世界初フルカーボンフォークの製造に着手した!REYNOLDSのカーボンホイールを紹介

REYNOLDSって知ってますか?今回はYouTuberのけんたさんが、Y’s Road 新宿カスタム館を訪問、スタッフいしざわさんにあまり聞かないREYNOLDSというメーカーとカーボンホイールAR41シリーズについて解説してもらいました。

実はREYNOLDSには

  • イギリスのサイクルパーツブランドREYNOLDS Cycling
  • アメリカで立ち上げたカーボン製品を手掛けるReynolds Composites社

があって、けんたさんは「レイノルズのパイプ使ってる=いいクロモリ」というイメージを持っていたそう。こちらはイギリスのREYNOLDS Cyclingですね。動画では両者の関係とカーボンホイールを手掛けるReynolds Composites社について解説しています。

さらに今どきのトレンドな要素を全部入れたREYNOLDS AR41シリーズの特徴と

  • REYNOLDS:AR41X
  • REYNOLDS:AR41

の共通点と違いを詳しくご紹介しています。

REYNOLDS AR41シリーズは、ワイドリムを採用し、今のシマノに代表されるディスクブレーキの規格をきっちり盛り込んできたディスクロードにピッタリのホイール。艶消し黒、カーボン、ハブまでも艶消しでいわゆるステルス機みたいにカッコイイデザイン。非常にバランスのよいフルカーボンホイールなので、アップグレードさせるアイテムとしてもオススメです。

気になるお値段ですが、「あれ?結構いいアルミホイールならそれくらいしちゃうぞ」というお買い得情報も!興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

取材協力:ワイズロード新宿カスタム店

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事