【2020年モデル】カスタムベースとして最適なチネリの万能フレーム、Tutto(トゥット)

登場

イタリアの老舗メーカーであるCinelli(チネリ)より、Tutto(トゥット)を紹介します。イタリア語で「全て」を意味するTuttoは、パーツの選択によって日常の買い物用バイクからグラベルバイクまで姿を変えることのできる変幻自在なフレーム。カスタム用のバイクとしてマルチに活躍できること間違いなしです。

組み方で色々な表情に変化するフレーム

トゥットは、Mash Work(マッシュワーク)の後継モデル。シングルスピードでは希少なVブレーキ使用しています。タイヤ幅は700×35Cまで取り付けられます。細めのタイヤでスポーティーな走行を楽しむのも、太いタイヤでダートを楽しむのもアリ!

ハンドルもフラットバー、ドロップハンドルどちらでもOK。目的に合わせて、カスタマイズしてあなただけの一台を作っちゃいましょう。

チネリ TOTTO
カラー:ノットグレー, マットオレンジカラー
サイズ:S、M、L、XL
価格:(フレーム)90,000円(税抜)
   (完成車) 125,000円(税抜)

[カスタム例 1] ライザーバーハンドルで街乗り仕様

標準装備されているライザーバーハンドルを取り付けると、おしゃれバイクへ。近所への買い物や通勤通学にぴったりな一台になりそうです。2020年モデルに新登場したマットオレンジカラーで組めば、かわいい街乗り仕様のバイクに。女性にもおすすめです。

[カスタム例 2] 太いタイヤでグラベルロード

万能なフレームと呼ばれる理由は、なんといってもタイヤ幅が 700 x 35C まで取りつけられる点。太めなブロックタイヤを装着すれば一気に、グラベル仕様へ早変わりです。

チネリとは

プロレーサー、チーノ・チネリが創業したイタリアン・ブランド。創業以来、バイクをはじめ、様々なパーツやアパレルも手がける総合自転車ブランドとして躍動しています。2019年にロードレースの世界に復帰。チネリといえばピストカルチャーへの造詣が深いですが、技術の面でも他の自転車メーカーに劣りません。

→「チネリというブランド

田村明寛

WRITTEN BY田村明寛

FRAME編集部メンバー。1990年兵庫県生まれ。スポーツバイクとの出会いは、大学生の頃。パンク修理も知らない時にクロスバイクで九州を一周したのは今となってはいい思い出。 現在の愛車はKUOTAのKOUGAR。人里離れた大自然の中を走るのが好き。

他の記事も読む

関連記事