買えるのであれば、導入しようという人も多いのではないだろうか? 繰り返すが自転車は「車両」だ。前方だけではなく後方、そして左右にも注意を払うようにしよう。
小さいミラーが大きなメリットをもたらす。ただしミラーだけに頼らず、自分の五感も働かせて注意を怠らないことが前提だ。一度使うと手放せなくなるバックミラー、導入してみてはいかがだろうか。

Top photo (C)Fukaya Co., LTD

監修:サイクルアシスト オオバ 大場忠徳

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!