「激安サイクル用品って、ネットでよく見かけるけど本当に使えるの!?」この企画は少し怪しいけど気になる激安サイクル用品(1000円以下)を実際に購入して検証する連載企画です。

「購入してみたいけど使えるのか心配」「初心者が購入しても大丈夫なのか」というお悩みを自転車ブロガー今田イマオが実際に買って検証。

体を張って解決していきます!

第3回目は「激安サイクリングバッグ」は実際に使えるのか使えないのか検証します。

サイクリングバッグってなに!?


サイクリングバックとはサイクリングバッグとは、カゴのない自転車では特に重宝するアイテムであり、自転車での移動時に便利なサイクリング用バッグのことを言います。特徴としては、背中が蒸れにくい構造で通気性の優れているものが多いです。

また、腰・背中部分にはクッションが使用されていたり、背負っていても疲れにくい工夫がされています。サイクリングバッグのサイズは、軽量なものから荷物や書類など入れられる防水で大容量タイプなど多種多様あります。

サイクリングバッグ1つあるだけで、お土産を入れることができたり、一泊くらいの下着なら収納可能です。

それでは、1000円のサイクリングバッグがどんな感じなのか見てみましょう!

激安!!980円サイクリングバッグを検証してみた


反射テープ

▲背後の安全性を高めるために反射テープが使用されている

カラーはブラック、ブルー、オレンジ、グリーン、レッド、ピンクの全6色あります!今回は目立つレッドを購入しました。

正直に見た目の感想を言うと、安物感は否めませんが所々に反射テープが付いているのは、背後の安全性を高めるのに購入するポイントとしては高いです!

激安サイクリングバック検証

▲サイクリングバッグの収納力を確認しようと一枚めくると二重構造に!

それでは早速、サイクリングバッグの中を確認しましょう!

ペロッと1枚めくると謎の作りになっていました。「なにこれ!!」

製造上のミス?かと思いきや入り口を二重にすることで、1枚目はカバーの役割を果たしファスナーの隙間から侵入してくる雨などの水を防ぐ作りになっていました。
大丈夫?激安サイクリングバッグ

▲サイクリングバッグのファスナーを開くと「謎の紐が!!」

ハイドレーションパック取り付け可能と記載されていたので、この謎の紐でハイドレーションパックを固定させるみたいです。

ハイドレーションパック(ウォーターパック)とは



今までの運動時の水分補給の方法としては、水筒やペットボトルを手に持っての水分補給が主流だったが、ハイドレーションパックといった水の入った容器を背負い、アウトドアシーンや登山、ランニング、バイクなどの移動中にハイドレーションパックに繋がっているチューブを通して水分補給できる容器。

▲激安サイクリングバッグの中を公開

2つの収納スペースがありますが、パッとみた感じはあまり収納力があるように見えません。

しかし、貴重品やハイドレーションパックを固定させるのにゴムで敷居がされていたのは、荷物が飛び出しづらく固定できるので購入するポイントとしては良いです!

激安!!980円サイクリングバッグの背面を検証


▲特徴としては、腰と背中部分に4つのクッションが設けられている


腰と背中部分には、通気性の良いメッシュ素材でクッションが設けられていました!

通気性の良い素材を使用することで、背中の熱が逃げて疲れにくくなり長時間のライドでもサイクリングを楽しむことができます。

また、クッションがないと背中や腰を痛めてしまうので、クッションがあるのは良いです。
サイクリングバッグの選び方

▲思っていたよりもクッション性がなく薄い

実際にクッション部分を触ってみると想像していたよりも薄く、マイナスポイントでした。重たい荷物を入れたら腰や背中が痛くなる可能性も!!
激安サイクリングバッグの評価

▲肩紐部分は通気性も良く頑丈な作りでGood!!

肩紐部分に物が引っ掛けられるリングが付いているのは良いです!

激安!!980円のサイクリングバッグにはどのくらい収納力がある!?


購入したAmazonの商品ページには、どのくらいの容量があるのか説明がありません。そこで、実際にどのくらい荷物が収納できるのかやってみましょう!


  1. ツールケース
  2. 輪行袋(うまい棒ではありません)
  3. 小銭入れ
  4. 水500ml
  5. ウィンドブレーカー
  6. スマホ

本当にこれだけの物が収納できるのでしょうか。心配になってきました。
激安サイクリングバッグ

▲詰め込めるだけ詰め込んでみました


激安サイクルバックの期待値

▲さすがにウィンドブレーカーは中に収納できなかったので、外に収めようと思います


▲あれだけの荷物が完璧に収まりました!!ちなみにこのゴム部分にヘルメットの収納はできるのか挑戦しましたが小さくてできませんでした


▲ちなみにうまい棒は30本までなら収納可能です。遠足や補給食にいかがでしょうか



激安サイクリングバッグは使える使えない?買うべき?


実際に100km走ってみて、デメリットポイントを挙げると胸部分も固定できると背中の荷物が暴れないのであるとさらに良いと思いました。

また、極端に蒸れを感じ不快に思うことはありませんでした。ただ、腰と背中のクッションが薄いので長時間のライドの使用ではマイナスポイントです。

▲開封時にロゴが汚れていたのも気になる人は気になるのでマイナスポイント


▲撥水はしてくれますが完全防水ではないので購入する際には注意が必要です。洗濯機での丸洗いは可能。色落ちする恐れがあるので別途にして洗うことをおすすめします


激安サイクリングバッグですが、以下の内容を知った上で購入するなら「あり」かなと思います。

  • 品質は値段相応
  • ロゴが汚れている場合がある
  • 背中のクッションが薄いのでロングライドでは背中や腰が痛くなる可能性あり
  • 防水ではないので雨が降ると中身が濡れる可能性あり
  • 思っていた以上に収納力がある
  • 通勤通学、街乗り仕様で使う分には十分な性能とコスパ

今回、Amazonで購入した激安サイクリングバッグはこちら


人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!