夏、真っ最中の今日この頃。この時期のサイクリングは熱中症対策も大切ですが、ウェア選びもとっても大切ってご存知でしたか。ウェア選びによっては真夏でも快適にサイクリングができるんです!!

「えっ!? 真夏は暑いんだから半袖短パンでいいじゃない?」と思ったあなた!! 私もこの前までは半袖短パンでいいと思ってました(笑)

真夏のサイクリングを快適に走るのに「インナーは必要なのか?」「暑さ対策はできるのか?」など、KAPELMUUR(カペルミュール) 渋谷cocoti店の緒方店長、スタッフの磯田さんに『夏でも快適に走れる必須アイテム』についてお聞きしましたのでご覧ください。

動画でサクッと見たい方はこちら



真夏のサイクリングでインナーは必要なの?


▲今田イマオ


「緒方店長、磯田さん!! 真夏にサイクリングするのに半袖短パンでいいと思ってるんですけど、インナーを着る意味あるんですか?」

▲おがた店長


「はい、着用する意味はあるんですよ!」

▲今田イマオ


「そんなこと言って・・・本当は俺にインナーを買わせる作戦だな(心の声)」

▲スタッフいそださん


「インナーを着用しないと、汗がそのままウェアに染みるとベトベトして肌への不快感が高まったり、汗冷えの原因になったりするんですよ!」

▲おがた店長


「真夏でも体温調整が難しくなるとライドに支障を起こすこともあるんです」

▲今田イマオ


「えぇインナーってめっちゃ大切じゃないですか!」

肌を常に快適に保つ|ノースリーブ メッシュアンダーウエア PP100


▲スタッフいそださん


「ウェアと体の間にインナーがあることで直接、肌への不快感を軽減させ体温調整もしてくれます。そこで、おすすめしたいインナーがあるんです!!」

▲ポリプロピレンって知ってる?

動画で続きを見る

ノースリーブ メッシュアンダーウエア PP100


▲スタッフいそださん


「疎水性素材のポリプロピレンは、水分が薄く広がらずに水滴となるため汗をすばやくアウターウエアに移動させ、 肌を常に快適な状態に保ちます。また、汗をすばやく放出すると同時に、熱伝導性が非常に低く、外気温の影響を受けにいため体温を一定に保つ効果も発揮します。インナーを着用することで今まで以上に快適に走れるようになるんです」

▲今田イマオ


「ポリプロピレン・・・すごい素材ですね! 正直、半袖短パンでいいと思っていたので、驚いてます! インナーを着用することで今まで以上に快適になるなら使用してみたくなりました」

▲おがた店長


「日焼け対策として、こちらのインナーもおすすめです! イマオさん」

▲今田イマオ


「また、そうやってイマオの心を揺さぶって買わせる作戦だな! 恐るべし緒方店長」

これ一枚で日焼け対策もできる|UVカットスリーブ メッシュアンダーVネック


▲両袖にUPF(紫外線防止指数)50+の非常に優れたUVカット機能を発揮



UVカットスリーブ メッシュアンダーVネック


▲おがた店長


「両袖にUPF(紫外線防止指数)50+の非常に優れたUVカット機能を発揮するストレッチ素材、身頃に柔らかで肌触りが良く吸汗速乾性のストレッチメッシュ素材を採用しています。半袖ジャージと組み合わせて着ていただける日焼け防止用アンダーウエアです。袖と身頃が一体なので、アームカバーのように下がってきてしまう事がありません。主な縫製部分には肌へのストレスを軽減するフラットシーマミシンによる縫製を採用しています」

▲今田イマオ


「これ、すごくいいじゃないですか! 実は私も悩んでいて、肌の露出している部分とそうでない部分の日焼け跡の色が違いすぎて恥ずかしくて、長袖だけと夏仕様だから袖以外の部分はメッシュになって涼しくなってるんですね! これはいい」

▲まばらな日焼け跡で恥ずかしい



▲スタッフいそださん


「まだまだ、夏でも快適に走れる必須アイテムがあるので続きは動画をご覧ください!!」

【動画】カペルミュールスタッフに聞いてみた夏でも快適に走れる必須アイテム




カペルミュール関連動画はこちら



人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!