横浜に森出現!? 非日常を味わえる、初心者向けオフロード体験コース「トレイルアドベンチャー・よこはま」が誕生

横浜初オープン! 初心者から上級者、子どもから大人まで誰でも楽しめるトレイルコース

グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーであるボッシュ株式会社は、2月29日(土)に横浜市旭区に「トレイルアドベンチャー・よこはま」をオープンします。公園内の樹木地を自転車等で利用できる本格的なトレイルコースは横浜初となります。

(トレイルアドベンチャー イメージ)
(トレイルアドベンチャー イメージ)

「トレイルアドベンチャー・よこはま」とは

「トレイルアドベンチャー・よこはま」は、有限会社パシフィックネットワークが横浜市の「Park-PFI」(公募設置管理制度)を活用して運営しているスポーツアドベンチャー施設「フォレストアドベンチャー・よこはま」の樹林地内に設置する、緩やかな傾斜でのアップダウンやコーナーなどを配置したトレイルコースです。

  • 初心者・ご家族が楽しめる多目的フロートレイル(安心のレッスン付き)
    対象年齢は小学1年生から利用可能。“多目的フロートレイル”をコンセプトとしており、MTB(マウンテンバイク)、eMTB(電動アシスト機能つき MTB)、e-Bike(電動モーターバイク)、トレイルランニング等、様々なアクティビティを上級者から初心者、お子様から大人まで気軽に楽しむことができます。
  • 手ぶらでOK!レンタル完備!本格MTB体験ができちゃう!
     MTB、今流行のe-MTB、e-BIKEもレンタル可能!MTB/eMTBやヘルメット等のレンタルサービスや初心者講習も充実しており、手ぶらで来場して遊ぶことも可能です。

「トレイルアドベンチャー・よこはま」の特長

本コースのトレイルの設計は MTB ツーリズムの提唱者として活動し、世界各地のトレイルに関ってきたスイス アレグラ社の協力で、環境負荷とメンテナンスを極力抑えたノウハウが活かされています。第1号施設となる「トレイルアドベンチャー・よこはま」は、「フォレストアドベンチャー・よこはま」に隣接されており、2006 年に開業以降、全国に30ヶ所以上で展開するフォレストアドベンチャーの「自然共生型アウトドアパーク」としての、徹底した安全管理や自然環境と共生できる施設作り、レジャーとしての楽しさの追求などのコンセプトを継承しつつ、新たなアウトドアの楽しみ方を提案するブランドとしてスタートします。今回の第1号施設に続き、今後も日本各地に施設をオープンし、全国に展開していく予定です。

※一般の公園や市民の森などの緑地では自転車の乗り入れはできませんが、本施設ではエリアを区切り、安全措置をとることで走行を可能としています。

トレイルアドベンチャーで遊んでみた!

今回は動画クリエイターの今田イマオさんが、実際にトレイルアドベンチャーで1時間遊んでみました。

 

フォレストアドベンチャー・よこはまに隣接する森の中を自転車で遊べます。
フォレストアドベンチャー・よこはまに隣接する森の中を自転車で遊べます。

 

難易度の異なる3つのコースにわかれています。
難易度の異なる3つのコースにわかれています。

 

自転車で森を満喫
自転車で森を満喫

 

e-MTBながら自然な乗り心地
e-MTBながら自然な乗り心地

 

自分に合ったコースを楽しめます。
自分に合ったコースを楽しめます。

 

詳しくは動画(2:25)をご覧ください

実際に乗ったe-MTB(イーマウンテンバイク)を紹介

今回は実際に2台のe-MTBに乗せてもらいました。

今回は実際に2台のe-MTBに乗せてもらいました。どちらのモデルもバッテリーが内蔵になっており、見た目が非常にすっきりしています。

TREK Powerfly5

TREK Powerfly5

サスペンションが前にしかないハードテイルのモデル。アップダウンの多いトレイルから都心のクルージングまでこなすeBike(スポーツタイプの電動アシスト自転車)界のSUV(スポーツ多目的車)。新型のドライブユニット「Performance Line CX」や、120mmトラベル(ストローク)のサスペンションの 1×12ドライブトレイン(12速変速)などの搭載により、今回のような里山から普段の街づかいまで、どんな道でも軽快感を持って使えるモデルです。¥460,000(税抜)

TREK Rail9.7

TREK Rail9.7

後輪のサスペンションもついたフルサスのモデル。よりアップダウンがあるところや斜度がきついところでも楽しめる、トレイルでの走行をこよなく愛するライダー向けの本物志向eMTBです。TREK社の最新技術がつぎ込まれた優れた軽量カーボンフレームに、ボッシュ製新型ユニットドライブを搭載しています。

新たに追加されたEMTBモードにより、e-MTBにありがちな違和感がなく、自然な乗り心地でMTBらしい自分の脚を出している爽快感を味わえます。¥790,000(税抜)

EMTBモードのメリット

  1. ぬかるんでいる路面でも後輪がスリップしにくくなる。
  2. S字のカーブのようなテクニカルなコースでもコントロールしやすくなる

詳しくは動画(3:40)をご覧ください

遊んでみた感想は?

  • ちょうどいいコース感
    コースが3つあるので、初心者、中級者、上級者まで誰もがわくわくできます。
    特に家族で楽しむのにぴったりです。
  • 非日常が体験できる
    横浜とは思えない森の中で普段はなかなかできない体験ができます。


気になった方は横浜から近いので、ぜひe-MTB体験してみてください!

施設概要

  1. 名称 トレイルアドベンチャー・よこはま
  2. 所在地 神奈川県横浜市旭区上白根町 1425 番地 4
  3. トレイル 初級レベル 80%、中級レベル 20%
  4. 体験時間 MTB/eMTB:3 時間、e-Bike:1 時間 20 分 ※安全講習含む
  5. 利用条件 MTB/eMTB:小学生以上
    e-Bike:中学校3年生以上、体重90kg 未満
  6. 利用料金 下記表を参照
種別 コース利用料 レンタル料 レッスン料
MTB 2,500円 2,300円 2,500円
eMTB 2,500円 3,800円 2,500円
e-Bike 3,000 円(コース利用料、レンタル料込)

※料金は 1名あたり。
レンタル料にはバイク、オリジナルグローブが含まれる。
レッスンはスキルアップを図りたい方対象(MTB、eMTB のみ)
その他、各種ヘルメット、プロテクターもレンタルあり(有料)

フォレストアドベンチャー・よこはまとは

フォレストアドベンチャー・よこはま

自然の立木の樹上2~15mの高さに設置された足場に登り、ワイヤーによって張られたコースを利用して別の木に移動していくアドベンチャースポーツが楽しめる施設です。
横浜動物の森公園内の里山ガーデンにおいて、横浜市内で初めてPark-PFI(公募設置管理制度)を活用して公民連携により設置した施設で、令和元年9月14日から営業を行っています。

Bosch eBike Systems とは

Bosch eBike Systems(ボッシュ・イーバイクシステム)

Bosch eBike Systems(ボッシュ・イーバイクシステム)とは、ボッシュ株式会社の eBike(電動アシスト自転車)向けシステム(ドライブユニット、バッテリー、ディスプレイ)のブランド名のことです。2009 年から欧州でeBike システムを提供開始し、提携する70以上の世界有数の自転車ブランドと eBike 市場をリードしています。また、欧州だけでなく 2014 年に北米地域とオセアニア地域、2017 年から日本での展開を開始し、事業開始10周年となる2019年、最新ドライブユニット「Bosch Performance Line CX」を世界同時発売しました。
ボッシュ eBike Systems 公式ウェブサイト(日本語)はこちら

 

LINK:ボッシュ株式会社

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事