こんにちは! あっちゃんです。

皆さんはアクションカメラ(アクションカム)をお持ちでしょうか?

サイクリストによく使われているアクションカメラといえばGoProですが、GoPro以外にもいくつも存在します。

その中でも特にサイクリストにオススメしたいのが、「Insta360 ONE X」。今回は「Insta360 ONE X」の魅力をご紹介します。

「Insta360 ONE X」とは?


「Insta360 ONE X」は中国に本社を置く会社「Insta 360」が販売している最新の360度アクションカメラです。他のメーカーからも360度カメラは販売されていますが、「Insta360 ONE X」はその中でも特に注目を集めています。

本体はコンパクトで持ちやすい!


本体はコンパクトで持ちやすい!
Insta360 ONE Xを実際に手にとってみるとコンパクトで軽く、小さいiPhoneを持っている感じでした。

Insta360 ONE XはAppleでも販売されており、iPhoneとの相性が良いアクションカメラだと言われているので、iPhoneを意識しているのかもしれませんね。 


Amazonで見る

Insta360 ONE Xの4つのメリット



Insta 360 ONE Xは一般的なアクションカメラよりも便利な点が多く、これからサイクリストの注目を集めること間違いなしだと言っても過言ではありません。

そんな「Insta360 ONE X」のメリットを4つご紹介します。

360度景色が撮れる


360度景色が撮れる
「Insta360 ONE X」は360度カメラなので、撮影中は常に360度景色を撮り続けられます。

なので、一般的なアクションカメラのように撮影中に撮りたいものがあった時に、わざわざその方向にカメラを向ける必要がありません。撮影中に録画された動画のことを気にする必要がないのでとても楽です。
 


また、リトルプラネットという丸い地球の上に立っているかのような動画を撮ることができるので「面白い動画」を撮りたいという人には嬉しいですよね。

そして、360度カメラとして有名な「GoPro Fusion」でも同じことはできますが、「Insta360 ONE X」はより消費メモリーが圧倒的に少なく、手軽に編集できるのが特徴です。

このことから「Insta360 ONE X」は360度カメラにあまり親しみがないサイクリストの方でも手軽に使えるカメラだと言えるでしょう。

手ぶれ補正がかなり優秀


手ぶれ補正機能は撮影中の動画のブレを抑えるためには必須のものです。GoPro HERO 7は最初からこの機能が備わっているので、ブレのない綺麗な動画撮れると評判です。


上の動画を見ていただくと、「Insta360 ONE X」で撮った映像はGoPro HERO 7よりもブレが少ないことがわかります。このことから、「Insta360 ONE X」はGoPro HERO 7よりも手ぶれ補正が優秀だと言えるでしょう。

グラベルを走る時など撮影中にガタつくことが多い状況でもしっかりと撮影できるのは良いですよね。

撮影アクセサリーが充実!



「Insta360 ONE X」はバイク用のヘルメットマウントやハンドルバーマウント以外の撮影ガジェットが充実しています。

例えば、本体を取り付け可能な専用の自撮り棒は撮影中は画面から消えると言う驚きの機能を持っており、動画に自撮り棒が映ってしまうなんていう残念なことが起きないようになっています。

また、3mも伸びるタイプもあり、ちょっとしたドローン目線からの動画も手軽に撮ることができちゃいます。

そして、他にも自分の周りをクルクルと回っているような動画が撮れる「パレットモード撮影キット」やカメラを投げて撮影することができるアクセサリー「ドリフトダーツ」など様々な種類のアクセサリーがあります。

なので、「Insta360 ONE X」で撮影することで「こんなの撮れたらなー」と思った動画の大抵は撮れちゃいそうですよね!


Amazonで見る

編集が自由自在にできる!



Insta360 ONE Xは編集が自由自在!
撮影した360度映像から自分の好きな場面を切り取ったり、リトルプラネットにしてクリエイティブな動画を作れたりとアナタのやりたいように編集できます。

しかも、本体をWi-FiまたはUSBでスマホにつなぐことで、スマホアプリでも編集が可能。なので、サイクリング中に撮影した映像をその場で編集するなんてこともできちゃいます。

もちろんパソコンでも専用ソフトをインストールすれば同じように編集可能です。そのうえ、動画のプロがよく使っているアドビの動画編集ソフトAdobePremiere Pro で直接編集することも可能なのも嬉しいですね!(通常は編集する前にスティッチングという時間のかかる作業が必要)

Insta360 ONE Xのデメリット


Insta360 ONE Xは「360度映像が取れて、撮影ガジェットが豊富。そして編集も自由自在」というメリットだらけのアクションカメラです。

しかしながら、そんなInsta360 ONE Xにもいくつかデメリットはあります。ここではそのデメリットをいくつかご紹介します。

ハイエンドのスマホじゃないと編集が厳しい


ハイエンドのスマホじゃないと編集が厳しい
Insta360 ONE Xはスマホでも気楽に編集ができるのがメリットなのですが、ハイエンドなスマホじゃない場合は上手く編集ができません。

それに加えて、Androidのスマホになるとアプリで上手く編集ができないことが多々あるそうです。また、iPhoneでもiPhone8以降の機種でないと編集アプリが上手く動いてくれません。

なので、iPhoneでかつハイスペックな機種(iPhone X、iPhone 8、iPhone8プラスなど)をお持ちじゃない方はパソコンで編集した方が良いでしょう。PC版の編集ソフトもスマホアプリのように操作が簡単で、手軽に編集ができるので、問題なく編集できます。

また、PC版の編集ソフトはスマホアプリではできない5.7K映像の編集ができるので、キレイな映像にしたい方はむしろパソコンで編集した方が良いですね!

バッテリーの持ちが悪い


バッテリーの持ちが悪い
Insta360 ONE X のバッテリーのもちは1時間程度。人によっては40分ほどで電池が切れてしまうという方もいます。

なので、サイクリングに使うのであれば予備のバッテリーを多めに持っていく必要があるのでそれが面倒くさいと思ってしまう人もいるかもしれません。

ですが、バッテリー自体は軽くてかさばることはなくサドルバッグに入るものなので、360度撮影できて面白い動画が撮れると思えば問題はないでしょう。


Amazonで見る

本体に防水性能がない


本体に防水性能がない
insta360 one X本体には防水がついていません。

なので、本体が雨に打たれるなどして濡れてしまうと壊れて動かなくなってしまいます。

今日は晴れだと思ってサイクリングに出かけても、途中で通り雨にあってしまうかもしれないので心配ですよね。

ですが、insta360から防水ケースが販売されているので、それを本体に装着すれば雨で壊れてしまう心配もなく、楽しんでサイクリングができるようになります。

なので、insta360 one Xを購入した時は一緒に防水ケースも買うようにしましょう。


Amazonで見る

Insta360 ONE Xはサイクリングで大活躍!



Insta360 ONE Xは360度映像が撮れてブレが少なく、面白い撮影もできるアクションカメラだということをお話しました。

そんなInsta360 ONE X はサイクリングにとても最適なアクションカメラだとも言えます。

ここではそんなInsta360 ONE Xをサイクリングに使うどれだけ便利なのかを解説していきたいと思います。

撮影したい景色を逃さずに撮れる



Insta360 ONE Xは360度景色が撮れるので、サイクリング中に「良いな」と思った景色を確実に逃さずに撮影できます。

これが一般的なアクションカメラだと、取りたい景色の方向にカメラを向けないと撮影できないので撮り損ねてしまう危険性が高いです。

このことを考えると、Insta360 ONE X は撮りたい景色を撮り逃すこともなく、思う存分サイクリングを楽しむことができるのでサイクリングにはもってこいのアクションカメラですよね。

ペダリングの様子も撮れる



360度撮れるということは、サイクリング中に自分の方向も自由に撮れるということです。

なので、こいでいる脚の様子も撮れるのでペダリングのフォームチェックをするなんてこともできます。

これが他のアクションカメラだと自分の顔の方向にカメラを向けて、顔をドアップにして撮ることぐらいしかできないと思うと、Insta 360 ONE X はとても自由度の高いアクションカメラと言えますよね。

Insta360 ONE Xはサイクリングに超オススメなアクションカメラ


ここまでInsta360 ONE Xについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか?

Insta360 ONE Xは360度カメラで手軽に面白くダイナミックな動画を撮ることができるうえに、サイクリングの時に撮りたいなと思った景色を逃すことなく撮影することができるサイクリストに超オススメなアクションカメラです。

値段も税込¥52,300(通常版)と、GoPro HERO 7の値段とそこまで変わらないので是非ともアクションカメラを「買おうかな」と思われている方は是非とも検討してみてください。

Insta360 ONE Xでもっと自由に面白くサイクリングの思い出を残しちゃいましょう!

購入は、こちら

画像提供:Insta360

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!