2018 世界選手権 ロードレース バルベルデ

2018ロード世界選手権|バルベルデが念願の世界チャンピオンに!

9月30日にオーストリア・インスブルックで、ロード世界選手権・男子エリートロードレースが行われた。史上希に見る難コースを制したのは、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)。これまで世界選で2位2回、3位4回と合計6回も表彰台に上ってきた38歳の大ベテランが、ついに一番高いところに上り詰めた。

有力候補は逃げを容認

色とりどりのナショナルジャージを身にまとった選手たちが、各国応援団の中をいく  (C)Innsbruck-Tirol 2018
色とりどりのナショナルジャージを身にまとった選手たちが、各国応援団の中をいく  (C)Innsbruck-Tirol 2018

レースは、インスブルック郊外の町・クーフシュタインをスタートし、周回コースに入るまでの約80kmは、大きな登りが一つあるものの、比較的単調に進む。周回コースのアップダウンが厳しい分、ここでまずは足馴らしをしてもらおうという設定だ。中継の画像も単調にならず、美しいオーストリアの景色を映し出す。

美しい山をバックにいく集団  (C)Innsbruck-Tirol 2018
美しい山をバックにいく集団  (C)Innsbruck-Tirol 2018

スタートするとすぐに、カスパー・アスグリーン(デンマーク、クイックステップフロアーズ)、ヴェガールステイク・ラエンゲン(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)、ライアン・ミューレン(アイルランド、トレック・セガフレード)、トビアス・ルドヴィグソン(スウェーデン、グルパマFDJ)らの逃げが始まった。

ツール・ド・フランスのようなステージレースならば、逃げを潰すために激しいアタック合戦が見られるところだ。しかし、世界選ではこういった逃げはいわば定番のようなもので、距離も長いのでまず決まることはない。集団もこの逃げを容認し、あえて追わないこととした。そのため、逃げ集団とメイン集団との差はみるみる開き、その差は最大で17分30秒まで開いた。

近年まれに見る難コース

ロード世界選手権インスブルック大会のコース (C)Innsbruck-Tirol 2018
ロード世界選手権インスブルック大会のコース (C)Innsbruck-Tirol 2018

コースの厳しさを物語るプロフィールマップ。距離258.5km、獲得標高差4670mという難コースだ (C)Innsbruck-Tirol 2018
コースの厳しさを物語るプロフィールマップ。距離258.5km、獲得標高差4670mという難コースだ (C)Innsbruck-Tirol 2018

プロフィールマップを見れば一目瞭然なのだが、今回のインスブルックのコースは距離258.5kmに対して獲得標高差4670mという近年まれに見る難コースだ。これだけ登りが厳しいと、ロンド・ファン・フラーンデレン(ツール・デ・フランドル)やヘント〜ウェヴェルヘムのようなフランドルのクラシックやパリ〜ルーベで活躍するような選手には完全に不向き。フレーシュ・ワロンヌやリエージュ〜バストーニュ〜リエージュなどのアルデンヌ・クラシックで活躍するような選手や、グランツールで上位に入るような選手に有利だといえる。

スタート前、世界選3連覇中のペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)と優勝候補の一角フレッフ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)が握手する  (C)Innsbruck-Tirol 2018
スタート前、世界選3連覇中のペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)と優勝候補の一角フレッフ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)が握手する  (C)Innsbruck-Tirol 2018

そのため、レースの前から世界選3連覇中だったペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)の4連覇は厳しいのではないかという意見が有力だった。サガンはパリ〜ルーベなどでは圧倒的な強さを発揮する選手だが、アルデンヌ・クラシックのような厳しい登りが連続するレースは苦手としているのだ。そして、それはレースが始まってみると、すぐに現実のものとなる。

いよいよレースがスタート (C)Innsbruck-Tirol 2018
いよいよレースがスタート (C)Innsbruck-Tirol 2018

周回コースに入って周回を重ねるごとに、メイン集団の人数は少しずつ減少していく。この厳しいコースで集団から後れるということは、完走は厳しくなるということだ。次々とバイクを降りる選手が出てくる。そして王者サガンも、残り4周回というところでついに遅れてしまった。日本から唯一出場していた中根英登(NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)も同じくこの時点で遅れている。

地元オーストリアの選手には、ちぎれてしまっても熱い声援が飛ぶ  (C)Innsbruck-Tirol 2018
地元オーストリアの選手には、ちぎれてしまっても熱い声援が飛ぶ  (C)Innsbruck-Tirol 2018

インスブルックの市街地をいく集団  (C)Innsbruck-Tirol 2018
インスブルックの市街地をいく集団  (C)Innsbruck-Tirol 2018

最終周回でレースが動く

序盤からの逃げ集団で、カスパー・アスグリーン(デンマーク、クイックステップフロアーズ)、ヴェガールステイク・ラエンゲン(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)の2人が最後まで残っていたが、最終周回に入ると計ったかのように追走集団がこれを吸収。ここから、実力者たちの本当のレースが始まった。

まず、今年のアムステル・ゴールドレースの覇者ミケル・ヴァルグレン(デンマーク、アスタナ)が切れ味の良いアタックを決め、最後の登りへ単独で突入する。しかし、徐々に勾配がきつくなってくると失速。ロマン・バルデ(フランス、AG2Rラモンディアル)らがペースを作る強力な集団に追いつかれてしまう。そして、バルデ、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)、マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)の3人が先頭で最後の登りを越えた。

最後の登りをトップで越えた3人。左よりロマン・バルデ(フランス、AG2Rラモンディアル)、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)、マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)  (C)Innsbruck-Tirol 2018
最後の登りをトップで越えた3人。左よりロマン・バルデ(フランス、AG2Rラモンディアル)、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)、マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)  (C)Innsbruck-Tirol 2018

やや遅れて最後の登りを越えたトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)が、残り1.5km地点で先頭の3人に合流し、バルベルデ、バルデ、ウッズ、デュムランの4人のスプリントで雌雄を決することとなった。こうなると、スプリント力に勝るバルベルデががぜん有利だ。ラスト350mから力強いスプリントを開始すると、そのままトップフィニッシュ。ついに念願の世界チャンピオンとなった。

バルベルデがゴールスプリントでバルデ、ウッズ、デュムランを寄せ付けず勝利   (C)Innsbruck-Tirol 2018
バルベルデがゴールスプリントでバルデ、ウッズ、デュムランを寄せ付けず勝利   (C)Innsbruck-Tirol 2018

表彰台で念願のアルカンシェルを着たバルベルデは、うれし涙を隠そうとはしなかった。さっそく、モビスターチームのフェイスブックページのアイコンも、アルカンシェルをあしらったものに変えられた。いかにこの勝利がバルベルデにとって、そしてチームにとって待ち望まれていたものかがよくわかる。

表彰台でバルベルデは涙を隠そうとはしなかった (C) Movistar Team
表彰台でバルベルデは涙を隠そうとはしなかった (C) Movistar Team

モビスターのフェイスブックページのアイコンにも、アルカンシェルがあしらわれる (C) Movistar Team
モビスターのフェイスブックページのアイコンにも、アルカンシェルがあしらわれる (C) Movistar Team

リザルト

表彰式。左より2位のロマン・バルデ(フランス、AG2Rラモンディアル)、優勝のアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)、3位のマイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)  (C)Innsbruck-Tirol 2018
表彰式。左より2位のロマン・バルデ(フランス、AG2Rラモンディアル)、優勝のアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)、3位のマイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)  (C)Innsbruck-Tirol 2018

男子エリートロードレース 258.5km
1 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)6h46’41”
2 ロマン・バルデ(フランス、AG2Rラモンディアル)
3 マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
4 トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)
5 ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)+13″
6 ロマン・クロイツィゲル(チェコ、ミッチェルトン・スコット)+43″
7 ミケル・ヴァルグレン(デンマーク、アスタナ)
8 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)
9 ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)
10 ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)
DNF ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
DNF 中根英登(日本、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)

2018年の世界チャンピオンとなったアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター) (C) Movistar Team
2018年の世界チャンピオンとなったアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター) (C) Movistar Team
仲沢 隆

WRITTEN BY仲沢 隆

仲沢 隆 自転車ジャーナリスト。早稲田大学大学院で、ヨーロッパの自転車文化史を研究。著書に『ロードバイク進化論』『超一流選手の愛用品』、訳書に『カンパニョーロ −自転車競技の歴史を“変速”した革新のパーツたち−』がある。

他の記事も読む

関連記事