青い海と白い雲! 今年の夏は久米島で「南国 × サイクリング」をしよう

今年の夏は、南国でサイクリングなんていかがでしょうか。沖縄諸島に浮かぶ久米島は、サイクリングにも最適。きれいな海と空を見ながらのサイクリングは最高です。
そして、今年の夏はちょっと早めに夏休みを取ることをおすすめします。なぜなら、7月上旬にYouTuberのけんたさんと一緒に行く、久米島サイクリングツアーがJALで計画されているから。それでは久米島の魅力と、ツアーの詳細をみていきましょう!

久米島の魅力

「そもそも久米島ってどこにあるの?」と思われた方がほとんどだと思います。そんな方にも3分で久米島がわかるよう、島の魅力や観光スポットを紹介します。
まずは、けんたさんが実際に久米島に行った時の動画(30秒)をご覧になってください。海と空の美しさを十分に感じられるはずです。

久米島は沖縄の離島

久米島は沖縄本島から西に約100km離れた場所に位置する島です。人口は1万人弱で大きさは東京ドームの約13,000個分(うん、わかりにくい!)。野球好きな方ならご存知かもしれませんが、東北楽天ゴールデンイーグルスが毎年キャンプ地としている島でもあります。

厳選観光スポット5選

ここは外せない!「はての浜」

はての浜の白い砂と青い空
▲はての浜の白い砂と青い空

久米島に来たら絶対に行くべき場所です。久米島の沖にある砂だけの無人島です。真っ白な砂浜と透明度の高い海水、そして綺麗な空と雲。そこは、生きているうちに行ける天国と言っても良いかもしれません。

マリンスポーツを楽しむなら「イーフビーチ」

イーフビーチの空撮 Image : PIXTA
▲イーフビーチの空撮 Image : PIXTA

久米島を代表するビーチで、日本の渚100選にも選ばれています。2kmにおよぶこのビーチは、波も穏やかで遠浅のため、海水浴に最適です。近くには宿泊施設やお買い物を楽しめる施設もたくさんあります。

久米島のパワースポット「ミーフガー」

「ミーフガー」と一緒に記念撮影
▲「ミーフガー」と一緒に記念撮影

ミーフガーとは、現地の言葉で「女岩」の意味。大きな穴が空いているこちらの岩は女性のシンボルとされています。この場所で女性が拝むと子宝に恵まれる、との言い伝えがあるパワースポットです。ミーフガーは、パワースポットであるだけでなく、フォトジェニックなスポットでもあるので、写真好きの方には必ず行ってほしい場所です。
ちなみに久米島には男性の象徴として崇められている「ガラサー山(男岩)」もあるそうです。

自転車で行くべき!? 「おばけ坂」

ここは上り坂?それとも下り坂? Image : PIXTA
▲ここは上り坂?それとも下り坂? Image : PIXTA

世の中には3種類の坂があるとされています。「上り坂、下り坂、まさか」の3つです。これはよく人生に例えられたり、結婚式の激励スピーチで用いられたりしますが、リアルな坂でも通用するかもしれません。というもの、この「おばけ坂」は「まさか」に分類されるからです。どういうことかと申しますと、上り坂をこがずに進むことができる坂なのです。ただし、この現象は目の錯覚で下りが上りのように見えるとのこと。残念ながら、おばけの仕業ではありません。車で走っているとわかりにくいので、自転車で行くことをおすすめします。

自然が作った芸術「奥武島の畳石」

自然の神秘が作り出したパターンが広がる Image : PIXTA
▲自然の神秘が作り出したパターンが広がる Image : PIXTA

自然の中に見られる規則的なパターンは、なぜ、設計図を持たずして自発的に生まれるのか。そんな思いを巡らせてくれるのが、国指定天然記念物でもある「奥武島の畳石」です。五角形や六角形の岩が1000個以上もあり、亀の甲羅のように見えることから、亀甲岩とも言われています。

厳選グルメ3選

沖縄一うまい「沖縄そば」

やん小~の沖縄そば
▲ やん小~の沖縄そば

けんたさんが、「久米島一、いや、沖縄一うまい沖縄そば!」と紹介していた沖縄そばを提供してくれるのが、「やん小~」 です。麺はモチモチのちぢれ麺。ダシはボトルに入れて走りたいほど美味しかったそうです笑。

関連ランキング:沖縄そば | 久米島町

久米島には、やん小~以外の沖縄そばのお店もたくさんありますので、絶対一食は食べてくださいね。

生産日本一を誇る「車エビ」

久米島漁協共同組合を見学
▲ 久米島漁協共同組合を見学

車エビの水揚げ量のトップは沖縄県(平成28年)です。久米島の養殖車エビは餌が統一され、海水の衛生管理も徹底されているため、味が高いレベルで安定していることが特徴です。調理の仕方によっても様々な味が楽しめるのもいいですね。ちなみに動画の中でけんたさんは、「おどり食い」に挑戦していました。
養殖場の見学もできますので、興味のある方はぜひ!

養殖生産量日本一の「うみぶどう」

お皿いっぱいの海ぶどう
▲ お皿いっぱいの海ぶどう

プチプチとした食感が楽しめる海ぶどう。車エビと同様に久米島では海洋深層水を用いた養殖が盛んです。久米島の居酒屋さんでは新鮮な海ぶどうが食べられるので、ぜひ注文してくださいね。予約をすれば養殖場の見学もできます。

けんたさんと行く久米島サイクリングツアー

そんな魅力たっぷりの久米島ですが、7月にけんたさんと一緒に行く、久米島サイクリングツアーがJALで計画されています。ここからは、ツアーの内容をみていきます。

けんたさんと一緒に久米島をサイクリング

けんたさんと一緒に久米島をサイクリング
このツアーでは、沖縄本島から飛行機で約30分に位置する久米島を、けんたさんと一緒に1周するサイクリングツアーを実施します! 観光名所を巡りつつ、グルメや美しい海と山を堪能しましょう。
また初日、最終日には交流イベントも開催されますので、けんたさんといっぱいお話できますよ。

SBCON(エスビーコン)で、大切な愛車も心配ご無用

SBCON(エスビーコン)で、大切な愛車も心配ご無用
SBCONとはJAL自転車輸送用受託手荷物専用ボックスの略称です。飛行機輪行で大切な愛車を安全かつ丁寧に輸送するための自転車専用の輸送ボックスで、バイクの傷を防ぐ衝撃吸収構造や、前輪を外すだけで簡単に収納でき、サイクリストには至れり尽くせりな仕様です。

ツアーの日程

  • 日程:7/5(金)~7/8(月) 3泊4日 

    7/5(金) 8:30~9:00出発。羽田空港から久米島空港へ!
        19:00からウェルカムパーティー
    7/6(土) 島内サイクリングツアー(1班)
    7/7(日) 島内サイクリングツアー(2班)
        19:00〜さよならパーティー
    7/8(月) 15:30~16:00または20:30~21:00久米島発の飛行機で羽田空港に帰還

  • コース:SBCON利用プラン サイクリングツアー2日目or3日目
        レンタサイクル利用プラン サイクリングツアー2日目or3日目

    それぞれのプランで、島内サイクリングツアーを2日目か3日目のどちらかの日程をお選びいただけます。(選ばなかった日程はフリータイムとなります。ただし、7/7は19:00からさよならパーティーがあります。)

  • 申し込み期限:SBCON利用プラン 6/13(木)まで。
    レンタサイクル利用プラン 6/25(火)まで。
  • 最少催行人数:15名(募集定員20名)。13歳未満のお客様はお申し込みできません。
  • 旅行代金:93,800~117,800円

詳細と申し込みは、JALの公式HPをご覧ください。

ツアーの注意点

昼食と水分補給用の飲み物はお客様負担となります。
ヘルメットの着用は必須で、7月は最高気温が高いので日焼け対策として長袖があると安心です。また、ズボンは裾がチェーンに引っかからないもの、靴は紐を巻き込まないものがおすすめです。
また、最小人数(15人)に達さなければツアーが中止になりますのでご注意を。

映像撮影についても注意点があります。

当ツアーでは映像(静止画・動画)撮影を実施し、ツアーでの様子をSNS等で公開いたします。
基本的にはツアーの妨げにならないように撮影を行いますが、シーンによっては個別にインタビュー等をお願いする場合もございますので
ご理解のうえ、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
万が一、SNSでの公開に問題がある場合は撮影時にお近くのスタッフにお知らせください。その場合は映り込まないよう配慮して撮影いたします。

ー出典:JAL

まとめ

さて、今年の夏の旅行はこの「けんたさんと一緒に行く、久米島サイクリングツアー」で決まりではないでしょうか!? お盆に人混みの中、旅行するなら、ちょっと早めに夏休みをとるのもアリなのでは。

協力:Japan Airlines

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事